今さら聞けない『ブリッジの種類』

この記事は3分で読めます

突然の雷雨!!!!!そして、カミナリ!!
・・ちょー焦るんですけど(((( ;゚д゚))))

しかも、駅から歩いていて急に来られましても・・心の準備というものが・・・・ということで、Perinco@急な出来事に対応しきれない男がお届けしている「ギターの処方箋」です、こんにちは f^_^;

革新的な教室作りと革新的な教材作りを平行して進めておりますが、なんせ「急な出来事に対応しきれない男」ですので(苦笑)、もしこんなアイデアは反映してほしーな・・的なご意見がありましたら早めにお伝え下さいm(_ _)m

勇気を持ってご意見くださる方、今なら反映される可能性大です!

さて、今日は今さら聞けない『ブリッジの種類』と題しまして、各々の特徴をお話ししてみようと思います。


■シンクロナイズド・トレモロユニット

シンクロ

動きが揃うと非常にキレイなのが特徴です。

・・・・・冗談が過ぎたようです。

シンクロナイズド・トレモロブリッジ

ホントはこちらです。

ストラトに搭載されているシンプルなモノです。

従来から存在していた「ビグスビー」(後ほど説明)などに比べると、音程の変化の幅が非常に大きく、チューニングの狂いも少ないのが特徴です。
これは、弦を固定するテールピースと弦長を決めるブリッジが一体になっているためです(ビグスビーなどはブリッジが固定されテールピースのみが動く)

まぁ、難しく考えなくてOKです。
要はアーミングする時、結構おっきく音程変化をつけられるぜ!ってことです。
そして、チューニングもそんなに狂わんぞ!ということです。

ジミ・ヘンドリックスが大胆に使用したことから人気が出てきたことが有名です(^^)

ジミ・ヘンドリックス


ジミヘン。今見てもカッコいいですよね(^^)


■テレキャスタータイプ

テレキャスタイプ

・・・ネタがなくて逆にスイマセンil||li _| ̄|〇 il||li

・・さて、私はテレキャスターを所有していないので詳しくは語れないのですが、ブリッジプレートにピックアップをマウントし、テレキャスターのサウンドを決定付けている独特の形状だと言えるでしょう。

ビンテージタイプの3ウェイタイプ(サドルが3つに別れている)や、各サドルでオクターブ調整が可能な6ウェイタイプのサドルがあります。

3ウェイは2弦ごとに、6ウェイは各弦ごとに弦高調整が可能で、各弦のオクターブ調整が出来ない3ウェイはテレキャスっぽさは抜群ですが、個人的には6ウェイの方が良いのでは・・と思ったりします(^^;


■チューン・O・マチック・ブリッジ&ストップ・テイルピース

ストップテイル

レスポールでよく見るタイプですよね(^^)

弦を乗せるブリッジと弦を固定するストップテイルピースの2つに別けられていますが、アーミングをしないギタリストにはチューニングの安定度からも良いブリッジだと思います。

私はアームをバリバリ使うので、このタイプは1本しか所有していません(ES-335)。

ちなみに、ストップテイルは弦の張力だけで固定されているんですよ(^^)
弦を全部外すと取れてしまいますし、そこそこ重いパーツですので、足の指に落としたら最悪でしょう。

■ビグスビータイプ

ビグズリー

グレッチに見られる、この豪勢な感じのブリッジがビグスビーです。

さまざまな形状のギターに対応しているので、コレに交換する人も多いようです。

チューンOマチック等のブリッジと組み合わせて使われることが多く、アーミングのテンションはバネを交換することで調整します。

ES-335+ビグズリー

☆ES-335 + ビグスビーだとこのようになります。

最後に・・・、トレモロユニットのような過激アーミングを期待しちゃダメな一品ですので、ジミヘン好きはやめておきましょう(^^;

■ロック式トレモロユニット

ロック式
最後にフロイドローズを代表とするロック式トレモロユニットをご紹介します。

ブリッジ部とナット部で弦をロックすることでチューニングを安定させるのが特徴で、ブリッジを浮かせることで、アームアップ、アームダウン共に大きなアクションが可能になっています
※ブリッジが浮く状態を作るために、後から取り付ける場合はボディを削るという加工が必要です。

つまり、こーいうこと。
↓↓

フロイドローズ
シンクロナイズド・トレモロユニットはアームアップに限界がありますが、これなら問題なく音程を上げられちゃいます(^^)

