ギターの座学 ギターの練習

採譜しようぜ!

投稿日:

いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

今年もやっぱり発表ライブのアレコレに忙殺されております・・。

 

本当にやることがたくさんです。
通常レッスンもそうなのですが、特に大変なのは採譜です。


楽譜って、市販されているものばかりではないので、なければ耳コピして作らなければならないのです。。

まぁ、全ては自分の糧になると思ってやっているんですが、これが意外と時間がかかるんです^^;

作り出しちゃうと、体裁をどうしようかとか、楽譜のフォントをどうしようかたとか・・、凝り性の私は余計な部分に力を注ぎ始めちゃうわけです・・。

 

そして、気づけば半日くらい平気で過ぎてしまっていたりするんですよね・・(苦笑)

 

ということなので、凝り性の人には向かない作業なのかもしれません・・。

 

 

ちなみに、こういった採譜作業を日常的に行っていると、音楽的能力が飛躍的にアップするんですよ^^

 

だから、演奏したい曲の楽譜が市販されていなかったら、「ラッキー!」と思って採譜にチャレンジしてみてくださいね!

 

 

ちなみに、採譜を始めるとぶち当たる壁があります。

 

それは、弾いたことのないテクニックやジャンルが出てくると、自分に引き出しがないので、再現できない

 

という問題です。

 

 

例えば、英語学習などの語学でも同じことが言えると思うんですが、知らない単語は聞き取れないし、理解できませんよね?

 

あの感覚です。

 

ですので、私が学生時代に行っていたのは、これから耳コピしようと思っている楽曲に該当する音楽ジャンル・・例えばロックだったらロックのテクニック、ファンクだったらファンクのテクニックや奏法を、教則本を使ったり、ギター教室の先生にお願いして習うということでした。

 

そうすると、最初は??だったのに、自分の中にそのジャンルの引き出しが少しできますから、音源を聴いたときに「聴こえる」ようになるんです。

 

そうなればしめたもので、あとは時間はかかるかもしれませんが、じっくり採譜していくのみです。

 

そして、こういう積み重ねを繰り返していくことで、大体のものが耳コピできるようになっていくわけですね。

 

ちなみに、私も未だに不慣れなジャンルですと、「どうやってこの音出すの??」ってなることはありますよ(汗)

 

ということで、採譜時の参考にしてもらえたら幸いですm(_ _)m

 

 

それでは、今日はこのへんで!
もしお時間がありましたら、11月7日に江ノ島まで遊びにきてくださいね〜^^

発表ライブ詳細

 
では、また次回をお楽しみに〜

 

いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

***
ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事

オススメ記事一覧 ⇒ ブログオススメ記事一覧
無料メール講座 ⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者に必要なすべてを、じっくり丁寧に解説! ⇒ ギターの処方箋-種-

究極の音作りバイブル「Sound Making Bible」 ⇒ Sound Making Bible

***
初心者110番【ギターの処方箋 FB】

Facebookページも宣伝

-ギターの座学, ギターの練習

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.