トムとサーの狭間で

この記事は3分で読めます



**************************************
いつもご協力ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者でも安心して上達出来る教材ならコチラ ⇒ ギターの処方箋-種-
ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
**************************************

寒いんだか暑いんだか分からない今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私はと言いますと、運良く定休日と3連休最終日が重なり、久々にお休みムードの街を歩くことが出来ました♪

・・そして、問題発生。

それは、今私が一番欲しいと思っているDocomo版iPhone5sですが、家電量販店で「シルバーの32GBなら2台在庫がありますよ」と言われたことです。

で、何が問題かと言いますと、第一候補は「ゴールド」、第二候補は「シルバー」だということです。
ゴールドだといつ入荷するか分からない状況での予約となり、シルバーなら今ならすぐに手に入る・・というクダラナイ悩みです。。

結局、決めきれず帰ってきてしまいましたが、今日一日悶々としそうです・・。
シルバーなら教室のiMacとお揃いの色になるしな・・とか、カバーをかければ結局色は関係ないしな・・とか(笑)

さて、そんなクダラナイ私ですが、もう一つクダラナイ妄想を抱えております。

それがタイトルの「トムとサーの狭間で」です。

何のことかと言いますと、少し前の記事で「ヴィンテージギターが欲しいっ!」という妄想を書いたわけですが(※参照記事)、今度はハイエンド系ギター熱が沸騰しているということです。

ハイエンドギターというのは、私のイメージだと「最新技術で作られたギター」となります。
ですから、「渋み」や「味わい」を求めるヴィンテージギターとは少し趣が異なります。

一言でいうと、現場で使いやすい「道具」というイメージです。

で、そうなると現在所有しているPRS Singlecut Tremは正にハイエンドギターとなるわけです。

このギターは選び抜いて購入しただけのことはあり、演奏性、操作性、サウンド共に素晴らしく、また、見た目もキレイな木目が出ており、非のつけどころがありません。

では、なぜ他のハイエンドギターが欲しいのかと疑問に思われるかもしれません。

その理由は以下の通りです。

1. ロック式ナットのギターがアーミングを安定させたい

2. 音の立ち上がりの良いメイプル指板のギターも一本必要

3. ストラト型のギターにすることで、ハイポジの演奏性を確保したい

4. PRSシングルカットが重くてちょっと疲れる

5. ただの物欲

などです。

もちろん一番大きな理由は「物欲」です(笑)

その物欲に体よく理由をつけているだけな気がします・・(;´∀`)
さて、それでは私が悩んでいる(買えないので妄想を楽しんでいる)ギターをご紹介いたします!

Tom Anderson(トム・アンダーソン)

言わずと知れたハイエンドギターの雄。
Schector社の設計を担当していたトム・アンダーソン氏が独立して誕生したブランドです。

その中でも私が良いなぁと思っているのはこの子。

私の考える理想的な一本。

完全に現場向きのギターですね。
何にでも対応出来そうです。

続きましては・・、

Suhr(サー)

フェンダー社のマスタービルダーだったJohn Suhr氏が独立して生みだしたブランド。

Suhrの面白いところは、基本的にカスタムオーダーだという点です。

いくつか用意された形状の中から好みのものを選択し、その上で木材・ハードウェア・電装系・フィニッシュ等を幅広い選択肢の中からチョイスして自分だけのギターを作ってもらえるということです。

世界に一本のギターを作ってもらうというのは、ギタリストの夢ですよね!?

で、私ならこうしたいという写真が見つからなかったので、一般的なモデルを載せておきます。

これでフロントピックアップがシングルならかなりイメージに近いですね。

で、お気づきのことと思いますが、この2ブランド、見た目がかなり似てますよね・・。
だからこそ、妄想とは言え(笑)、迷ってしまうわけです。

もちろんサウンドキャラクターが異なりますので、楽器店に行って試奏をして確認してみようと思います。

そして、妄想に拍車をかけて自分を止められなくしてみようと思います・・・・・・・・・いや、危険なのでやめておきます。

ということで、今日は物欲の秋に溺れる私の妄想日記でした(^^;

本当にいつもありがとうございます!!
 ↓↓↓

・オススメ記事一覧はコチラ
・オススメ教材はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
・厳選!オススメギターグッズはコチラ

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014 01.31

    改造人間335

    • 鉄馬乗り・たかふみ
    • 2013年 10月14日

    秘蔵のストラトがあるじゃないですか!
    シンクロも少し加工したり、正確に調整すれば狂わないらしいですし。

      • perinco
      • 2013年 10月14日

      >鉄馬乗り・たかふみさん

      秘蔵のストラトが弾きやすかったら完璧なのですが・・(^^;
      リフィニッシュして弾きやすくするのも手なのですが、それはそれで若干抵抗が出てきておりまして・・(苦笑)

      シンクロの加工はありですよね!
      フロイドローズを搭載するのと違って音質変化がないのが良いですよね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。