アコギのピックアップ

この記事は3分で読めます

*******************************
是非1クリックにご協力下さいm(_ _)m
↓↓↓

ブログを最初から閲覧される方はこちらからどうぞ!→1回目の記事
*******************************

今日も寒さ絶好調!

年の瀬の迫る今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
このタイミングで風邪などひいてしまいますと非常に辛い思いをすることになりますので、どうかお身体ご自愛下さいませm(_ _)m

なぜこんなことを言うかと言いますと、辛い思いの体験者だからです(^△^;;) → 参考記事:大晦日

さてさて、今日のお話は「ピックアップ」についてです。

以前もピックアップについて書いたことがあるのですが、ほとんどエレキの話でしたので、今日はアコギに特化してお話ししてみようと思います。

参考記事:

今さら聞けない『ピックアップの基本』

今さら聞けない『ピックアップの種類』

では、さっそくですがアコギのピックアップと聞くと、どのようなものを想像しますでしょうか?

・・・・いかがですか?

イメージできましたか?

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

セイモアダンカン

こんなん想像したらあきまへんで・・(/|||| ̄▽ ̄)/

・・・・・・というか、もしかしたら想像できない人が多かったかもしれません。

なぜならば、アコギの場合、目に見える場所にピックアップを取り付けることが少ないので、イメージしにくいのです。

では、実際どんな形状をしているのかと言いますと、

ピエゾ

こんなんや、

ピエゾ2

こんなんや、

ピエゾ3

こんなんとかです・・・・・( ̄▽ ̄;)

何ともコメントに困る形状をしているじゃありませんか・・

・・全くピンときません。

ということで少し説明してみようと思います。

まずはアコギのピックアップには大きく分けて2種類が存在します。

ピエゾタイプ

マグネチックタイプ

上の写真で説明すると、最初の2つが「ピエゾ」です。

そして、最後のものが「マグネチック」です。

で、両者の違いですが、ピエゾタイプはもっとも主流なピックアップで、エレアコのほとんどにこのピエゾピックアップが組み込まれています。

構造はピエゾという素子を使い振動を電流に変えるのですが、弦の鳴りを直接拾うのではなく、ボディに直接貼りつけてボディの鳴りを拾います
その構造から、よりアコースティックらしいサウンドが得られると言われています。

要するに、上の写真のようなものをボディ内側に直接貼付けて音を拾う構造になっているというわけです。

難点を挙げるとすれば、弾き方や環境によってはジャリっとしたピーキーな特性が出てしまうので、状況によってプリアンプに搭載されているEQなどでその特性を回避する処理を行う必要があるということでしょう。

また、基本的にギターの内部に貼付けるため、取り外しが出来ないことも挙げられます。まぁ、故障したときくらいしか取り外すことはないと思いますが・・(^^;

次にマグネチックタイプですが、これはエレキに搭載されているピックアップの構造と基本的には変わりません
要するに「鉄弦」の振動を磁力で拾うというものです。

メリットとしてはピエゾよりも低音の再現能力が一般的に高いことと、サウンドホールに簡単に取り付けられる利便性が挙げられます。

難点としては、エレキのピックアップ構造とほとんど同じであるため、少しエレキっぽいサウンドになってしまうということでしょう。

また、鉄弦にしか反応しませんので、クラシックギターなどのナイロン弦には使えません。

尚、アコギでは一般的にブロンズやフォスファー・ブロンズ弦を使うことが多いですが、エレキ弦に使用されることの多いニッケル素材の弦を使用した方が、よりバランスのとれたサウンドになる傾向があります。

ちなみに、ピエゾとマグネチックを両方搭載して、良いとこ取りでミックスして使われる方も多いです。

もし、現状のアコギサウンドに満足されていないようでしたら、こういった方法も試してみると良いかもしれませんね(^^)

最後に、こんなタイプもあるよ~というご紹介を。

エアーマイクタイプ

気になる見た目は・・・・・・・・・・・・・はい、ネット上に写真を見つけられませんでした・・・・・・・・(T▽T)

