ギターの座学

歌心。

更新日:

*******************************
本日もご協力ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

*******************************
今頃、私は友人の結婚式でギターを弾いていることでしょう。

※このブログは「昨日の深夜」に書いているのです(^^)v

いやぁ、初めて人前で「弾き語り」をするので、今頃私は心臓バクバクでしょう・・・・。
ギターだけなら緊張しないのですが、なんせ大人数の前で一人で歌うわけですから、緊張感がすごいわけです。。

でも、何事も挑戦!ということで、やるだけやってみます♪

さて、今日はアドリブに挑戦する際の注意点を書いてみようと思います。

これは昨日Twitterでもつぶやいたのですが、

息継ぎを意識してソロを弾こう!

というものです。

ギターは指で演奏する楽器ですから、吹奏楽器や歌と違って「息継ぎ」しなくても演奏ができてしまいます。

そして、これは長所でもありますが、短所にもなりかねないのです。

なぜなら、息継ぎ感のないソロは「不自然」に聴こえることが多く、残念なことに、弾いている方はそのことに気づかないことが多いからなのです・・(^^;

よく私のギター教室に通っている生徒さんにも言うのですが、休みのないアドリブには「歌心」が感じられません。

ただ、音を並べているだけに聴こえてしまうからです。

ところが、息継ぎのタイミングで休符を意識すると、メロディーとして輝きだすのです!

ちなみに、演奏中に自分の呼吸を感じてみて下さい。

「息、とめてた(驚)!」という方は要注意ですよ~(笑)

もし、息をとめて演奏をしているようであれば、意識的に呼吸をするようにしてみて下さい。

すると、アドリブ時に息継ぎのタイミングで自然にフレーズを終わらせられるようになっていきますよ(^^)

結果、自然かつ歌心のあるアドリブになっていくことでしょう(^^)

ということで、
これからアドリブに挑戦するなら、理屈の前に「呼吸」を意識しましょう!

それでは、今日はここまで!
また次回をお楽しみに~☆

このボタンが私の緊張を和らげます(笑)

↓↓↓

・オススメ記事一覧はコチラ
・オススメ教材はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
・厳選!オススメギターグッズはコチラ

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

高村 尚平(Perinco)

ギターの処方箋TAKAMURA代表。好きなことに全力で取り組むことが、人生を最大限輝かせる鍵になる・・という理念のもと、大好きなギターのお役立ち情報や日々考えることなどを発信しています。

-ギターの座学

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.