ギターお手入れグッズ

この記事は2分で読めます

今日・・・・寒くない( – _ – メ 😉

そして、急じゃない(-“- )

治りかけの気管支炎に響くでしょ~がっ(#゚Д゚)!!!

・・・・・・・・・・すいません、大雨+寒さのあまり・・つい意味不明に取り乱してしましました。。

寒さのためか、気管支炎のためか、布団から中々抜け出すことの出来ないPerinco@本記事の大半は布団の中でiPod Touchで書いてます・・です、こんにちは。

さて、今日は「ギターのお手入れグッズ」の中でも、とっても重要な「クロス」について書いてみようと思います。

クロスってわかります?

「布」です。

以上。

・・・・冗談です。。。ちゃんと説明します。。。


まぁ、布は布なのですが、ギターをキレイに拭くことの出来る専用の布のことです。

で、その中にも種類がありまして、間違ったモノを使ってしまうと大切なギターの塗装をダメにしてしまったりするので、注意が必要なわけです。

ただ、難しく考えなくてもいいです。
このようにクロスの種類を覚えて下さい。

シリコン入り

シリコンなし

大別するとこの2種類になります。

で、どのギターにどれを使うかということですが、ギターの塗装には基本的に2種類あります。
※オイルフィニッシュというものもありますが、少数派なので今回は置いておきます(^^;

ラッカー塗装

ボリ塗装

で、各々の特徴なのですが、

ラッカー塗装はニトロセルロースラッカーを用いた塗装で、木が呼吸できるためギターの鳴りが良いと言われています。ただし、ゴムやシンナーで溶けてしまう性質があるため、管理に気を使います。
また、塗膜の硬化に時間がかかり手間がかかるので、比較的高価なギターに使われることが多いです。

次に、ポリ塗装ですが、

ポリウレタンの化学反応で塗膜を硬化させたもので、作業時間が短く、そしてシンナー程度では解けない非常に強固な塗装です。管理も簡単です。
安価帯~高価帯のどのギターにも広く使われています。

これが特徴なのですが、この特徴のため使用するクロスも変わります。

ということで、このように覚えておいて下さい。

ラッカー塗装・・・シリコンなしクロス

ポリ塗装・・・どちらでも可

です。

なんせギタースタンドのゴムの上に少しの間置いておくだけで、化学反応を起こして溶けてしまう程繊細なラッカー塗装ですから、シリコン入りのクロスを使うと「変色」してしまいます。

ですので、シリコンなしのモノを使わなければなりません。
・・ラッカー塗装のギターを持つと気を遣いますな・・・。

※私もラッカーのストラトを所有していますが、この知識がなかったため、購入して数日でギタースタンドのゴムとの化学変化でボディを少し溶かしてしまいました(泣)

その点、ポリ塗装の方は何も気にすることなく、より汚れのとりやすいシリコン入りを使用しても全く問題ありません。
また、ある程度雑に取り扱っても、塗装を傷つけることはないでしょう。

・・・ちなみに、繊細なラッカー塗装ですが、救世主がいます。

それは、

マイクロファイバークロス!!(ドラえもん風で)

これはかなり素晴らしく、シリコンを含んでいないにも関わらず、超極細繊維構造をしているため、ミクロの繊維が空気層を多く含み、汚れや手垢などを綺麗に拭き取ってしまうスグレモノなのです!!!

ちなみに、皆さんに現物の写真を見せようと思い、検索していたところ、こんなモノを発見してしまいました・・・

けいおん!

けいおん!全面プリント使用マイクロファイバー・ギタークロス

ファンにはたまらない一品なのでしょう( ̄ヘ ̄😉

画像を借用してしまったので、一応サイトをご紹介しておきます(^^;ご興味がある方はどーぞ。
コチラ

ということで、今日はギタークロスの豆知識でした♪
それでは、また次回をお楽しみに!!

ラッカー派もポリ派もクリックの質に差はございませんm(_ _)m

↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 私のサイクロンは多分廉価なポリなので、クロスは使い古した靴下です。
    あっ、ちゃんと洗ったあとで使ってます。

  2. >瑠璃葉さん
    洗ってない靴下だったら、スゴイですよね(^^;
    ワイルド過ぎです(笑)
    大爆笑させていただきました_( ̄∇ ̄)ノ彡☆バンバン!

