リズム感を良くするために。

この記事は2分で読めます

**************************************
今日も押してくれる貴方が好きです☆
↓↓↓

******************************
********

今日は月曜日・・・世間では地獄の週始めとして忌み嫌われているわけですが、私の教室「ギターの処方箋TAKAMURA」は定休日なので、私はお休みをいただいております・・・申し訳ない(汗)

えっ、ブログ書いてるじゃん・・って?

はい、前日の夜中に書いております(苦笑)

なので、おそらく現在はまだ夢の中かと思われます・・・。

と、意味不明に敵を増やしたところで、さっそく今日の本題にまいりましょう(苦笑)

さて、皆さまはリズム強化法として取り組んでいることって何かありますか?

今日は地道だけど確実なリズム強化法をご紹介しようと思います。

それは・・・、

とにかくゆっくりなテンポで練習することです。

経験がある方もいらっしゃると思いますが、速いテンポに「なんとなく」合わせるのは、実は意外と簡単です。

ところが、ゆっくりなテンポに合わせるのって、案外難しいんです。
これはやってみるとよく分かります。

で、もしアナタが、メトロノームに合わせて演奏することができているのに、バンドメンバーや周りのミュージシャンから、

「なんかリズム悪くない?」

なんて言われることがあるようでしたら、特にこの方法を試してほしいんです。

この症状は、誤摩化して「なんとなく」合わせていることで「リズムにのれていない」状況になってしまっていることが原因です。

メトロームを常に早く設定してしまうと、こういう問題が起きて来るわけです。

で、こういった状況を解消するのが今回の練習方法なのです。

とにかく、ゆっくりに鳴らしたメトロノームに合わせてピッタリと演奏出来るように練習してみて下さい。

そして、その練習を一日に最低一回は録音し、聴くようにしてみて下さい。

で、この練習を続けていくと、次第に演奏にノリが出て来ていることに気づけると思います。
注)録音してみないと変化に気づけませんので、必ず録音して聴くようにしましょう!

まとめますと・・、

まずはかなりゆっくりなテンポをメトロノームで鳴らします。

そして、基礎練パターンや習得中の楽曲などを練習しましょう。

これだけです。

最初は誤摩化しのきかないテンポに焦ると思いますが、モノにしてさえしまえば確実にリズム感が増します。

そして、これが出来るようになると、早いテンポで演奏しても、その「ノリ」が保てるようになります。

この頃になると、バンドメンバーから、

なんか最近すごく上達したよな!

・・なんて言われるようになるわけです(^^)

ということで、是非「ゆっくりテンポ」で練習することを心がけましょう!!

以上、音作りセミナーの動画編集に難航しており、結局寝られずに朝を迎えてしまったPerincoがお届けいたしました(涙)

リズムに合わせてクリックしてみましょう(笑)
↓↓↓

・オススメ記事一覧はコチラ
・オススメ教材はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
・厳選!オススメギターグッズはコチラ

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 04.02

    爪について

  1. なるほど
    遠回りが近道となるわけですね
    お疲れさまでした

  2. やはり遅くした方がメトロノームとの格闘する事が多くなりますね(笑)
    クロスマッチやっててもピッキングの粒が微妙に違ってたりとか分かりますので∑(゚Д゚)

  3. 今の自分にとってタイムリーな記事ですごく身に染みて感じました)^o^(
    やはりメトロノームはマストアイテムですね、あると無いのでは意気込みも違うし専門器具なので音楽やってる感もあって友達を呼んだ時の自己満足的な優越感もギターの楽しみだったりします(笑)

  4. 昔吹奏楽部だった俺は(挫折してやめてしまったけど)当時先輩や先生に「何でメトロノーム使わないの」や「メトロノームちゃんと聞けよバカ」とかめっちゃ言われましたね^^;
    でもそのおかげで今はメトロノームの大切さが凄いわかります。

  5. >のんちさん
    ありがとうございます(^^)
    そうですね、遠回りが一番の近道になるわけですね!!

  6. >丸田剛充さん
    そうだよね(^^)
    ゆっくりだからこそ気づけることが多いよね♪

  7. >日坂 佑さん
    タイミングが良かったみたいで嬉しいです♪
    確かに意気込みが変わるというのはあるかもしれませんね(^^)
    そして、優越感も・・(笑)

  8. >カノンさん
    諸先輩方がしつこく言われるのは、それくらい大切だからと言うことですね(^^)
    私も始めた頃はしょっちゅう言われていたものです・・(苦笑)

  9. 自分のバンドで、
    ばきばきに歪みをかけた早いテンポの曲って合わせやすいけど
    クリーンでスローバラードの方が難しいなんてことがよくあります。
    しかもクリーンだと下手なのがすごくわかってしまいます(・・;)
    ゆっくりなテンポに合わせてリズムをとる練習してみます。

  10. 少し内容は異なりますが、自分の敬愛する某御大が、「自分より速く弾ける人はいくらだっているさ。でも、それが何なんだい?時にはスローに弾いて、音を感じることだって大切なんだよ」と申しておりました。ほぼ同じようなことを某貴族の方も申しておりました。今回の記事の内容にも当てはまる部分はあるのではなかろうかと思っております。

    • RC30
    • 2013年 8月27日

    ご無沙汰してます。パニック練習、出来る様になったぁ!
    な~んて浮かれてメトロノームで合わせたら、見事に出来ませんね (-o-;)
    何時になったら楽曲練習が出来るのやら…。

  11. >ayaさん
    正にそれです♪
    ゆっくりに慣れてくると、速い演奏にもキレが出て来ますよ(^^)

  12. >鉄馬乗り・たかふみさん
    御大のおっしゃる通りですね!
    ギタリストという生き物は「速い演奏」にばかし目が行ってしまうものなのですが、それだけでは「音楽」と言えるかどうか・・という感じですね。
    緩急あってこそなので、やはりスローテンポが疎かになってしまっては台無しですよね(^^)

  13. >RC30さん
    何にしましても、パニック練習を制したことは素晴らしいです!!!!おめでとうございます(^^)
    こういう一見地道な練習が、かっこよく楽曲を演奏する一番の近道ですので、引き続き頑張ってみて下さいね!

    • RC30
    • 2013年 8月27日

    制覇したかどうか怪しいですな(^_^;)
    4音進んで2音戻りの上がりきっての戻りがバタ指になります。

  14. >RC30さん
    出来るだけ最短距離の運指を意識すると、バタバタしなくなってくると思いますよ(^^)
    頑張って下さいね!

  15. やってみようと思います!!

  16. >磨★ミさん
    是非チャレンジしてみて下さいね(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。