ハコモノの真実2

この記事は3分で読めます

*******************************
このクリックはRed Bullよりエナジーチャージできます・・私が。。
↓↓↓

*******************************

こんな忙しいのは本当に久々のPerinco@ヘビーな昼下がりです、こんにちは!

いただいているコメントにもお答えできずにおり、本当に申し訳ございません・・(^^;しっかり拝見させていただいて、随時お返事させていただきますね♪

そして、私の代わりに盛り上げていただいている皆様、本当にありがとうございます!!!とっても感謝しております!!!!

ちなみに、お察しのとおり、教材と教室オープンに向けた準備に追われているわけです・・が、

完成した!・・と思った教材に、再生上の不具合を発見してしまったことで、忙しさにブーストがかかっているようです。。(←人ごとのようにして現実逃避)

ちなみに、そろそろ発売開始のこの教材、マジでヤバイですよ・・クオリティもプライスも私の疲労も・・( ̄Д ̄;)
ということで、自信を持ってオススメいたしますので、楽しみにしていて下さいね☆

さて、今日は、先日の「ハコモノの真実」の続きを書いてみようと思います。

前回、中途半端な形で終わったセミアコとフルアコの違いですが、どう違うのかを解説してみます♪

① ボディの厚みが違う!

② 内部構造が違う!

③ 使用する弦が違う!

3大違うポイントがあるのです。
※あくまでも私の観点です。人によって定義が若干異なることを予めご了承下さい・・

まず、①ですが下記の写真を見てみて下さい。

ウエス

※ウエス・モンゴメリー

アコースティックギターのように分厚いボディであることが確認できると思います。

次にこちらをご覧下さい。

チャック

※チャック・ベリー

明らかに先ほどのギターより薄いですよね?
最初の写真の半分程度です。

ちなみに、一枚目がフルアコで、2枚目がセミアコなんです。

このようにボディの大きさが異なりますので、サウンドも大きく異なるわけですね(^^)

続きまして②ですが、

フルアコが丸々空洞なのに対して、セミアコは丸々空洞になっておりません。

どういうことかと言いますと、センターブロックなる幅10cm強の木材がギター内部に取り付けられているのです。

取り付けられている場所は、ギターを縦に見たときにピックアップやらブリッジが並んでいるラインの真下あたりです。

ということで、写真を撮ってみました♪
ちょっと見づらいですね・・(^^;

センターブロック

さて、このセンターブロックの有無もサウンドに大きな違いをもたらします。

フ ルアコは、完全に空洞ですので、内部反響による独特の暖かいサウンドが得られます。対して、セミアコは、センターブロックを取り入れることで、ソリッドギ ター(ストラトなどの通常のエレキ)の良さと、ホロウボディー(ボディが空洞のギター)の良さを、正に良いトコ取りしているギターなのです。

ソリッドギターの良い面と言えば、音の立ち上がりの良さと粘りのあるサスティーン、ハウリングに強いボディ構造などが挙げられます。

そして、ホロウボディの良さは、独特の甘く優しいトーンです。
※ちょっとハウリやすいのが難点ですが・・

この二つをバランスよく兼ね備えたのがセミアコだと言えます(^^)

ですので、上の動画のように「歪ませても」全く問題ありませんし、独特のカッコ良さが生まれるのです!

ちなみに、センターブロックのないタイプもありますが、これをセミアコと言うかどうかという議論があるとかないとか、別物でセミホロウと言うんだとか言わないんだとか・・(苦笑)

でも、センターブロックの有無でサウンドが大きく変わるので、セミアコと言ってイメージされる音は「センターブロック有り」のモノだと思って差し支えないでしょう。

最後に③の

「使用する弦が違う」ですが、これは完全に私の偏見です。

要するに私の勝手なイメージです(苦笑)

フルアコは「フラットワウンド」という弦が張られることが多く、ジャズらしい暖かいサウンドが特徴です。

セミアコの場合、様々なジャンルに対応できる万能ギターなので、「ラウンドワウンド」を使用することが多いのです。

弦の詳しい説明は以前記事にしましたので、こちらをご覧下さい(^^)

今さら聞けない弦の種類

この違いもサウンドのイメージを大きく分ける要素になり、フルアコっぽさ、セミアコっぽさをより演出しているような気がします。

ということで、今回の記事を通して何を言いたいのかといいますと、

ソリッドギターしか弾いたことのない皆様、是非ハコモノにも挑戦して下さいね!

ということです(^^)

そして、セミアコならジャズでもロックでも演奏できますし、思いのほかシーンを選びませんよ!・・ということです。

ということで、ハコモノの魅力が伝われば幸いですm(_ _)m

それでは、また次回!

P.S 教室は4月の4週目に正式オープンします。そして、教材はうまくいけば来週中に販売開始できるかもしれませんっ!

