一音にかけろ!

この記事は2分で読めます

*******************************
いつもクリックしていただき、ありがとうございますm(_ _)m

↓↓↓

*******************************

昨日発表させていただきました「Basic Sound Making Seminar」ですが、たくさんのお申し込みをいただきました!

この場をお借りして、感謝申し上げますm(_ _)m

まだ空きがございますので、ご興味をお持ち下さっている方は是非お申し込み下さいね!

Basic Sound Making Seminar

さて、せっかく音作りのセミナーを開くので、今日は「音」についてお話ししてみようと思います。

これはレッスンや教材の中でもよく話している内容なのですが、「音楽の最小単位」というお話です。

さて、質問です。

音楽を分割していった最小単位とは何でしょうか?

ちょっと考えてみて下さいね(^^)

答えは、「一つの音」です(^^)

そのため、私はこう考えています。

良い音楽の最小単位は「一つの良い音」であると。

逆に捉えれば、良い音楽とは、良い一音の集合体だということです。


ということで、初心者ギタリストにまず取り組んでいただきたいのが、「良い一音」を出すということです。

ちなみに、エレキギターにおける良い一音の要素には、

・適度な押弦

・適度なピッキング

・最適な機材設定

があります。
※もちろん音の切り方なども重要ですが、ここでは音にだけフォーカスして話しているので、割愛させていただいております。

その一音を良くするために、「正しいフォーム」を身につけたり、ブログで何度も記事にしている「基礎練習」を利用するわけですね(^^)

正しいフォームで基礎練習をすることで、どのポ
ジションでも「良い一音」が出せるようになります。

当たり前ですが、「一音」が雑だと雑な印象の音楽にしかなりませんので、必ず一音に意識を向けるようにして下さいね。

速く弾くことに集中し過ぎて、一音を軽んじている人を結構多く見かけますので・・(^^;

ということで、どんな練習の時でも「音楽的な良い一音」を出すように努めてみて下さい♪

それでは、今日はここまで☆
また次回をお楽しみに~(^^)/

いつものお願いで大変恐縮ですが・・。
↓↓↓

・オススメ記事一覧はコチラ
・オススメ教材はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
・厳選!オススメギターグッズはコチラ

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お疲れ様です。
    一音一音を出すべくゆっくりクロマチックしてる分には良いですが、少しイチビッてペース(テンポ100位)上げると5・6弦辺りになると、出来なくなりますね。
    嗚呼 半年以上も弾いてるのニン(ノ△T)

  2. >RC30さん
    お疲れ様です(^^)
    まずはテンポ60~80で良い音を出し続けられればかなり良い方だと思いますので、全然問題ないですよ☆
    一年で♩=100で良い音を出し続けられるようになればOKだと思いますよ(^^)/

  3. ギターの道は一日にしてならず! ですね。頑張るっス(^◇^)┛

  4. >RC30さん
    そうですね(^^)
    でも、練習したことは一つずつしっかり積み重なっていきますから、努力はしっかり報われるのもギターの良いところだと思います♪

  5. 一週間ほど前からギターを始めた超初心者です!
    こちらのブログを見つけて参考にさせて頂いてます
    いつかは元レッチリのJohnの様な枯れたサウンドを自由気ままにアドリブで弾きたいと思ってますw
    超初心者はとりあえずクロマチックとペンタスケールをゆっくり確実に練習~程度で良いのでしょうか?
    他にも取り入れたら良い練習あればご教授願います!

  6. >Makkenziさん
    はじめまして(^^)
    素敵な目標ですね!!
    まずはギターに指を馴染ませるためにもクロマチックを行うのが良いと思います♪
    それ以外ですと、やっぱり好きな曲に「出来そうな部分だけ」で構いませんので、挑戦することだと思います(^^)
    ワンフレーズなぞれただけでも、最初の内は大きなモチベーションに繋がると思いますよ!!
    何にしても、ギターを楽しんで下さいね(^^)/
    応援してます!!

  7. 正しいギターフォームと言う事ですが
    どう言うことに気を付けたら良いですか(。・・。)ノ

  8. >ぱわぬさん
    例えば左手ですが、
    「親指」の位置が横を向いてしまったりして間違っていないか、また、その他の指は寝ないようにして上から押さえる・・などを意識すると正しいフォームになっていきます。
    右手の場合ですと、肘の置き場所や奏法による手首や腕の動きが重要です(^^)
    尚、一番多いのは「力が入り過ぎている」パターンです(^^;「弾けるようにせねば!」という意識がそうさせてしまうのかもしれませんが、演奏に力は要らないので、もし力が入っているようであれば、どこか見直す点がある可能性が高いと思われます(^^)
    なかなか文章では伝えにくいのですが、少しでも参考になれば幸いです☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。