ギターの機材

ドンドンシャリシャリ

更新日:

**************************************
毎日ご協力いただき、感謝感謝ですm(_ _)m
↓↓↓

******************************
********

こんばんは!

唐突ですが、皆さま「ドンシャリ」の意味、知っていますか?
知らずに「このアンプがドンシャリなサウンドでさ~」とか言っちゃっていませんか???

私は高校生の頃、何にも知らずに「やっぱりギターはドンシャリだよな~」なんて言っていました(恥)

なんか「ドンシャリ」=「良い音」みたいなイメージを持っていまして、当時はことあるごとに「ドンシャリ、ドンシャリ」言っていました。。

ということで、今日はこのドンシャリサウンドをバレずに
密かに覚えてしまいましょう(笑)

では、さっそく。

ドン = 低音域のこと

シャリ = 高音域のこと

その音域を強調した際に感じられるサウンドのことを、名前の通りこう言っているだけです。

低音はドンドンしていて、高音はシャリシャリしているという・・(苦笑)

ちなみに、アンプについているイコライザーで説明すると、高音域と低音域を強調し、中音域を押さえたサウンドのことです。

少し極端な例ですが、BassとTrebleを最大にしてMidを0にすると、「あぁ、こういうことか~」とご理解いただけるかと思います。

このドンシャリサウンドですが、音抜けが良く、ザクっとしたメタル系のリフなどに非常にマッチします。
また、一般的に「好まれる音」と言われております。

ですが、気をつけていただきたいのが、先ほど極端な例として出した「Mid0」のセッティングのように、極端にMidをカットしてしまうと痛い目にあいます(苦笑)

高校時代の私がお気に入りにしてよく使っていたのが、正にこのセッティングでした・・、だって一人で弾いている分にはとっても気持ち良いんですもの(^^;

ところが、スタジオ練習を録音してみると、私の音だけがシャワシャワとか細く聴こえ、またそもそも存在感が感じられません・・・・∑( ̄[] ̄;)

これはサウンドのコシを担うMidを大きく削ることで、同時にコシも削っているからなのです。ですから、他の楽器と比べて存在感が出ないのです。

これはバンドサウンドに混ざらないと分からないことで、気づかずに音作りをされている可能性があります・・

ということで、ドンシャリサウンドが好きな人は多いと思いますが、Midはある程度に保った上で、HighとLowを強調することでサウンドメイクすることをオススメいたします(^^)

それでは、ちょっと小難しい話になってしまいましたが、今日はここまで☆

また次回をお楽しみに~(^^)/
左のボタンはTrebleで、右のボタンはLowです。
さぁ、ドンシャリサウンドを作ってみて下さい(笑)!!
↓↓↓

・オススメ記事一覧はコチラ
・オススメ教材はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
・厳選!オススメギターグッズはコチラ

Sponsored Link

-ギターの機材

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.