ギターの哲学

挫折しないでギターが上達する方法!?

更新日:


いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
オススメ記事一覧 ⇒ ブログオススメ記事一覧
無料メール講座 ⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者に必要なすべてを、じっくり丁寧に解説!
ギターの処方箋-種-

究極の音作りバイブル「Sound Making Bible」 ⇒ Sound Making Bible

***

今日は私の活動の原点に立ち戻り、

挫折しないで上達する方法

についてお話ししてみようと思います。

それでは、さっそく挫折しやすい人の典型パターンをいくつか挙げてみようと思います。

・コードを覚えて、ひたすら曲の練習のみを行う。

・派手なテクニックをすぐ覚えたい。

・すぐに結果が出ないと嫌だ。

もしこれらに当てはまっていると感じたなら要注意です(笑)

まず、コードから入ると半数が挫折します(キッパリ)!

これには根拠があるのです。

はじめたての初心者の方に1弦のみを人差し指で1フレット、中指で2フレット、薬指で3フレット、小指で4フレットと順番に押さえていってもらうと・・
※押さえた指は全て離さずにです。

多くの場合、3、4フレットで音色が怪しくなります。

もちろんどの弦で同じことをしてもらっても同じです。

つまり、何が言いたいのかというと、

1本の弦のコントロールもままならない状態で、複数の弦を押さえなければならない「コード」がちゃんと弾けるわけがない!

ということです。

もちろん体育会系な感じで、ひたすらコードワークのみを練習して習得してしまった人もいるわけですが、よく聞くと鳴っていない弦があったり、変な音程で鳴っていたりします(汗)

次に「派手なテクニックをすぐ覚えたがる」タイプについてですが、

簡単に言えば、タッピング奏法(ライトハンド奏法)などの斬新なプレイをすぐにやりたがるということです。

アコギなら、押○さんのように「叩く」ようなプレイなどから始めてしまうパターンですね・・(笑)

もちろん目の覚めるようなこれらのテクニックに憧れる気持ちは分かりますし、実際に私もそういった憧れはありましたが・・、

ここから入ってしまうと、逆に遠回りになってしまうと思うんです。

実はこういったプレイも、結局は基礎の応用であって、基礎を固めていけば、自ずと応用を少し学ぶことで演奏できるようになるものです。

でも、ここから入ってしまうと、(仮に何となく出来たとしても)他に応用のきかないものになってしまいます。

であれば、全てに応用のきく基礎から手を付けた方が断然結果は良いと私は考えるわけです。

ですので、もし当てはまるようであれば、今後は基礎にもしっかりフォーカスして練習された方が、結局のところ近道になると思います^^

最後に、「すぐに結果が出ないと嫌だ」というタイプについてですが、

まず、大前提として、

ギターの上達は1ヶ月程度で完成するものではありません!

ですから、1ヶ月頑張って「一曲も弾けない・・(涙)」と
嘆く必要はないということです(^^)

そもそも、一ヶ月程度で弾けるようになってしまうような底の浅い楽器であれば、これだけ多くの人を魅了してこなかったと思います。

ですから、結果を急がず、一生かけてつき合って行くくらいの
気持ちでいると良いと思います。

弾けば弾くほど、知れば知るほど本当に奥の深い楽器ですので、じっくりゆっくり向き合っていった方が、いろんな表情を楽しめると思いますよ!

ちなみに、大きく上達を実感出来るまでには、半年~1年は最低でもかかると思いますから、焦らずに楽しんで行って下さいね!

ということで、一つでも多く「挫折の素」を排除して、楽しいギターライフをお送りください!

それでは、少し説教くさい投稿になってしまいましたが(オッサンなのでご容赦ください・・汗)、今日はこのへんで。

また次回をお楽しみに!

いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・厳選!オススメギターグッズはコチラ
初心者110番【ギターの処方箋 FB】

Facebookページも宣伝

  • この記事を書いた人

高村 尚平(Perinco)

ギターの処方箋TAKAMURA代表。人生を遊び尽くす!をテーマに、大好きなギターのことや、その時々に話ししたいと思ったことを何でも発信しちゃいます(笑)

-ギターの哲学

Copyright© ギターの処方箋 , 2019 All Rights Reserved.