以下の二つのボタンの間にはセンターブロックはありません(意味不明)
↓↓↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Perinco教授
    お疲れ様でございます!
    本当に過労だけは、大変でございますので、
    ご自愛くださいませ。
    いよいよでございますね。
    当方は頭が桜満開でございます。
    では、失礼いたします。

  2. >yui-hrasawa-high-techさん
    ありがとうございます!!!
    コメント欄を盛り上げていただき、ありがとうございます(^^)
    楽しく拝見させていただいております♪
    取り急ぎお礼まで☆

  3. Perinco教授
    Chuck Berry かっこいいですね!!
    Back To The Future って、奥深いですね。30年前のロックの原点になってるなんて!
    ES-335 欲しいです。買うとなったら50万!うーーん、考え込んでしまいます….。

  4. エピフォンDOT VS購入すると思います(=゚ω゚)ノ
    本当はもう少しコストかけてESシリーズに手をつけたい所でしたが、それは今後必要になれば手をつけます^ ^

  5. ギブソン社、ティアックとの資本業務提携で合意
    2013年03月29日
    ギブソン ロゴ29日、楽器メーカー大手のGibson Guitar Corp.(以下、ギブソン社)は、音楽とオーディオライフスタイル分野での継続的な事業多様化の一環として、AV機器メーカーのティアックとの資本業務提携契約の締結に合意したことを発表した。
    なお、本日、ギブソン・グループとフェニックス・キャピタルを業務執行組合員とするフェニックス・キャピタル・パートナーズ・ワン投資事業組合およびジャパン・リカバリー・ファンドⅢは、その保有するティアックの株式の全てである1億5,744万7千株(発行済株式総数の54.4%)を、両社の合意価格の1株当たり31円でギブソン・グループに譲渡することについて合意に達した。
    http://www.musicman-net.com/business/24796.html
    MUSICMSN-NET

  6. TEAC 発表
    http://www.teac.co.jp/news/news2013/20130329-04.pdf
    情報は得られていたもの、狙いを考えておりました。何でしょうこの戦略は?
    Gibson は、多角経営企業を目指すのでしょうか。LINE6のギターのようなものを考えているのでしょうか。不可思議な気がいたします。

    • るーみ
    • 2013年 4月1日

    ペリンコさん、こんばんは。
    私が以前話していました、タブ譜の暗譜が遅い理由。
    私なりに解析してみました。
    それは、指板上の音がわかっていないということじゃないのかと思います。
    開放弦を6弦~1弦を上から順に弾くと、
    「EADGBE」ですね。
    じゃあ、5Fをバレーで押さえて、6弦~1弦を弾くと、
    何ですか?
    これを瞬時に答えれません。
    開放弦から2.5音離れているから~と順を追えばわかるのですが、
    瞬時には答えれません。
    また、Cメジャーコードは「CDEFGAB」。
    じゃあ、Eメジャーコードは?
    これも同様に瞬時に答えれません。
    メジャーだから、「全、全、半、全、全、全、半」だから~
    と順を追えば、答えは出せますが、瞬時にはわかりません。
    たとえば、3弦8Fは何の音?と尋ねられると、
    かなりの時間を要さないと、答えにたどり着きません。
    つまり、指板のそれぞれが何の音を出しているか、わかっていません。
    これがわかるようになれば、例えば、
    6弦ルートCメジャーが主キーの曲でも、
    7F~10Fから外れたフレットの部分を弾く場合、
    例えば、6弦12Fを弾くような場面が出てきても、
    焦らなくてもすむ、曲の暗譜が早くなるのではと
    考えました。
    前置きが長くなりました。
    さて、ここで質問です。
    何か、指板の音を覚えるいい方法はあるでしょうか。

    • るーみ
    • 2013年 4月1日

    2弦5F、3弦5F、4弦5F→
    2弦6F、3弦5F、4弦7F
    よくあるパターンだと思います。
    弾き方は、人差し指のバレー

    人差し指~薬指を立てて、各弦を押し弦
    という押さえ方が正しいですか?
    では、その場合、5,6弦のミュートはどうするのでしょうか?
    お忙しいようで、回答はいつでも大丈夫です。
    体調には気を付けてください。

  7. >丸田剛充さん
    まずはハコモノを知ることが大切ですので、是非チャレンジしちゃってくださいね!
    セミアコの魅力にハマってしまうことでしょう(笑)

  8. >yui-hrasawa-high-techさん
    ティアックが・・・・・(涙)
    最近のギブソンらしいやり方ですね・・(^▽^;

  9. >るーみさん
    それはあるかもしれませんね(^^)
    ちなみに、指板上の音の覚え方は5,6弦のルートから捉えると良いと思います。
    そして、ルートの上に組み上がるコードを把握すれば「コードトーン」が理解できますので、単純に音名だけ覚えるより、音楽的で使える理解になります。
    また、そのルートからスケールを練習するのもアリですね!
    また、地道ですが、常に何の音を弾いているかを意識しながら演奏することで覚えるとよいと思いますよ!

