ギターの機材

エフェクターのお話 -歪み編-

更新日:

こんにちは!

今日は前回に引き続きエフェクターのお話しをしようかなと思います。

本日のお題は「歪み」系でございます!

おそらくエフェクターの中でも一番人気があるのが、この「歪み系」かと思うのですが、読み方を間違えている人を稀に見かけるので、ここで再確認いたしましょう!


(正)ひずみ

(誤)ゆがみ 但し、気持ちはわかるっ!

ここを間違えると、気まずい空気が流れるシステムになっていますので(笑)ご注意ください♪

さて、それでは本題いってみましょう!

歪みというのはご存知の通り、ロックっぽい「ジョー」って音のヤツです(苦笑)
→「あんた語彙少ないよねぇ~」というツッコミは自分でもわかっているので却下の方向で。

そんな歪みですが、空間系と違って世の中には星の数ほど存在しています。

なぜそんなに数があるのか?

・・ということなのですが、ギタリストによって好みが大きく分かれるのが歪みだからだと思います。

そのため、歪みエフェクター探しはギタリストにとって永遠のテーマとも言えます。

是非、お気に入りの一台を見つけて下さいね☆

ちなみにオーバードライブとディストーションが基本的な歪み系なのですが、違いってなんなんでしょう。

オーバードライブ・・・名前の通り、真空管アンプの増幅率を思いっきり上げていった際に自然に得られる歪み。その自然さから「きめの細かい歪み」などと言われますね。
エフェクターのオーバードライブはそれを再現したものということになります。

ディストーション・・・オーバードライブより激しい歪み。オーバードライブと比較すると「荒い歪み」となっていることが多いです。モノによりますが。。

それでは、本日は参考までに私の所有している歪みをご紹介いたします♪

アンプはもちろん「JC-120」です(笑)

注1)アンプ搭載エフェクトは全く使っておらず、EQは全て12時設定です。
注2)リバーブのみ外部エフェクターをSend/Returnに繋げて使っています。

オーバードライブ編

■tanabe.tv 禅駆動

このエフェクターが一番のお気に入りです。
というか、これがないと本当に困ってしまう程の「私の武器」です♪

とってもクリーミーなサウンドのオーバードライブですが、かなりシビアなエフェクターですので、演奏の粗もバレバレになってしまう恐ろしいエフェクターです。
でも、ピッキングニュアンス出まくりで、最高なのです(笑)

また完全オーダーメイドなので、通常の楽器店では手に入りません。。
欲しい方は下記サイトから田辺さんご本人にご注文下さいm(_ _)m

tanabe.tv


■sobbat DRIVE Breaker

Made in Japanのエフェクターです。
しかも京都製!・・「しかも」の意味が不明ですいません。。

これは私が学生時代にオーバードライブの中でも歪みが強いものが欲しくて入手したものです。
先ほどの禅駆動と比べて歪みが強いのが感じられるかと思います。

ディストーション編

■PROCO RAT

定番中の定番ディストーションですね♪

犬も歩けばRATに当るという諺があるように(嘘)、結構持っている人多いです!

それぐらい「使える」ディストーションということなんでしょう。

私の場合、普段は歪みとして使うよりもDistortionツマミを絞ってBooster代わりに使うことの方が多いですね。

***

以上、いかがでしたか?

・・えっ?ディストーション編はなんでRATだけなのって?

そっ、それは、、、、、

持ってないからですっ!!(キッパリ)

ごめんなさい、私は基本的にオーバードライブ大好きっ子でディストーションはほとんど所有してないんです。。
買ったら紹介するので許して下さいまし(泣

  • この記事を書いた人

admin

-ギターの機材

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.