ギターの哲学 ギターの練習

一音にかけろ!

投稿日:

いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
オススメ記事一覧 ⇒ ブログオススメ記事一覧
無料メール講座 ⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者に必要なすべてを、じっくり丁寧に解説! ⇒ ギターの処方箋-種-

究極の音作りバイブル「Sound Making Bible」 ⇒ Sound Making Bible

***

 

今日は「音」についてお話ししてみようと思います。

 


これはレッスンや教材の中でもよく話している内容なのですが、「音楽の最小単位」というお話です。

さて、いきなりですが、ここで質問です。


音楽を分割していった最小単位とは何でしょうか?


せっかくなので、ちょっと考えてみて下さいね^^ 

 

 

 

 

答えは・・・・・・・、
  
「一つの音」です。

当たり前といえば当たり前ですが(苦笑) 

 

 

そのため、私はこのように考えるようにしています。
良い音楽の最小単位も「一つの良い音」であると。
そして、良い音楽とは、良い一音の集合体であると。

 

 

ということで、初心者ギタリストにまず取り組んでいただきたいのが、「良い一音」を出すということです。

 
ちなみに、エレキギターにおける良い一音の要素には、

 

・適度な押弦力
・適度なピッキング
・最適な機材設定

 

などがあります。

 

※もちろん音の切り方なども重要ですが、ここでは音にだけフォーカスして話しているので、割愛させていただいております。
その一音を良くするために、「正しいフォーム」を身につけたり、ブログで何度も記事にしている「基礎練習」を利用するわけですね^^
正しいフォームで基礎練習をすることで、どのポジションでも「良い一音」が出せるようになります。
当たり前ですが、「一音」が雑だと雑な音楽にしかなりませんので、必ず一音に意識を向けるようにして下さいね。
速く弾くことに集中し過ぎて、一音を軽んじている人を結構多く見かけますので、ギターを始めたばかりの方はご注意くださいませ・・^^;

 
ということで、どんな練習の時でも「音楽的な良い一音」を出すように意識してみてくださいね!
それでは、今日はこのへんで。
また次回をお楽しみに〜

 

いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・厳選!オススメギターグッズはコチラ
初心者110番【ギターの処方箋 FB】

Facebookページも宣伝

-ギターの哲学, ギターの練習

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.