ケースの話

この記事は2分で読めます

*********************************
ブログランキングに参加しています!是非ご協力くださいm(_ _)m
↓↓↓

*********************************

引っ越し・・・完全になめてました(T T)

まったく終わる気配がありません・・・・一週間あれば余裕と思っていた私が馬鹿でした。。。。

どんだけモノがあるんだ我が家Σ( ̄Д ̄;

ということで、毎日間に合うかどうかドキドキしながら過ごしているPerinco@Xデーまであと4日です、こんばんは☆

さて、今日はギターケースの整理に勤しんでいたので、それにちなんでケースのお話をしてみようと思います。

皆さん、ギターのケースはハードケースとソフトケースどちらでしょうか?

また、各々のメリット/デメリットってご存知でしょうか?

ちなみに、ハードケースは↓のタイプのケースです。

ハードケース1

ハードケース2

そして、ソフトケースは↓です。

ソフトケース

ソフトケース2

です。

で、実は、ある状況ではハードが、またある状況ではソフトに分があったりしますので、少し解説してみます☆

■ハードケース

硬い素材で頑丈に出来ているため、何かぶつかったり擦れたりしたくらいでは傷がつきません。

また、密閉性が高いため長期間の保管時、湿度調整材さえ入れておけば安心して保管できてしまいます。

難点としては、ソフトケースに比べてだいぶ重いことと、落としたり倒してしまった際、衝撃を直接ギターに伝えてしまい破損に繋がる可能性があることです・・最悪ネック折れの原因にもなりますΣ(|||▽||| )

これは、内部でシッカリ固定されていることと、クッション性が少ないことで、衝撃を逃がすことができないからなんです。

ちなみに余談ですが、ハードケースっちゅうモノは本当に重くって、例えば家から駅に向かう10分間だけでも、何度も右手左手の持ち替え、また時には地面に置いて小休止を入れながら、やっとの思いで運ぶことになります・・大学時代の私は、そうやってES-335をハードケースで運ぶ日々を送っていました・・ハッキリ言って地獄でしたよ(T T)

マッチョを目指しているなら筋トレになって良いかもしれませんが・・(苦笑)

■ソフトケース

柔らかい素材で作られており、軽く運搬性に優れているのがソフトケースです。
また、手持ちと肩掛けの両方に対応しているため、非常に便利です。

難点としては、ハードケースに比べて打撃があった場合ギターに傷がつきやすく(打痕がつくこと多し)、長期間使い続けることでケース自体が破れてしまい、結果外部影響をもろにギターに伝えてしまうこと(体験談)が上げられます。

また、これは私の場合ですが、ストラトをずっとソフトケースで運搬していましたが、ケース内に遊びがあり、歩く度にギターがケース内で動いてしまい、ケースとの摩擦でボディにたくさんの小傷がついてしまいました。・・ハードケースのように完全固定はされていませんので、それがデメリットになる場合もあります。

※全てのソフトケースでこうなるわけではありません。あくまでも私の場合ですのでご安心下さい(^^)v

ちなみに、倒してしまった場合など、ハードケースよりはマシでしょう・・クッションが効いて打撃を多少は緩和してくれますから(^^)
※初心者セットに付属してくる薄いケースではこの効果は得られません・・。

ちなみに、一長一短な両者ですが、各々の強みを活かすと、次のような使い方が一番良いと思います。

家で長期保管する際、もしくは車で移動する際はハードケース

電車や徒歩及び自転車で移動する際はソフトケースです。

ただし、保管にも場所をとりますし、そもそもケースもそんなに安くはありません。

そこで、間を取って「セミハードケース」という選択肢があります。

セミハード

正に良いトコ取りですね(^^)

ハードの堅牢性とソフトの運搬性を兼ね備えているのです。

お値段は少し張りますが、二つ買って使い分けるよりはよっぽど安くつきますのでオススメします。

もちろん長方形だけではなく、限りなくソフトケースに近いルックスのモノも多く存在しますので、お気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

というこで、引っ越し作業に戻ります(苦笑)
また次回をお楽しみに☆

私のやる気に火がつきます!・・・引っ越しの(苦笑)

↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ハードケースは重すぎますよね(´・ω・`)
    おじさんに譲ってもらったYAMAHAのSGがただでさえ重いのに、持ち運びが鬼のようです(笑)

  2. >拓人くん gtさん
    ハードケースの持ち運びは下手すると腰を痛めるので気をつけて下さいね~
    出来たらセミハードケースもしくはソフトケースを購入することを強くオススメいたします(苦笑)

  3. 私も直近で丁度ギターケースの記事を書いていたので、テンションが上がってコメントさせていただきました!!
    ハードケースが、衝撃とかNGだったんですね。意外でした。
    セミハードケース!!惹かれます。
    お引っ越し!!めげずに頑張ってください!!

  4. >転落人生さん
    コメントありがとうございます(^^)
    お役に立てたみたいで良かったです♪
    ハードケースは衝撃禁物なんです・・衝撃を全てギターに伝えてしまいますので(^^;
    あとは、ひたすら重いです。。。。。。
    ということで、セミハードで検討されるのが、私のオススメです☆
    引っ越し、頑張って乗り切りますよ~!!

  5. 私は家からギターを持ちだすことは
    あまり想定していなく、たまにレッスンに
    出るとしても、クルマ移動ですから、
    ケースはギターを買った時の付属の
    ソフトケースです。
    たまに電車で高校生とかが背負い式の
    ソフトケースでギター持ってるの見ると
    「おっ!やってるな? おじさんもがんばる
    から、諸君もがんばれよ?」と、心の中で
    声をかけますが、、
    きっと俺より1000倍以上、
         上手いんだろうな~…。
    と自嘲してます(笑)

  6. >瑠璃葉さん
    車移動ならケースは選びませんので安心ですね~♪
    ちなみに私も高校生がギグバッグを背負って歩いているのを見て、「頑張れー!」って心の中で思っています(^^)
    多分私よりも上手い子も数名混ざっているとは思いますが(苦笑)

  7. リッターのケース持ってます
    ブログに載るやつを使ってるなんてテンション上がりますね
    ハードケースに憧れます
    いつか使ってみたいです(^-^)

  8. >たくや@足がでかくてエフェクターが踏みづらいさん
    リッターのケースを使っていらっしゃるんですね☆
    ハードケースは保管にはとっても良いですよ(^^)
    是非、いつかGETして下さいね♪

  9. どうでしょう、俺はセミハードケース派です。
    外観は微妙なんですが機能は冴えてます(笑)

  10. >日坂 佑さん
    好みはあれど行き着く先はセミハードな気がしますよね☆
    格好良さで言えばハードケースなんですが、いかんせん重いのがネックです・・。
    セミハード、確かに機能は冴えてますよね(^^)v

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。