ギターの座学

コードの作り方〜その4〜

投稿日:

****************************************
いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
オススメ記事一覧 ⇒ ブログオススメ記事一覧
無料メール講座 ⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者に必要なすべてを、じっくり丁寧に解説!
ギターの処方箋-種-

究極の音作りバイブル「Sound Making Bible」 ⇒ Sound Making Bible
****************************************

さて、今日は先日お話ししました「魔法の図」の応用について、少しお話ししてみようと思います。

尚、今日の画像に再度「魔法の図」をアップしますので、ご覧くださいね^^

さて、この図の中にある「R」というのは、「Root(ルート/根音)」のことだよ~というお話しをしましたが、

この図ではこれが「C(ド)」に位置しています。

従って、この魔法の図は「Cのコードの導き方」を表しているということなんです。

勘の良い方はすでにピンときているかもしれませんが、全体的に右方向にずらして行くと、当たり前ですが、Rの位置もずれていき・・・、

そのRが示している音が、例えば、2フレット横ならレ(D)の音になり、なんと「Dのコードを導き出す魔法の図」に早変わりしてくれるのです!!

念のため、1フレットずつずらしていった際の魔法の図の名称を書いてみますと・・、

Cのコードを導き出す魔法の図(図のまま)

C♯のコードを導き出す魔法の図

Dのコードを導き出す魔法の図

D♯のコードを導き出す魔法の図

Eのコードを導き出す魔法の図

Fのコードを導き出す魔法の図

F♯のコードを導き出す魔法の図

Gのコードを導き出す魔法の図

G♯のコードを導き出す魔法の図

Aのコードを導き出す魔法の図

A♯のコードを導き出す魔法の図

Bのコードを導き出す魔法の図

・・というように、ずらしていくだけで全てのRootに対応した「魔法の図」に早変わりしてくれます!

これが、先日お話ししました鍵盤楽器にはないギターの強みなんですよね♪

ずらすだけで、同じ形のまま全てのコードに応用出来てしまうのですから^^

ですから、無理してCmを覚えてDmを覚えてEmを覚えて・・・みたいなことをする必要はなくって、まず一つ、「C」だけでいろんな種類のコード作りに挑戦してみてください。

そして、慣れてきたら、そのままポジションをずらしていきましょう。

すると、最初に書いたように、Cのポジションから2フレットずらせばDですし、更に2フレット分ずらせばEになってくれますよ♪

尚、初心者の内に必要なコードは、この図を使って導き出せるものだけで十分だと私は思っています。

ここにないコードが出てきたら、最初のうちは個別に対応したら良いかと思います(dim、augとかadd9みたいなものは、ジャンルにもよりますが、頻度は高くないので、イレギュラーなケースと割り切ってしまって良いかと思います)。

ということで、是非この図を使っていろいろ実験して、いろんなポジションでコードを導き出せるようになってくださいね^^

ゲーム感覚でパズルのように組み合わせていく中で、いろんな発見があると思いますよ!

それでは、今日はこのへんで。

また次回をお楽しみに〜


いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・厳選!オススメギターグッズはコチラ
初心者110番【ギターの処方箋 FB】

Facebookページも宣伝

  • この記事を書いた人

高村 尚平(Perinco)

ギターの処方箋TAKAMURA代表。好きなことに全力で取り組むことが、人生を最大限輝かせる鍵になる・・という理念のもと、大好きなギターのお役立ち情報や日々考えることなどを発信しています。

-ギターの座学

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.