エレキギターの弦選びについて

この記事は4分で読めます

過去最長の更新間隔です・・(汗)

新教室の管理やら発表会の準備やらに日々追われ、
気がつけばブログ更新を3ヶ月以上放置・・・<(ll゚◇゚ll)>

書きたいことは大量にあるんです。

 

あぁ、体がもう一つ欲しいっ!!!!

 

・・手に入らないことは大人なので知っています。。

なので、作業スピードを上げる方に精進いたします(汗)

 

・・さて、私の愚痴&言い訳はいいとして、
さっそく本題です。

今日は弦の「ゲージ」・・つまり、弦の太さについて書いてみようと思います。

***

いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

***

皆さんは普段どんなメーカーの弦を使っていますか?

メーカーはダダリオやアーニーボールが定番でしょうかね。

 

私はダダリオ、DR、SIT、エリクサーを楽器によって使い分けています。

 

さらには実はゲージもギターによって張り分けています。

 

初心者の場合、ギターによってメーカーやゲージを変える意味って
なかなか分からないと思います。

 

なので、今回は弦について書いてみようと思います。

 

さて、これは分かりやすいと思うのですが、

ギターによって張る弦のメーカーを変えるのは、
ギターによってサウンドの特徴が違うからです!

 

例えば、ギラギラした硬質なサウンドのするギターに
ギラギラした高域が強めの弦を張った場合、
ギランギランッって感じのサウンドになることはイメージできると思います。

 

で、そういったサウンドを狙うなら、そういう組み合わせにしますし、
少し「マイルドさ」みたいなものも足したいのなら、
やさしい音の弦を張った方が、好みの音に近づくわけです。

 

そうやって弦を変えることで、自分の理想とするサウンドに近づけていくわけですね^^

 

私も未だにマイギターをできるだけ理想のサウンドに近づけるよう、
研究を続けています^^

 

続きまして、ギターによってゲージを張り分ける意味を
解説してみようと思います。

 

エレキギターには大きく分けて3つの弦長(スケール)が存在します。

 

ロングスケール

ミディアムスケール

ショートスケール

 

弦長(スケール)とは、ナットからブリッジまでの長さのことを指すのですが、
名前のとおり、長かったり短かったりするわけです。

 

例えば、ストラトに代表されるFender系のギターであればロングスケール、
レスポールに代表されるGibson系のギターであればミディアムスケールが採用されています。

ショートスケールといえば、ジャガーやムスタングが代表的でしょうか。

 

でですね、弦長が長ければ長いほど、弦の張り具合(テンション)がキツクなるんです。

そして、短ければ短いほどテンションが緩くなるのです。

 

このテンションの差はサウンドに大きく現れまして、

テンションが高ければ、元気な伸びやかな音が得られますし、

テンションが緩ければ、マイルドな甘いサウンドが得られるのです。

 

ちなみに、ロングスケールのギターに太い弦を張るとどうなると思いますか?

ただでさえ張りの強くなるギターに太い弦を張りますので、
弦を押さえるのにパワーが必要になるということです^^;

音は良いけど、チョーキングすると手が疲れる・・みたいな感じです^^;

 

逆に細いゲージの弦をショートスケールのギターに張ると、
ゆるゆるな上に細い弦なので、押さえやすいけどデロンデロンのコシのないサウンドになってしまいます。

 

なので、バランスが重要だと私は思っています。

 

あっ、これらは全て「好みの問題」ですので、
どれが間違いとかって話ではなりませんから、その点はご注意くださいませ!

気に入っていれば、それが正解だと思ってくださいね♪

 

 

さて話を進めますと、こういった観点から、
ロングスケールには、細めのゲージを張り、
ミディアムスケールやショートスケールには太めのゲージを張る人が多いと思います。

 

ロングスケールは元から張りがあるので、
細い弦を張ってもある程度元気なサウンドが得られます。

演奏性とサウンドのバランスを考えて、
このパターンに行き着く人が多いのだと思います。

 

ミディアムスケールやショートスケールですと、
テンションが弱く、張りのないサウンドになりがちですので、
甘さの中にもコシを出すために、太めのゲージを張られる方が多いです。

 

そうなると、

ロングスケール・・・.009〜.042 or .010〜.046

ミディアムスケール・・・.010〜.046 or それ以上

みたいな感じが王道となります。

 

もちろん、レスポールに.009を張る人もいますが、
定番といえば、この感じかと思います。

 

ちなみに、演奏性と低音の太さの両方を求める人には、
.009〜.046などという選択もありますので、
いろいろと試してみると良いかと思います。

 

で、私も実際いろいろと試してきまして、
最終的にはあるゲージに落ち着きました。

 

私はブログでも何度も書いているとおり、
手がとても小さく、握力もそんなに強い方ではありません。

なので、気持ち的には全てのギターに.009〜.042を張りたいくらいなのですが、
いかんせんサウンド的に物足りなく感じてしまいます。

そこで、演奏性よりサウンドを重視し、
全てのギターに.010〜.046を張っている時代を長く過ごしました。

 

でも、速弾きなどのギリギリの演奏なんかをしていますと、
弦の重さが気になったりします。。

 

そして辿り着いたのが、

.0095〜.044

です!

 

ちょうど中間!

まさに3つで迷ったら真ん中を選んでしまう日本人向け!w

 

・・と、冗談は置いておきまして、
これがサウンド的にも演奏性でも、私にとってはバシッとハマったのです!

 

サウンド面は、ストラト系に張ればストラトのジャキっとした美味しい音を得られ、
レスポール系に張れば、甘さと太さといったレスポールの美味しい音が得れます。

 

そのため、私はハコモノなどの一部のギターを除いて、
基本的にこのゲージに統一しております。

 

マニアックなゲージですので、店頭ではなかなか見かけませんが、
今では多くのメーカーから販売されていますので、
是非一度試されてはいかがでしょうか?

 

なお、私はこの3つを楽器によって使い分けています。

 

D’Addario / EXL120+
 DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+

SIT / S9.544

 SIT STRINGS ( エスアイティストリングス ) / S9.544

 DR / HT9.5

 DR ( ディーアール ) / HT9.5

 
値段ですとD’Addarioがお買い得なので、大量にストックしていますが、
サウンドの質はDRが一番好みですし、チューニングの安定はSITという感じなので、
シーンや楽器によって使い分けています。

 

ということで、皆様も是非自分の理想の音と演奏性を目指して、
弦探しの旅をしてみてくださいね〜

 

それでは、今回はこんなところにしておきます^^

また次回の記事をお楽しみに〜

 

いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

***
挫折知らずのギター教室 ⇒ ギターの処方箋TAKAMURA
ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事

オススメ記事一覧 ⇒ ブログオススメ記事一覧
初心者に必要なすべてを、じっくり丁寧に解説! ⇒ ギターの処方箋-種-

究極の音作りバイブル「Sound Making Bible」 ⇒ Sound Making Bible

***
初心者110番【ギターの処方箋 FB】

Facebookページも宣伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2013 06.11

    すごい時代。

  2. 2013 09.03

    我がピック道

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。