  10. こんにちは♪
    僕は、このブログを毎回見てギターの知らない所などがわかりました(≧∇≦)
    ありがとうございますo(`▽´)o

  11. >るーみさん
    1つめの方は3通りのフォームで押さえられますね♪人差し指セーハでも良いですし、人差し指~薬指の形でも、中指~小指でも・・曲や次のパターンに向かいやすいフォームをとった良いですよ(^^)
    2つ目は人差し指セーハをした方が、装飾音などの遊びを他の指でつけやすいので、良いと思いますよ♪
    最後にミュートですが、場合によっては右手で行う可能性はありますが、基本的に弾かないようにする感じですかね。
    私の場合は無意識に右手の腹でミュートしているような気がします。

  12. >ましゅまろんさん
    そういっていただけることが一番嬉しいです!!!
    これからもよろしくお願いします(^^)v

  13. 初コメです!私は日々の出来事を書いてます!興味があったら読者申請してくださいね♪

  14. こういうのもあります。
    http://www.tokaiguitar.de/xtcommerce/product_info.php?info=p161_ESK-F.html
    ボディーとネック、ヘッドだけで、他は何もついてません。無塗装。
    すり合わせ、をしているのかもわかりません。
    Faber は、ドイツなんですが、ブリッジを見る限り非常に精度がよくて、後藤並です。
    そこそこの値段がしますが、面白そうです。
    一番の難関は塗装です。余程、腕に自信ががない方でないと、まず、失敗します。
    全ラッカー塗装をプロに任せるという手もありますが、けっこうな値段にはなります。
    これは、これで、おもちゃの域を超えてると思いますので、挑戦されてみても、よいかなと思います。

  15. >yui-hrasawa-high-techさん
    面白いものを見つけましたね(^^)
    でも、塗装には自信がありません・・(^^:
    たぶん、私にはセンスの欠片もなさそうです。。

    • るーみ
    • 2013年 4月2日

    >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    ご返答ありがとうございます。
    今度から5,6弦のルートをCメジャースケール以外でも弾いてみます。
    (いつもCメジャースケールだけでした)
    その際、声に出しながら弾いてみます。
    Cメジャーなら、
    しー、でぃー、いー、えふー、じー、えー、びー。と
    Dメジャーなら、
    でぃー、いー、えふしゃーぷ、じー、えー、びー、しーしゃーぷ、
    という風に。
    ただ、これをするにも、各ルートのメジャーコードを覚える必要があるんですけどね。
    ありがとうございました。
    一度、各ルートのメジャー、マイナー、ペンタぐらいの音を書きだして、壁に貼り、それを見ながら歌って弾いてみます!

    • るーみ
    • 2013年 4月2日

    >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    こちらもご返答、ありがとうございます。
    右手ミュートですか。。。
    まだ、完全に狙い通りの箇所のみをピックで弾けないので、いい方法があるかなーと思ったのですが、右手ミュート。。。
    かなり苦手です。
    5,6弦を右手ミュートして、4~2弦を弾くと、かなり窮屈になったり、4弦までミュートしたりしてしまいます。
    あと、気持ちよく上下に振りぬけないので、
    リズムもおかしくなってしまいます。
    もう少し、精進してみます。
    ありがとうございました。

    • ぺちゃ
    • 2013年 4月3日

    セミアコいいですよね~。僕はEsー355を使っています。指板とヘッドのインレイに惹かれてたまたまお金を持っている時に購入したのですが、最近になって335のシンプルさが逆にカッコいいと感じるようになってきました。
    ペリンコさん355に興味があるようでしたらペリンコさんの335と僕の355を交換します?ただバリトンもビグスビーもついていない怪しいモデルなんですけどね

  16. >ぺちゃさん
    セミアコいいですよね(^^)
    それにしても355持っているとは!羨ましいっ!
    ビグスビー着いていないのは、珍しいですね・・☆
    確かに335のシンプルさはカッコいいですよね♪

  17. Princo教授 おはようございます。
    自分は家具の塗装をいたしましたが、手作り感溢れる状態になり、
    非常に困惑をいたしました。
    ギターの塗装は未経験でありますが、夏休みの工作と同様になる恐れがあり、
    恥ずかしながら、全くの手付かずであります。
    なお、自分は、赤色が好みであります。

  18. >yui-hrasawa-high-techさん
    おはようございます!!
    難しいですよね・・(^^;
    私も似たような経験がございます・・
    ちなみに、私も「赤色」が好みであります(笑)

  19. 2:35~  モーリスギター CM
    http://www.youtube.com/watch?v=wC8MzAIHv9s

  20. >yui-hrasawa-high-techさん
    よく見つけましたね!!!!
    そして、「キミ、モーリス持てば、スーパースターも夢じゃないよっ!」・・良いですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。