    • OisoのYOさん
    • 2012年 9月23日

    Oisoから駆けつけますので言ってください。
    それはそうと、最近はマイコプラズマ肺炎とか百日咳とか
    ヤバめの病気も流行っておりますので、どうぞお気をつけください。
    貼るタイプの気管支拡張剤とか効きますよ。
    ということで、ギター初心者どころか触ったこともないド素人に出来る事といえば、あのボタンをピンポンダッシュすることくらい・・・
    押して帰ります(笑)

  3. >OisoのYOさんさん
    それは心強いっ!是非お願いします(笑)
    貼るタイプの気管支拡張剤も既に試し済み・・でも、まだ復活できずです。。
    是非、ピンポンダッシュよろしくお願いします(^^;

  4. 気管支炎。
    なかなかよくならないですね~。
    環境変化とかも起因してるのかな?
    けいおんグッズに触発されて
    まあ、ギターの上達には、、
    全く関係ないものを衝動買い
    してきました…。
    詳しくは私のブログ、にて。

  5. >瑠璃葉さん
    なかなか良くならないんです(T T)
    環境が変わることへのストレスかも・・と考えたりしています..
    ブログ、拝見させていただきました!
    連れて帰りたくなる気持ち、良くわかります(^^)

    • ぺちゃ
    • 2012年 9月24日

    お身体の方は大丈夫ですか?
    お手入れなんですが、オススメのポリッシュやレモンオイルとかあればブログのネタにお願いします。ピックなんかも硬さや形による音の違いなんかあるんですかね?

  6. >ぺちゃさん
    身体は少しずつ楽になってきました・・が、ここで気を抜くとぶり返しそうなので、安静にしておきます(^^;
    お手入れの記事ですね♪今度書いてみましょうか♫
    ピックは硬さで使い分けたりするくらい、音やプレイに影響しますよ(^^)
    それも今度記事にしてみますね!

  7. ほんと急に寒くなってきましたねー
    治るようにおとなしくしてます( ̄▽ ̄)?
    ふむふむ
    塗装を知らずに扱っておりましたが、溶けてないってことはポリなんですね♪
    よかったー
    そういった材質による違い的なお話たくさんお願いします!!

  8. >ファンにはたまらない一品なのでしょう( ̄ヘ ̄;)
     はい。 たまりません。
     買うと思います。
     でも、もったいなくて、私には使えないと思います。壁に張ると思います。
     あと、メンテナンスセットなるものを買ったのですが、(クリーナーとかオイルとか)
     
     『この製品はラッカー塗装のギターには使用しないでください。』
     しまった。なんてこった。よく見て買うんだった。
     ギタースタンド用の、もふもふしたカバーを
     買いました。
     『この製品は、数週間から数ヶ月間、
     ギターを置いたままにしないでください。』
     ……….なんだそりゃ。結局ダメなんじゃないか。
     とりあえず、意味もなく叫んでみました。
     唯~~~~~~~~~~~~~~~~っ

  9. >水星人さん
    治るように出来るだけ・・・おとなしくしてます・・・(;^ω^)
    ラッカーで特に溶けやすいのは塗装が安定しない6ヶ月間のようです。
    その後は同じ過ちを数度してしまいましたが、短時間だったことも手伝い、溶けてません♪
    ということで、そんなこんなでラッカーの線も捨てきれませんが、おそらくポリのようですね(^^)
    また、こういった話を記事にするようにしますね☆

  10. >Tuning Forkさん
    そーきましたか~(笑)
    叫ぶ台詞を予想できませんでした。。
    ちなみに、私も過去そういったグッズの失敗購入を何度もしたものです(T_T)
    ラッカーなのに、やっちゃうんですよね(苦笑)
    お互い、購入する際はよ~っく確認することにしましょう(笑)

  11. 音を一個一個ひくのが苦手なんですけど、どうすればいいですかね(ーー;)
    高校生です!

  12. >ばんぷんさん
    一個一個弾くというのがどういう状況か詳しく教えてもらえるとありがたいのですが、仮に間違って他の弦を弾いてしまうということであれば、右手を細かく動かす練習を意識しましょう。
    一番良い練習は、当ブログでも動画を載せている「クロマチック」の練習です。
    是非チャレンジしてみてくださいね(^^)
    上達の最短距離ですよ!!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。