ということで、マイギターに搭載しているものを写真撮影してまいります・・・・

バタバタ・・・

カシャカシャΣ【◎】ω ̄*)

Macに取り込んで・・・□_ヾ(・_・ )

よしっ( ̄ー☆

エアーマイクタイプ


コイツです
ε=( ̄。 ̄;)

このエアーマイクタイプは感度の高いコンデンサーマイクをギター内部に取り付けられるようにしたもので、非常にリアルなサウンドが再現できます。
サウンド面では他のピックアップに比べて一番優秀だと思います。

ただし、難点としてハウリングが発生しやすいということがあります。
これは高感度のマイクであるということと、箱状のギター内部という非常に反響しやすい場所に組み込むという構造上、どうしても仕方ないことなのだと思われます・・。

こういったことから、このエアーマイクもピエゾなどの他のピックアップとミックスして使われることが多いです。この場合、「(エアーマイクで)エアー感を足す」などと表現されます。

ということで、本日はアコギのピックアップについてでした!
アコギストの皆さんは自分に合ったピックアップを是非探してみて下さいね~(^^)

それでは、また次回をお楽しみに☆

いつもありがとうございますm(_ _)m

↓↓↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014 07.17

    足下一新

  1. 初コメです(^^)/
    自分は高校生でギター始めて半年位なんですけど、部活をやっていて平日はギターをやる時間が全くありません それでもギター上達しますかね? 長文失礼しました。

  2. >☆AQUA☆さん
    初コメありがとうございます!
    上達できます!・・と言いたいところなのですが、特に始めたては練習しないと上達しません。
    例えば、土日に集中して5時間ずつやるよりも、毎日10~30分の練習を継続して行う方が実際は上達します。
    ですから、ちょっとした運指の練習だけでも毎日行うことをオススメします(^^)
    10分だけでも全然変わりますよ!

  3. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    ありがとうございます!
    毎日寝る前の10分運指とかやろうと思います!

  4. >☆AQUA☆さん
    それは良いですね!!!!!
    絶対上達できますよ(^^)
    頑張って下さいね!!応援してます!!

  5. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    ありがとうございます(^^)/頑張ります!

  6. アコギってピックアップあるのかーΣ(・ω・ノ)ノ!
    アンプに繋いでるのを見ても全然気にしたことなかったー
    アコギっていいものはほんとにきれいな音しますよねー♪
    前知人がギター買ったとき、じゃらーん!って弾いただけでものすごいきれいな音でした!

  7. >水星人さん
    アコギはピックアップをのせないことも多いですよ(^^)ただ、ライブを想定したときに他の楽器に負けてしまいますし、マイクを前に置くと動きも制限されてしまいますので、最近はピックアップをマウントしているものが多いですね♪
    アコギはエレキにはない生音の楽しさがあるんですよね☆
    良いアコギはコード一発で感動出来ますよね!

  8. エアーマイクタイプとは、これでしょうか?
    FISHMAN Ellipse Matrix Blend
    http://www.fishman.com/products/view/ellipse-matrix-blend-1
    LR Baggs Dual Source System
    http://www.lrbaggs.com/dualsource.htm#overview
    http://www.musiciansfriend.com/accessories/lr-baggs-dual-source-system

  9. >Tuning Forkさん
    おぉ!素晴らしい!ありがとうございます(^^)/
    正にこれらのことです!
    そして、エアーマイクって確かに「エアギター」的な印象ですよね(苦笑)

