エフェクターの種類と効果

この記事は3分で読めます

今朝いつも通り出かけようとしてクツを履いたところ、生ぬるい感触が・・。

そう、昨日暴風雨の中びしょ濡れで帰宅したことを忘れていました。。

 

朝っぱらから裏切られた感全快のPerinco@被害妄想です、こんばんは!

 

・・あぁ、そうですよ、忘れていた私が全て悪ぅござんした(泣)

 

 

さて、昨日のTAB譜記号を書いていて思ったのですが、初心者の内は、エフェクターの効果についても漠然と知っているだけで、しっかりと理解できていないかもしれない!?と思い、本日は各エフェクターの効果をまとめてみることにしました。

 

ということで、是非覚えてみてくださいませ(^^)

 

※王道以外は割愛させていただきましたので、以下のものは基本的なものだとご理解下さいm(__)m

 

 

エフェクターの種類と効果

 

【歪み(ひずみ)系】

 

Overdrive(オーバードライブ)

 

チューブアンプ(真空管)が自然に歪んで作られるサウンドをシュミレーションしたエフェクター。

基本的にはDistortionに比べてきめが細かく、歪み量も押さえられており、ものによっては「甘いサウンド」などと言われるものもあります。

しかし製品によってはDistortion同等の歪み方をするものも存在しますので、どこまでがOverdriveか?という垣根がなくなってきている気がします。

 

Distortion(ディストーション)

 

Overdriveを更に過激に歪ませたエフェクター。

粗めのサウンドでハードロックやメタルなどに使われることが多いようです。

ただし、上記のOverdriveと同様、製品によってOverdrive的なサウンドのものもあり、「Distortion」と記載されているからといって、一概にサウンド定義を決め付けることは失敗の元(笑)

 

Fuzz(ファズ)

 

耳に痛いくらいに刺激的に歪ませることのできるエフェクター。

OverdriveDistortionのように自然に聴こえる歪みではなく、名前の通りかなり激しいサウンドが特徴。(「毛羽立った」という意味)

Fuzzのサウンドといえばやっぱりジミヘン(ジミ・ヘンドリックス)を想像してしまう私です。ちなみにジミが使っていたのは「FUZZ FACE」というものなので、興味のある方は調べてみてください。

 

 

【空間系】

 

空間系とは原音に広がりや奥行きを持たせる効果を生むエフェクターです。


代表的なのが、
ChorusDelayReverbでしょう。

 

 

Modulation(モジュレーション)系

 

モジュレーションとは「揺らし」のことです。


サウンドを揺らすことで独特なサウンドを生み出すエフェクターのことを総称してモジュレーション系と言います。

 

Chorus(コーラス)

 

「合唱」のことをコーラスと言ったりしますが、正にそんなイメージで原音に広がりをつけるエフェクターです。

実際は周波数を上下に揺らして広がりを作っていますので、「Speed<sp
an style=”font-size:10.0pt;font-family:”MS ゴシック”;mso-ascii-font-family:Arial;mso-hansi-font-family:Arial;mso-bidi-font-family:Arial”>」などの調整ツマミが搭載されています。

クリーンなアルペジオにかければ輝かしく広がりのあるサウンドになり、歪みサウンドに付加しても壮大な素敵サウンドになりますので、一家に一台的エフェクターでしょう(笑)

 

Flanger(フランジャー)

 

独特なうねりを作るエフェクター。

歪みサウンドに付加すると、俗に言う「ジェット機サウンド」を作ることが出来ます。

 

Tremolo(トレモロ)

 

ギターの奏法にもトレモロがあり、音を連続して小刻みに弾く奏法を言います。

エフェクターのトレモロも同じで、音を断続的に鳴らしてくれるものです。

 


残響系

 

Delay(ディレイ)

 

山彦効果というやつです。

音が遅れてリピートされるエフェクターなのですが、薄くかけることで奥行き感なども演出できます。

またギターソロなどで、歪みと組み合わせることで「CDで聴くような」ギターサウンドになります。

必ず持っておきたいエフェクターの一つです。

 

Reverb(リバーブ)

 

カラオケでいうところの「エコー」のような効果を得られるエフェクター。

カラオケでエコーが全くかかっていないと、奥行きのないなんとも心地悪い音になってしまいます。

ギターでも全く同じで、リバーブをかけることで、心地よく演奏することが可能になります。

ちなみにCDで聴くボーカル、ギター、鍵盤、ドラムといったほとんどの楽器にリバーブが施されています。

 

ということで、王道エフェクターのご紹介でした(^^)

 

それでは、今回はここまで。

また次回をお楽しみに!

 

是非一日ワンクリック運動にご協力を!
↓↓↓

こちらも是非クリックを!
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2011 12.04

    アンプのお話

  1. まだエフェクターは早いかなと思っていましたが、ちょっと興味が出てきました!
    全く関係のない話になるんですが、ギターの手入れはどのようにすればいいのでしょうか?

  2. >†蒲公英†さん
    是非、いろいろ研究してみて下さいね!
    エフェクターはとってもディープな世界なので楽しいですよ♪
    ちなみに私は普段ギターをクロスで拭くだけしかしていません。。
    でも弦までしっかり拭くことで、弦の寿命の伸びますし、指がひっかかるなどの演奏性低下に悩むこともだいぶ減りますよ(^^)
    あとは弦交換のタイミングで、ネックオイルなどでネックをケアしています!

