ギターの機材

終わりなき歪みエフェクターの旅

更新日:

 

先日の記事にも書きましたが、
咳き込み具合がヤバメだったので病院に行ってまいりました。

医者「肺の左右で違うノイズが聴こえる(; ・`д・´) 」

私「どーいうことっすかっ!?」

医者「肺炎の可能性があったらどーする!?」

私「どーするって(゚Д゚≡゚Д゚)」

医者「レントゲン撮っちゃお!私についてきちゃって♫」

・・という、会話の後(リアルにこんな口調のダンディなお医者様でした)、
レントゲン撮影をしました。

結果、ヤバメの気管支炎と診断されました。

 

肺炎じゃなくって、本当に良かった・・ε=( ̄。 ̄;

 

でも、相変わらずゲホゲホやっている
Perinco@愛と勇気と病気だけが友達です、こんばんは。

 

さて、今日はエフェクターに興味がある方のために、
初めてのエフェクター選びをレクチャーしてみようと思います(^^)v

※学生さんも多くご覧下さっているので、軍資金が少ないという前提で書いてみます(^^)

 

まず、最初にコンパクトかマルチで悩まれますよね?

 

結論から・・・

エフェクターの勉強と割り切るならばマルチを購入し、
長く使い続けたいと思うならばコンパクトを購入されることをオススメします。

 

理由としましては、

 

マルチは多くのエフェクターが内臓されており、
いろんなエフェクターを「知る」という勉強になるから。

 

コンパクトは1万円程度出せばそれなりのクオリティーのものが手に入るので、
今後末永く使い続けることができるから。

 

では、マルチはずっと使い続けることができないのか?
・・・とギモンが浮かびますよね?

 

マルチでも5万円くらいのものであれば、
使い続けても恥ずかしくないクオリティーのものが多く存在しますし、
ラックマルチに至っては完全プロ仕様です
→ラックマルチとはこんなんです。

 

でも、軍資金が1~3万くらいだとしたら、
買えるマルチは必然的にクオリティーが若干劣るモノになってしまうわけです・・( ;´_ゝ`)


逆にコンパクトで1~3万円出せば、
かなり使える「良いサウンド」が手に入ります。


ですので、私がもし高校生だとして、
お年玉やバイトでコツコツ貯めたお金が3万あったとしたら、
こんな風に使うと思います。

 

ご参考までに。

 

歪み・・PROCO RAT 市場価格:¥7,000 ~ ¥10,000程度
※もしくは、BOSS Bluesdriver(ちょっとミーハーな感じですがド定番です)

 

空間系・・tc electronic Flashback Delay & Looper 市場価格:¥16,800


以上。

 

なぜ、歪みと空間系を買うのかと言いますと、
歪みだけ買っても奥行き感が出ず、演奏がかなりしっかりしていないと、
残念な感じになるし、最初のうちは弾いていて楽しく感じないからです。

 

で、よくありがちなのは・・・、その残念な感じの原因が解らず、

「この歪みエフェクターが悪いんだぁ~( ゚Д゚)ゴルァ!! 」

と、ハッドループに陥り、果てしない「歪みエフェクターの旅」に旅立って行くパターン(笑)
→パチンコにハマる人の感じです。。この台が悪いんじゃ~!的な(苦笑)


これじぁ、いくらあっても足りませんし、
結局素敵なサウンド作りも出来ないまま終わってしまいますので、
懸命な読者の皆さんは是非ヤメて下さい。。

 

どんな良い歪みがあっても、
それを立体的に演出してくれる空間エフェクターがなければダメなんです。

 

よく素人が聞きかじった情報を元に
「アン直(アンプチョク)がサイコーなんだぜ~っ、イエ~イ!」
とか言っちゃっていますが、片腹痛きことです。
(ちょっと攻撃的でスンマセン・・エフェクターのプロからすれば「君たち間違ってるよ~」と思ってしまう訳でして・・)

※良いアンプを持っていて、ちゃんとエンジニアさんがついていてくれるようなプロがこの台詞を言うならいいんです。
エンジニアさんがディレイやリバーブやコンプやらを後がけしてくれていますし、
そもそも使っているアンプも素晴らしいモノですし(; ̄ー ̄A

 

そこで、まず最初にオススメなのはディレイです。

よ~っく、好きな音源を聴いてみて下さい。

ソロには大抵ディレイがかかっているハズです(^^)
そして、そのディレイ効果(ヤマビコ効果)がソロを華やかに演出してくれているのです。

例えば↓

 

そして、この動画でもSteve Vaiが使用しているのが、
tc electronic製のエフェクターでして(上のラックエフェクターで紹介しているG-Forceという製品です)、
サウンド自体は似ていて、値段が安く買えるのがFlashback Delayなわけです。

ハッキリ言って十分過ぎる一生モノのクオリティーです(^^)

 

ということで、私なら歪み+空間系で揃えるだろーなーと思います。

3万円で結構なおつりが出ますし、結果長く使えるのでオススメな組み合わせですよ♪


それでは、参考にしていただいて、
楽しいエフェクター選びをして下さいね~!

ではまた次回☆

Perinco専用やる気ブースタースイッチ(; ̄ー ̄A

↓↓↓

  • この記事を書いた人

admin

-ギターの機材

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.