本オープンしました(^^)/そして、5大エレクトリック・ギター(笑)

この記事は2分で読めます

*******************************
いつもクリックしていただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

*******************************

ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」が本オープンいたしました!

そして、本日お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

そして、これからお越しいただける皆様、ありがとうございます(笑)

ギターの処方箋TAKAMURA

ということで、これからも精進してまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

さて、先日お話しいたしました、「5大エレクトリック・ギター」の続編を書いてみようと思います。
※もしご覧いただいてない方はコチラからどうぞ。

今回は、なぜそのギター選んだのか?という内容です。

まずは、知名度です。

ここに挙げたギターたちは圧倒的な知名度があります。

例えば、ギターのことをあまり知らない人でも、「見たことがある!」と言うギターたちだと思うんです(^^)

ストラトとレスポールは言わずもがなですが、フライングVも「とがったギター」とか「三角のギター」などと呼ばれて意外と知られているんです(笑)

また、テレやSGというのも歴史的な名演に度々登場し、広く認知されていますよね♪

さて、続きまして次の選定ポイントですが、これらはエレキギター草創期から存在していて、未だに愛されて続けているギターたちであるということです。

ちなみに・・・・、

ストラトが1954年生まれ(昭和29年) 御歳59歳

レスポールが1952年生まれ(昭和27年) 御歳61歳 祝還暦!

テレキャスターが1950年生まれ(昭和25年) 御歳63歳 祝還暦!

SGが1961年生まれ(昭和36年) 御歳52歳

フライングVが1958年生まれ(昭和33年) 御歳55歳

ということでして、

今見ても奇抜な形状のフライングVでさえ、55年の歴史があるんです(驚)

そして、なんだかんだで現在まで残ってきたわけですから、間違いなく「本物」の魅力を兼ね備えていたのでしょう。

また、これらのギターには「○○モデル」といったような模倣品が存在します。これも本物だからこそだと思うのです!
※例えば、Fender以外が発表したストラトキャスターは「ストラトタイプ」と呼ばれます。その他にも「テレキャスタータイプ」とか「レスポールタイプ」など、他社がこぞって発表しております。

もちろん、これらの模倣品の中にも新しい伝説を生んだ「本物」は存在しますし、良い仕事をしてくれるギターも数多く存在するのですが、元祖ではないので今回は選定から外しました・・悪しからず(^^;

そんなこんなでこの5本を選んだわけです♪

ちなみに、個人的にはES-335を入れたかったのですが、ハコモノは認知している層がソリッドギターに比べて少ないと思い、今回は泣く泣く外した次第でございます(T T)

ということで、皆さんも自分の中の5大エレクトリック・ギターを選んでみると面白いかもしれませんよ(^^)
※コメント欄に書いていただいたら喜びます♪

それでは、今日はここまでにしておきます!
また次回をお楽しみに☆

教室オープン記念クリックを是非・・m(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014 01.31

    改造人間335

  1. ジャズマスターがありませんね(´;ω;`)
    大好きなギターなのでいつか紹介して下さい、お願いします! 今、うちのジャズマスターはテンションバーつけるか悩んでいます。

  2. >日坂さん
    了解しました(^^)
    いつかしっかり取り上げてみますね♪
    かっこいいですもんね☆

  3. SGは、同年代だな…。

  4. 昨日、偶然テレビを見ていたら火曜曲?でゴダイゴの浅野氏がファイアーバードの12弦のヤツを使っている映像が流れていました。
    ガンダーラだったかな・・・。
    ただ、本家では無く、グレコ製だったと思われます。
    浅野氏はグレコを愛用しておりましたね。
    perincoさんに質問ですが、新しいギターを買ったら、まず
    することは何でしょうか?
    やはり、触りまくって慣れる事でしょうか。

    • JYuん
    • 2013年 4月24日

    ホロウ構造のギターは中々認知度にくいですよね~
    やはり若手バンドが好き好んで聴くジャンルに使ってるギタリストがあまりいないせいでしょうか?
    フルアコは兎も角、セミアコは軽いし中々使いやすい、音も少し独特なエアー感がありますけど、クランチ~ドライブ位でのコードバッキングとしてバッキングギターで使いやすいし
    深く歪ませたリードでもトーンが甘く良い感じに絞れて凄く好きなんですけどねぇ
    いつかは欲しいですwwww

  5. >瑠璃葉さん
    そうなんですね(^^)
    妙に親近感が湧いてしまったりして・・(苦笑)

  6. >YNOさん
    弾き込んで指とギターを擦り合わせるのが一番ですね!

  7. >JYuんさん
    私の場合、かなり渋い路線だったので、20歳頃には335を弾いていました・・・が、その頃からあまり理解されなかったような・・(^^;
    ご推察のとおり、若手バンドでの使用率が少ないことが、認知度の低さにもつながっていると思います(汗)
    歪ませてもマイルドなサウンドがして最高なんですけどね・・(苦笑)
    ハコモノに光を!(笑)

  8. ご開校、心よりお祝い申しあげます。
    ねこ

  9. SGよりVが歴史が古いとは意外です。
    Gibson は、時々、なんだこれ!?というギターを出しますが、
    数少ない、大成功例でしょうか。
    それにしても、Gibson のネーミングは、
    そのまんまで、何のひねりもないですね。
    Gibson らしいというか、
    そんな Gibson が 大好きです。

  10. >yui-hrasawa-high-techさん
    ありがとうございます!
    一人でも多くの人にギターの楽しさを知っていただけるよう、精進してまいります。
    今後ともよろしくお願い申し上げます!

  11. >yui-hrasawa-high-techさん
    たしかにそれがGibsonらしさですよね(^^)
    Vは、あんなに演奏し辛いギターでありながら、ここまで消えないできたこと自体、伝説な気がします(苦笑)

  12. Matchless
    http://spinoo.free.fr/projetG5/Images%20Amplis/Matchless/Independence%2035/3.jpg
    なんですかこれ!!
    ハンドワイヤード どころじゃない。ボードがない!
    ホットボンドを使っているから、最近のもの。
    神業。1台作るのに、何ヶ月かかっているのでしょうか。
    こ、これは、回路図と、
    実物見本と、パーツを渡されたって、作るのは無理!!
    こんなすごい配線を見るのは、はじめてです。

  13. >yui-hrasawa-high-techさん
    確かに凄いですね・・・・・(驚)
    そりゃ音良いだろうよ・・って感じですね(^^;

  14. 人の年齢でいうと割と同じような世代なんですね。もっとばらけてるのかと思ってました。
    しかしフライングVは55歳にしてあの風貌とは…まさに尖った大人(^_^;)
    面白い比較ありがとうございました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。