ドンシャリって何!?

この記事は3分で読めます

いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
オススメ記事一覧 ⇒ ブログオススメ記事一覧
無料メール講座 ⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者に必要なすべてを、じっくり丁寧に解説! ⇒ ギターの処方箋-種-

究極の音作りバイブル「Sound Making Bible」 ⇒ Sound Making Bible

***

 

さて、今日は冒頭から質問です。

 

皆さま「ドンシャリ」の意味、知っていますか?

 

知らずに「このアンプがドンシャリなサウンドでさ~」とか言っちゃっていませんか???

 

 

私は高校生の頃、何にも知らずに「やっぱりギターはドンシャリだよな~」なんて、意味不明なことを言っていました(恥)

 

 

なんか当時は「ドンシャリ」=「良い音」みたいなイメージを持っていまして、ことあるごとに「ドンシャリ、ドンシャリ」言っていたような気がします(苦笑)

 

ということで、今日はこのドンシャリサウンドを誰にもバレずに密かに覚えてしまいましょう(笑)

 

 

では、さっそく。

 

 

 

ドン = 低音域のこと

 

シャリ = 高音域のこと

 

 

その音域を強調した際に感じられるサウンドのことを、名前の通りこのように言っているだけです。

 

 

低音はドンドンしていて、高音はシャリシャリしているという・・(苦笑)

 

 

アンプについているイコライザーで説明すると、高音域と低音域を強調し、中音域を押さえたサウンドのことです。

 

 

少し極端な例になっちゃいますが、BassとTrebleを最大にしてMidを0にすると、「あぁ、こういうことか~」とご理解いただけるかと思います。

 

 

このドンシャリサウンドですが、音抜けが良く、ザクっとしたメタル系のリフなどに非常にマッチします。
また、一般的には大多数に「好まれる音」と言われております。

 

 

 

ですが、気をつけていただきたいのが、先ほど極端な例として出した「Mid0」のセッティングのように、極端にMidをカットしてしまうことです・・痛い目にあいます・・。

 

 

高校時代の私がお気に入りにしてよく使っていたのが、正にこのセッティングだったのですが・・、一人で弾いている分にはとっても気持ち良いんです(^^;

 

 

 

ところが、スタジオ練習でバンドサウンドに混ざった音を録音して聴いてみると、私の音だけがシャワシャワと細い音に聴こえるではありませんか!?

 

そして、なんだか存在感も感じられません・・・・∑( ̄[] ̄;)

 

 

これはMidを大きく削ることで、サウンドのコシを担う要素を大幅に削ってしまっているからなのです。

 

ですから、他の楽器と比べて存在感に欠けてしまうというわけです。

 

 

これはバンドサウンドに混ざらないと分からないことなので、多くの場合、気づいていない可能性があります・・

 

 

ということで、ドンシャリサウンドが好きな人は多いと思いますが、Midはある程度に保った上で、HighとLowを調整することでサウンドメイクすることをオススメいたします^^

 

 

それでは、ちょっと小難しい話になってしまいましたが、今日はここまでにしておきます!

 

 

皆様、素敵な1日をお過ごしくださいね^^

 

 

いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・厳選!オススメギターグッズはコチラ
初心者110番【ギターの処方箋 FB】

Facebookページも宣伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • Areya
    • 2015年 8月27日

    Perinco先生、こんばんは。

    音の話だったので、ちょっと質問です。
    スコアの解説文に、
    「トレブリーながらも、中音域のしっかりした、コシのある音を出すように」云々とあったのですが、
    トレブリーな音というのはどういう音を言うのでしょう?
    話の中にあったような「シャリ」感たっぷりな音を指すのでしょうか。

    この説明にアンプを合わせるのなら、treble強め、middleもそこそこと解釈すれば良いのでしょうかね。

    最近トレブリーという単語を、何度か見かけたのでお聞きしてみました。

      • perinco
      • 2015年 8月28日

      >Areyaさん

      こんにちは!

      トレブリーな音というのは、正におっしゃる通りのサウンドです。
      「シャリ」感多めという解釈になります^^

      「トレブリーながらも、中音域のしっかりした、コシのある音を出すように」という解説であれば、
      シャリっとしているけど、midでコシを保つサウンドメイクという解釈で合っています。

      確かにトレブリーという言葉を私もよく使っているような気がします^^;

    • Areya
    • 2015年 8月31日

    Perinco先生、ありがとうございます。

    アンプ接続楽器ならではの用語って感じですね。

    最初、語感からまったく違うイメージをもったのですが、その後Drive My Car(The Beatles)のスコアに「トレブリーながらも~」が出てきたので、どうも違うぞと。で、この記事を読んでいて関係ありそうだと。

    しばらく引っかかっていたので、これですっきりしました^_^

    他にも、ギターならではの用語や言い回しなどがあったら、また記事にしてくださいね。

      • perinco
      • 2015年 9月2日

      >Areyaさん

      スッキリされたようで何よりです^^

      今後もこういった用語などについての記事を更新しますね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。