    • haru
    • 2012年 4月4日

    今までの記事や説明よりも一番わかり易いです!
    意味と使い方が合致してるのは、リバーブくらいですが・・(^。^;)
    ディストーションは、一番聴きなれたジャンルなのでイメージは広がりやすいですね。
    オーバードライブは、良く出てくる用語なので基本系みたいなものなんですかね?
    音のイメージはあんまり浮かばないですが。
    トレモロ・・・・良く、ギターにトレモロがついてるとか書いてるじゃないですか?
    どう解釈したらいいですか?
    勉強になりました。

  3. >haruさん
    そう言っていただけると嬉しいです!!!
    オーバードライブというのは、「元祖」歪みなわけです。
    本来「歪み」は悪いものだったのですが(アンプに過大入力をしてしまった際に発生するノイズと捉えられていました)、それが「カッコイイ」と思われ始めたところから始まったわけです。
    エフェクターで言うところのオーバードライブは「そのサウンド」を再現したものなのです。
    トレモロは和訳すると「揺らす」という意味で、ギターについているトレモロユニットは正に「揺らすため」についているわけです。
    ご参考までに(^^)

  4. けいおんの歌詞の謎が解けていく…笑
    楽譜の読み方の続きも、楽しみにしてます!!

  5. プロコのラット2の使い方がいまいちわからないんですが…
    ラットは やっぱりオーバードライブ寄りでしょうか?

  6. >\ 彩 奈 /さん
    そうなんですね!
    けいおんの歌詞をしっかり聴いたことがなかったんです、今度聴いてみます♪
    楽譜の読み方も近々upしますね!!

  7. >GT拓人さん
    RATはDistortion寄りな気がします。
    ちなみにRATはブースター代わりに使うことも出来るので、Distortionの枠を飛び越えているイメージはありますね(^^)
    私も長年愛用しております。
    かなり古いものですが・・

  8. 参考になりました!!

  9. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    ありがとうございますm(_ _)m
    僕もブースターとして使ってみます♪

  10. >かぐやさん
    良かったです♪
    是非、素敵なエフェクターに出会って下さいね(^^)

  11. >GT拓人さん
    クリーンなサウンドを作る際に少しRATでブーストすると、暖かいチューブアンプみたいなサウンドを作ることも出来ますよ(^^)

  12. 質問です!
    今度初めてエフェクター買おうと思ってるんですが…
    中古でも充分初心者には使えますか?
    あとオーバードライブが初心者むけって聞いたんですが…初心者はオーバードライブから買ったほうがいいんですか?
    長々とすみません(;ω;)

  13. >☆akur☆さん
    新品、中古を問わず、「何を買うか」がポイントです。
    初心者だからと言って初心者用みたいな超安価なモノを選ぶことは避けましょう。
    せっかく耳を肥やすチャンスを棒に振ってしまいますので。
    ちなみに今は中古でもしっかりした楽器店で購入すれば独自の保証をつけてくれるので、安心して良いでしょう(^^)
    ちなみにオーバードライブは別に初心者向けというわけではなく、逆にディストーションの方が初心者には「ぽい音」に感じる場合が多いかもしれません。
    ただし、ニュアンスを出せるギタリストになりたいのであれば、ちょっと良いオーバードライブを自分の耳で確かめて購入することを強くオススメします!
    何にしても「自分が出したいサウンド」をしっかり店員さんに伝えて、『何を買うか』を決めると良いと思いますよ(^^)

  14. 質問なんですが
    持っといた方がいいエフェクターってのありますか?
    全部そろえられればいいんですが学生なのでそんなにお金がないので(^-^;
    一応オーバードライブは持っています。

  15. >HIToMI♂さん
    コンパクトで最低限持っておきたいものをお答えしておきますと、
    歪みを1~2台
    Delayを1台
    出来ればChorusを一台
    でしょうか。
    余裕があればワウペダルやリバーブ等も持っているにこしたことはないのですが、散財してしまっては生活に支障を来すのでお気をつけあれ(^^;
    ちなみに私の高校時代の所有エフェクターは、
    オーバードライブ+ディストーション+安いマルチエフェクター(空間系のみで使用)
    です♪
    ご参考までに☆

  16. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    なるほど!
    ありがとうございます(>_<)

  17. コンパクトでわかりやすいです(^O^)
    いつかアンプシミュレーターの記事もお願いします♪
    アンプシミュレーターとエフェクター、どちらか一つ買うならどちらがいいですか?

  18. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    わかりました!
    自分が好きな音がつくれるように頑張ります!
    ありがとうございました(>_<)

  19. >ぱわぬさん
    ありがとうございます☆
    アンプシュミレーターの記事もアリですね♪
    さてさて、アンシュミかエフェクターのどちらかということですが、まずは「何をしたいか」がポイントになりますね。
    例えば、レコーディングやヘッドホンでの練習をメインに考えるならアンプシュミレーターが良いでしょうし、ライブやスタジオでの音だしがメインならエフェクターになるでしょう。
    私の個人的意見としては、擬似的にサウンドを作っている「アンプシュミレーター」よりも、本物のサウンドである「エフェクター」を選んだ方が耳を肥やせると思いますよ(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。