ギターのお話

5大エレクトリック・ギター

更新日:

*******************************
いつも本当にありがとうございます!!
↓↓↓

*******************************

せっかくの土曜日なのに生憎の雨・・・。

こんな日に限って外出せねばならぬとは・・・、晴れている時は出れないのに・・・・・・・・・・・・・・(T▽T)

ということで、心にも雨を降らせながら、教室の看板作りの材料を買いにでかけたPerinco@心中曇天模様です、こんにちは!

さて、先日コメント欄にいただいた、「Perincoさんの考える5大エレクトリック・ギターは!?」に対しての、アンサー記事を書いてみようと思います(^^)

コメント通り、ワインの5大シャトーのような扱いで話を進めるため、まずはあるサイトから5大シャトーについて引用させていただきます。

1855年のパリ万国博覧会において、フランスのボルドー・メドック地区の格付けで「第一級」の称号を与えられた4つのシャトー(醸造所)と、1937年に昇格になったシャトー・ムートン・ロスシルド、これらの5つの世界トップクラス・シャトーのことを指します。

ということで、ギターにも「第一級」の称号を与えてみようじゃないの!という試みです。

さて、まず定義づけからですが、

1. 多くのファンを獲得している

2. 好みは分かれど、間違いなく「本物」である

3. 他者が真似たくなるほどの強烈な個性を持っている

4. そのギターによる「伝説」がある

5. 世代を超えて愛されている

6. ギタリストなら誰もが知っている

これらの要素を満たしたものに限定して話を進めようと思います。

では、さっそく。

・Fender Telecaster

・Fender Stratocaster

・Gibson Les Paul

・Gibson SG

・Gibson Flying V

これが私の考える5大エレクトリック・ギターです!!

おや??Gibsonが多い気が・・(苦笑)!?

次に理由ですが・・、

今日もバタバタしておりまして・・、また次回のお楽しみにさせて下さい・・(^^;
申し訳ないっ!!

それでは、また次回!

P.S
新御三家は、PRS、Ibanez、SCHECTERあたりでしょうか・・

次回への期待も込めて・・m(_ _)m
↓↓↓

-ギターのお話

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.