ナット部分をロックした後、チューニング補正が出来る様、ブリッジ側のファインチューナーで微調整が可能ですので、ロック後も安心してチューニングしちゃって下さいね(^^)v
↓↓

フロイド

※写真はフロイド・ローズです。

実はまだブリッジには種類があるのですが、大まかに分類するとこんなところでしょう。

どのタイプにも良さがありますので、いろいろ試してみて下さいね!!
それでは、今日はここまで。
また次回をお楽しみに♪

私の順位もフロイドローズでアームアップさせてください(;´д`)ゞ
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014 01.31

    改造人間335

  1. またまた、普段意識していないパーツのお話
    大変勉強になります。
    私のギターはfender系の「squierサイクロン」
    ですので、シンクロナイズド・トレモノユニットに
    なると思います。
    中古で買いましたがトレモノアームも欠品せず
    付いていました。
    はたしてアームを駆使する程上達するのは、、
    いつのことやら…。。

  2. >瑠璃葉さん
    参考になったようで良かったです(^^)
    サイクロンならシンクロナイズド・トレモロユニットですね!!
    見よう見まねでアームを使ってみるだけで、すぐマスターできると思いますよ♪
    参考にすべきはCharさんだと私は思います(^^)

  3. くわー( ̄▽ ̄)
    ギターのパーツ一つ一つにどんだけ種類あるんすかー(´~`)
    何でも聞いてみないとわかんないですねー
    エフェクターとかも種類多いですよねー(o・v・o)
    徐々に知識がほしいです♪

  4. >水星人さん
    いっぱい種類があるんですよ~(^^;
    ペグ一つとってもいろいろありますし(焦)
    エフェクターも星の数ほどありますよね・・
    少しずつご紹介していきますね(^^)/

    • Tuning Fork
    • 2012年 9月10日

    こんにちは。
    ジミーヘンドリックス、いやあ、渋いですねえ。今見ても、やっぱり、かっこいいですねえ。
    ところで、エレキに、ガット弦を張って、
    「あれ、音しないね」
    なんて人はいないと思いますが、
    エレキギターPUの原理として、
    面白いというか、真面目な話題としても、
    なかなか、いいのではないかなと、
    若輩者ながら、思います。
    では、失礼いたします。

  5. >Tuning Forkさん
    今見てもジミヘン、カッコイイですよね!!!
    惚れちゃいます(笑)
    PUの原理は意外と知られていなかったりしますよね。また機会があったら深いところまで解説してみますね♪

  6. 今気づきましたが、ビグスリーじゃなくて、ビグスビーでは…

  7. >鉄馬乗り・たかふみさん
    おおおおおお、恥ずかしい間違いですね~(苦笑)
    ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

    • coveredear
    • 2016年 1月7日

    あのー、質問いいですかね……?
    ギター初心者で、初めて買うギターにb.c.リッチのmockingbird frを考えてたんですが、フロイドローズなのでチューニングとか色々大変、という話を聞きまして。デザインが気に入ってるので同じシリーズのmasterpieceというギターにしようと考えてるんですけども、Tune-O-Matic / String Through BODYというのはフロイドローズよりもチューニングが楽なものなのでしょうか?

      • perinco
      • 2016年 1月11日

      >coveredearさん

      遅い返信ゴメンなさい・・^^;

      えっとですね、フロイドローズのチューニングですが、慣れれば普通のギターとそんなに変わりません^^
      私も一本目に買ったギターがフロイド風(安いヤツだったんで正規品ではありませんでした・・汗)でしたが、そういうもんだと思って覚えたので、特に難しいとか考えることもありませんでした。

      気をつけたいのは、弦を同時に全部外してしまうと、ブリッジがボディに落ち込んでしまって大変だということですかね・・。布や木片などをかませておけば全て外してしまっても問題ありませんので、こちらも慣れればどうということもないですよ^^あとは、チューニング時に一本合わせると他の弦が少し狂うので、微調整を少し繰り返すことになるのですが、バッチリ合った時に恩恵が大きいので、あまり手間に感じないわけです。

      もちろんTune-O-Maticは一般的な形状ですし、String Through BODYもただ弦を通すだけなので楽ですが、逆に言えば、フロイドローズも六角レンチで弦を固定するだけなので、そんなに難しくないような気もします。私は現在2本フロイドローズ搭載ギターを持っていますが、弦交換にかかる時間は他のギターとそんなに変わりませんよ♪

      参考になれば幸いです^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。