演奏フォーム改善のススメ

この記事は2分で読めます

**************************************
いつもクリックいただき、本当にありがとうございます!
↓↓↓

無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者でも安心して上達出来る教材ならコチラ ⇒ ギターの処方箋-種-
ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事 **************************************

突然ですが、ギターを弾く時ってどんなフォームで弾いていますか?
何か意識していることはありますか?

ということで、今回はギターを弾くときのフォームについて書いてみようと思います。

さて、ギターの上達に必要な条件は多々ありますが、その中でも一番大切といっても過言でないのが、「フォーム(構え方)」です。

例えば、どんなに基礎に裏打ちされた正しいフィンガリングやピッキングが出来たとしても、そもそもギターの構え方がおかしかったら、それらの技術も宝の持ち腐れとなってしまいます。

また、構え方が不自然だと、肩が凝ったり、手が痛くなったり、場合によっては頭痛を起こしたり・・と、多くの問題が発生してしまいます。

ということで、今回は実際にギターを持って、ご自身のフォームをチェックする機会にしていただければと思うのです。
意外と無理なフォームで演奏しているかもしれませんよ〜。

さて、まずは正面から見た場合ですが、問題なのはこのタイプです。。

極端にやってみましたが、これに近い人を実際よく見かけます。
要するに、ネックが斜めに落ちているということです。

こうなると、ネックの角度に合わせて体を不自然に曲げなければならず、場合によっては手首の角度でなんとかしようとしてしまい、大きな負担をかけてしまいます。

結果、指もスムーズに動きませんから、デメリットだらけと言えます。

では、どうしたらよいのでしょう??

こうなります。

ネックを気持ち上に上げるような形にすれば、腕や手首への負担が少なくなり、結果、演奏性も上がるのです!

さて、続きまして、上から見たところですが、この写真の構え方は正しいでしょうか?
それとも、間違っているでしょうか?

実際にご自身でギターを持って、写真と比べてみて下さい。

答えは・・・、

間違っているとまでは言わないけど、ずっとこれで弾いているとたぶん疲れるよ(汗)

です。

どういうことかと言いますと、この姿勢の場合、ギターのボディが体に密着しているため、腕をかなり曲げないと演奏し辛いのです。そして、腕をかなり曲げるということは、肩が張ることになるのです。

それが長期間続くと慢性的な肩こりに繋がり、ギターを弾くのが辛く感じるようになってきてしまうのです。

では、一体どういうフォームを心がければ良いのでしょうか?

腕を曲げることで肩が張るから辛いわけですから、腕の曲げ方を緩め、肩が張らないようにすればいいんです。

つまり・・・

このようにネックを少し前に出すということです。

こうすると、体とネックにスペースが出来るため、自由に腕を動かせるようになりますし(演奏性が向上する)、腕の角度からくる肩の張りも完全になくなります。

本当に良いことだらけなんですよ(^^)

ですので、もしギターを弾いて肩や首に違和感を覚えるようでしたら、是非このフォームを実戦してみて下さいね!

ということで、フォーム改善のススメでした!
それでは、次回もお楽しみに〜!

清きワンクリックをm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・オススメ教材はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座

・厳選!オススメギターグッズはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 百橋
    • 2014年 2月16日

     「ネックを少し前に」が良いんですね、知らなかった!

     正面から見た時のフォームは演奏動画などを観てみると、「だいたいこんなもんだろうな~」というのが分かりますが、上から見た場合のフォームって素人目にはなかなか分からないんですよね。上から動画撮る人ってなかなか居ませんし…。

      • perinco
      • 2014年 2月18日

      >百橋さん

      私が長年研究した中で、このフォームが一番無理なく長時間演奏可能なものだと思っています(^^)
      このフォームで長年悩んでいた肩こりを解消された生徒さんもいらっしゃるので、効果有りだと思いますよ♪

      確かに上かの動画や画像を撮る人ってあまりいませんよね(^^;
      今後作成する動画や画像は、その点も考慮していこうと思います!

    • マル
    • 2014年 2月16日

    基礎練習の時も立ってやってますが

    中々一音が鈍いですね^_^;

    特にプリングする時に手首が動いてしまうのでリズムが悪く聴こえてしまいます(苦笑)

    前にも書かれてた立って弾くのは別の技術の一つの意味が分かりますね

      • perinco
      • 2014年 2月18日

      >マルさん

      座りと立ちだと演奏性に大きな違いがありますよね!

      座って弾けるようになった曲は、立っても同じクオリティで演奏できるようにすると良いと思いますよ!

    • YNO
    • 2014年 3月2日

    もう3月ですね。

    速いものです(^^;

    今の時代はロック系ですと、海外の影響か、低く構える方が多いですよね。

    私はジャズ、フュージョン系の方並に高い位置で弾いています。

    最近、「固い、鋭いハードロックのような音出すにはどうしたら……」と思っていたのですが、

    いくら歪ませるか、音が太いギターを使うか、よりも

    改めて、奏者の力が大きいのだと実感致しました。

    相変わらず上達が進まない私ですが、音楽は楽しいですね(*^^*)

      • perinco
      • 2014年 3月3日

      >YNOさん

      もう今年に入って丸2ヶ月経ったんですね!
      アッという間でした(汗)

      私も比較的高めにギターを構える方です(^^)

      お互い音楽を楽しみましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。