ギターの哲学

そのフレーズ、歌っていますか!?

投稿日:

いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
オススメ記事一覧 ⇒ ブログオススメ記事一覧
無料メール講座 ⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者に必要なすべてを、じっくり丁寧に解説! ⇒ ギターの処方箋-種-

究極の音作りバイブル「Sound Making Bible」 ⇒ Sound Making Bible

***

こんばんは。

 

明らかに更新頻度落ちてきているような気がする今日この頃なのですが、仕事がたまっているだけでなく、今後もっと楽しい発信ができるようにと、脳みそに汗をかきながらアイデアをまとめていますので、今後を楽しみにしていてただきたいわけです^^;

 

 

さて、前置きはこのへんにして、
今日は、「少し上達したときに陥りがちなこと」というテーマで書いてみようと思います。

 

それは、「楽譜通り弾くだけ」になっていないか?

・・ということです。

 

 

どんな速弾きだろうと、どんなに洒落たフレーズだろうと、やっていることは「音楽」だということを、忘れないで!という話です。

 

少し指が動くようになってくると、多くの場合、「速い演奏」や「派手なテクニック」「目立つフレーズ」にばかり目がいくようになってしまいます。

 

そして、本来大切なものを見失ってしまっている人をよく見ます。

 

実際、ほとんどのギター初級者~中級者がそうなります。

 

これは弾いているジャンルに関係なく陥ることですので、「俺は○○を弾いているから関係ない」なんて思わないで下さいね(^^;

 

 

例えば、あなたが演奏しているのがジャズだったとして、

 

どんなに素晴らしい内容のアドリブがとれたとしても、そのフレーズが棒読みっぽかったら、つまらないアドリブだと評価されてしまいます。

 

これでは、残念ながら音楽をやっていると言えませんね(^^;

 

やっているのは「音楽」だということを忘れてほしくないんです。

 

 

ですので、常に「音楽をやっている」という意識を念頭に持ちつつ、歌心のある演奏をしていただきたいと強く思うのです。

 

ちなみに、歴史に名を残しているギタリストの中には、トリッキーなプレイをしない人も多数います。


こういうギタリストを見て、「全然凄くないじゃん!」などと言っている内は、上記の状態に陥っている可能性が高いかもしれませんよ(苦笑)

 

こういうレジェンド達の演奏は、指がどんなに動いても真似できない「歌い方」があり、個性的です。

 

それは、どんなに速いプレイが弾けるよりも、トリッキーなテクニックを身につけることよりも「難しいこと」なんだと私は思っています。

 

だって、速いプレイや派手なテクニックは、しっかりと練習してさえいれば必ず身に付きますが、ギターを歌わせることは、ただ練習するだけでは身に付かないからです。

 

 

ですから、

 

素晴らしい音楽をとにかく沢山聴くこと。

 

レジェンド達の演奏を分析してみること。

 

常に歌わせることに意識を向けること。

 

 

・・それが一番大事です(笑)

 

 

ということで、先日話したビブラート然り、派手なテクニックだけに踊らされずに、音楽的な演奏をすることに意識を向けて下さいね!

 

以上、またもや説教くさい記事になりました(苦笑)

 

それでは、今日はこのへんで。
また次回をお楽しみに〜

 

いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・厳選!オススメギターグッズはコチラ
初心者110番【ギターの処方箋 FB】

Facebookページも宣伝

-ギターの哲学

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.