ギターの座学

おすすめギター上達法!!

更新日:

いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
オススメ記事一覧 ⇒ ブログオススメ記事一覧
無料メール講座 ⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者に必要なすべてを、じっくり丁寧に解説!
ギターの処方箋-種-

究極の音作りバイブル「Sound Making Bible」 ⇒ Sound Making Bible

***


今日はオススメのギター上達法について書いてみようと思います。

それは・・・、

TAB譜を作れ!

です。

どういうことかと言いますと、

せっかく学んでいるスケールや運指パターンを活かすため、また、それらをより深く理解するために、市販の楽譜に記載されているTAB譜通りに弾くのではなく、自分に合ったより弾きやすいポジションに書き直そう・・ということです。

ちなみに、スコアなどの市販の楽譜のTAB譜に「違和感」を覚えたことってありませんか?

「なんか弾きにくい・・・Σ ̄▽ ̄;」

って。

もちろん音は合っているのですが、何だか弾きにくい・・。
※間違っていることもあります・・(汗)

これは、ポジションが不自然だったり(効率的でなかったり)、手の小さい人には困難な運指ポジションだったりすることが原因です。

まぁ、こればっかりは全員が満足できるものはどうやっても作れませんので仕方ないわけですが、

その記載のみを鵜呑みにしてしまって、自らの成長を妨げてしまってはもったいないですよね。

ということで、書き直しましょう!!

譜面を書く練習にもなりますし、スコアのように他のパートが記載されているものの場合、ギターパートだけ切り出してコンパクトにすることにもなるので、良いことだらけですよ♪

ということで、今練習されている曲から始められてはいかがでしょうか?

それでは、今日はこのへんで。
また次回をお楽しみに〜

いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・厳選!オススメギターグッズはコチラ
初心者110番【ギターの処方箋 FB】

Facebookページも宣伝

  • この記事を書いた人

高村 尚平(Perinco)

ギターの処方箋TAKAMURA代表。ギターや音楽を通じて、一人でも多くの人の人生をワクワクに満ちたものにしたい!と本気で思って活動しています^^

-ギターの座学

Copyright© ギターの処方箋 , 2019 All Rights Reserved.