  10. 中学生のとき、アコギの録音をしたとき、記念にレコードにしたのですが
    (すっごく安価で1枚でも作ってくれるところがありました。中学生ですから。)
    もちろん、マイクは、フツーのマイク。
    フレットノイズがすごくてですね。
    「アコースティックギターは、マイクをブリッジ側に置くんだよ。」
    なんて、いわれました。
    アコギも欲しい気もします。やっぱり、すごいネタをやって、白いギターをもらうしかないんでしょうかっ!
    Martinや、Ovationが、まず筆頭候補ですが、Gibsonも捨てがたしいし、YAMAHAも結構いいらしいので、悩ましいですね。
    そもそも、Gibson Les Paulで、いっぱいいっぱいなので、余裕がないのですが….。
    なんというか、思春期になったら、まず、アコギを買うという時代は終わりました。小さいお子さんの教育として、ピアノやオルガンを買うというのも、なくなってきました。
    寂しいです。楽器は、一生の趣味になるのに。
    けいおん!!は、小さな子も見てますから、非常に良い傾向だと思います。ただ、嫌う人もいますから、「オタクが!」とか。特にムスタング愛用者は、こだわりが強いので。
    ただ、わたしは、もともと、アニメを見ないのに、はまっちゃったんですよ。いい年をして。
    楽器を始めるきっかけは、なんだっていいんだと思います。
    ムスタングの、あずにゃんは、敬語で切れるので、怖いですよ。大好きです。

  11. >Tuning Forkさん
    楽器をはじめるキッカケはなんだって良いですよね(^^)そのとおりだと思います。
    そして、本当に一生の趣味になりますから、楽器人口が減ってしまうというのは悲しい限りです。。
    白いギター・・TVジョッキー・・(苦笑)

  12. コメントを入力
    高村先生、ソラニンの件でお世話になりました!
    アコースティックギターのピックアップのことで悩みがあって
    こちらの記事を読ませていただきました!
    私が宅録で使っているのは Dean Markley のピックアップなんですが
    とてもシンプルで使いやすいのですが
    これがジャック(フォーン)がインターフェイスに差し込むとノイズが発生し、なんだろ、しっかりカチッと差し込めない感じなんです
    浮いているというか。。
    インターフェイスはまだ新しいもので
    TASCOM(US-122mk2)を使用しています。
    WindowsのPCのDAWソフトで宅録する時はノイズがすごいので
    ダイナミックマイクで録音しています。
    ただ。。腑に落ちないのが
    同じインターフェイスで
    MacでGarageBandで録音する時は
    ノイズがないんです。。
    相性とかあるのでしょうか。。
    それと Dean Markleyのピックアップは一度壊した事があり
    今のは買い替えました。
    前のはかなり簡単に壊れました。
    中の線が切れたのだと楽器屋さんは言いました。修繕不可能だとも。
    こんなに簡単に壊れてしまうものなのでしょうか。。
    ライブで使う時にノイズが発生しやすいのではないかと
    結構悩んだりしています。
    長文ですみません。
    よろしくお願いします。。

      • perinco
      • 2014年 7月6日

      >リゼさん

      ご無沙汰しています!

      それはいろいろな問題が考えられますね。
      DAWによってエンジンが異なることや、PCとMacでも異なりますので、こういった問題は結構あるかと思います。
      ですので、相性よく使える組み合わせを研究するしかないような気がします・・(汗)

      また、故障についてですが、そう簡単に壊れるような性質のものでもないと思うのですが、運が悪かったのかもしれませんね。。
      私もマグネチックのピックアップを所有していますが、何年も問題なく使えています^^;

      ノイズの問題をチェックするのであれば、相性問題のあるDTM環境ではなく、スタジオなどに置いてあるPAミキサーに繋げてみるのが良いと思いますよ。

      それでは、あまりお役に立てず申し訳ありませんが、ご参考にしていただければ幸いです。

  13. 高村先生
    ピックアップについての回答ありがとうござました!
    適切なアドバイスをいただき
    とても落ち着いた気持ちです。
    とくにスタジオでのPAミキサーにつないでみる!
    最もだと頷いてました+.゚(*´∀`)b゚+

    すごく頼りにしています。
    ギターの機材についても演奏についても
    ここまでいろいろと教えていただける
    先生のところは最高です!!

    またよろしくお願いします。
    リゼ

      • perinco
      • 2014年 7月7日

      >リゼさん

      お役に立てたなら何よりです^^

      ピックアップの問題、早く解決すると良いですね!
      また、何かありましたらお気軽にご質問下さいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。