ギターの機材

ディレイとリバーブの違い

更新日:

*****************************
ブログランキングに参加しています!是非ご協力くださいm(_ _)m
↓↓↓



ブログを最初から閲覧される方はこちらから→1回目の記事
*****************************

だんだんお部屋がギター教室っぽくなってきております!
さぁ、そろそろ開始時期が近づいてきております!

レッスンのご希望をいただいている方も既に数名いらっしゃいますので、ご期待にお応えできるよう、誠心誠意準備を進めてまいりますm(_ _)m

ということで、いかに料金設定を安く、そして充実した内容にできるかに腐心しているPerinco@そろそろ生徒さん募集開始予定です、おはよーございますm(_ _)m

もしレッスンに興味があるぜ~という方は是非ご連絡下さいね(^^)
優先的に情報開示させていただきます♪

連絡先:guitar.shohousen☆gmail.com  ※☆を@に変えて下さい。

さて、本日は先日の『素敵なリバーブの条件』にいただいたコメントが、とても良い質問だったので、共有させていただこうと思います。

質問:リバーブとディレイの違いがピンときません。似て非なるものなのでしょうか?

確かに!

ちょっと分かりにくいですよね(^^)

両方とも俗にいう「空間系エフェクト」ですし、「エコー」という言葉でまとめてしまわれることすらありますから、ここでシッカリと違いを説明させていただきます!

では、まずリバーブから。

前回の記事でもお話いたしましたが、リバーブというのは屋内での日常生活で必ず発生している残響を擬似的に再現したものです。

極端なモノだと、お風呂の中で発生しているあの残響やクラシックなどを観覧するホールで発生するあの残響です。

では、なぜ敢えてギターに残響(リバーブ)を付加するのでしょうか?

それは、あたかも広い空間で演奏しているように演出したいから・・・、また、フワ~っとした幻想的な雰囲気を演出したいから・・といった理由もありますが、バンドサウンドの中に混ざりやすいサウンドにするためにも使われます。

ですので、リバーブの選択タイプにはバンドサウンドに混ぜるのに効果的な「Room」という項目があったりします。

もちろんRoomはそれだけのためにあるわけでありませんが、このような意図で使う方が非常に多いと思います(^^)
※名前の通り、普通の部屋でギターを弾いた際に感じられる程度のリバーブを施してくれます(ほぼ分からない程度ですが、バンドサウンドに混ざりやすくなる効果を得られます)

また、リバーブの積極的な使い方としては、ギター一本で演奏をする機会があったとして、それが広い空間ではない場合に、広がり感を演出するために使われることが多く、あたかも大きなホールで演奏しているような効果をもたらしてくれます。

アコギやエレガットギターでソロギターを演奏される方の中で、リバーブにだけは妙にこだわる方がいらっしゃるのですが、これはいかにリアルな空間を演出できるかを追求されているからなのでしょう。

ちなみに、曲調によって、明るい響きが良いとか柔らかい響きが良いなどとリバーブの質感を積極的に変えていけば、かなり幅広い世界観を演出できることでしょう(^^)v

次にディレイですが、名称の通り「遅らせる」効果をもたらします。

原音が鳴った後、追いかけるように一定間隔で音が遅れてついてきます。

このような効果から、山で「ヤッホ~」というと「ヤッホ~ ヤッホ~ ヤッホ~ ヤッホ~ ヤッホ~・・・・・・・・」となるお馴染みのあの効果・・・「ヤマビコ効果」に例えられることが多いです。

要するに、リバーブはただの残響なのに対して、ディレイは原音が鳴った後、遅れてその音のコピー音が一定間隔で繰り返され、サウンドを飾り付けてくれるエフェクターのことなのです。

で、ディレイはどういうシーンで使われるのでしょうか?

王道の使い方は、ギターソロに薄くかけてソロをカッコ良く演出する使い方でしょう。
※この使い方が深めにかけたリバーブに少し似ていることから、違いが分からない・・と思われる方が多いのかもしれません。
また、ディレイとリバーブを同時がけしていることの方が多いので、違いがよくわからない・・となるのかもしれません(^^;


注目ポイント:フレーズの終わりを聴いてみて下さい。

一定間隔で音が減衰しながら繰り返されているのがお分かりになりますでしょうか?

また、1:12~からは特殊効果的なディレイの使い方をしていますが、こういう使い方をすることも多いです。

このようにディレイはソロを飾り付けるさりげない効果としてだけではなく、特殊効果としても使える多用途エフェクターなのです。

で、先述のとおり、多くの場合リバーブと併用されることが多く、この場合、ディレイでサウンドを飾り付けて、リバーブで広がりをつけたり、バンドサウンドに馴染ませる・・といった使い方をすることが多いでしょう(^^)

最後に・・、

私が尊敬するディレイの達人は、ダントツでU2のThe Edge(ジ・エッジ)です。

アルペジオに2パターンのディレイを違うリズムで施しており、そこにコーラスをかけてサウンドを広げております。音作りが絶妙すぎて惚れてしまいます・・。
昔、完コピしようと思って死ぬ気で音作りしましたが・・コピーしきれませんでしたが・・(-_-|||)

ということで、このようにご不明なことをコメントいただいた場合、記事にさせていただくことがございますので、お気軽にご質問下さいね(^^)/

それでは、また次回をお楽しみに☆
では!!

クリックするのにディレイは必要ありません。。
↓↓↓

 

-ギターの機材

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.