ギターのお話

私のギター6 〜Martin〜

更新日:

梅雨・・ギターにはあまりよろしくない季節の到来ですね(^^;

皆さん、ギターの管理はシッカリ行っていますか?

私?

・・湿度管理も行わず、部屋に出しっぱです。。。ギター君たち、ごめんなさい(T T)

さて、久々の「私のギター」シリーズです(^^)

今日はここ12~3年アコギといえばこれしか使っていない「Martin」です。

Martin D-28

d-28-1

Martinと言えば「D-28」と言うくらい王道のギターですね。

ちなみに、D-28の「D」ですが、「Dreadnought(ドレッドノート)」の頭文字です。

ドレッドノートとはイギリス海軍の大型戦艦のことで、ボディの大きさからこのような名称となっています。

d-28-2

結構大きいので、小柄な私は演奏時身体が隠れてしまいます・・(^^;

d-28-3

ちなみにこのギターは当時ライブで使うことが多かったので、プリアンプを載せてあります。
これでPAを通して大音量で鳴らせるというわけです(^^)

d-28-4

Fishman製のプリアンプをマウントしています。

アコギと言えば、Gibsonもかなり有名ですが、Martinは独特の甘さを兼ね備えていて、ピック弾きも指弾きも時間を忘れて楽しめます。
私がこのギターを選んだ一番大きな理由が、この「甘さ」です(^^)

ということで、今回はD-28の紹介でした!

それでは、また次回☆

Martin良いよね!というそこのあなたはクリッククリック!
↓↓↓

Gibsonも好き・・というそこのあなたも!
↓↓↓

-ギターのお話

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.