【重要】考え方が上達のキモだと思うのです。

この記事は2分で読めます

*******************************
いつもご協力いただき、誠にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

*******************************

実はですね、これを書いているのは深夜3時なのです(^^;
でも、投稿する時間を朝に設定しているので・・、

皆さん、おはよーございます!!

(内心)おやすみなさい・・zzZ

ということで、夢の中に入る前に一つ発表をさせて下さい!

ご存知の通り、私は2011年11月からブログを通して初心者が効率的に上達できるよう、道筋を作る活動をしてきました。

また、順序だった正しい練習を指導するレッスン教材も先月発表させていただきました。

ギターの処方箋-種-

これで初心者から中級者へのステップアップをはかっていただけるようになったわけですが、現段階でこれらと平行して、もう一つ提供しなければならない情報があるのです・・。

それは、

技術面の話ではなく・・・

ギターの上達に不可欠な・・・・・・・・

マインド(心構え)についてです!!!

実は、こういった類いの話は今までもブログでしてきているんです。

でも、ブログという媒体の性質上、まとまった情報として連続的にお伝えすることが出来なかったのが現実です。

そして、このような重要な情報は、分断された発信ではなく、一定期間内に集中して学んでもらってこそ血肉になると思うのです。

ですので、今回は断片的な情報発信ではなく、メール講座という形態をとらせていただき、全7回でまとまった知識を身につけていただこうと考えたのです。

ちなみに、なぜ「心構え」の講義をするのかと言いますと、考え方や心構え一つでギターの上達度は大きく左右されるということを、最近強く感じるようになったからなんです。

要するに、出来るだけ早い段階で心構えを最適化していただき、以降の練習をより効果的なものにしていただこうというわけです♪

ちなみに、出来るだけ早く情報を提供しようと急ピッチで作成していたのですが、結局、完成までに1ヶ月近く要してしまいました・・(T▽T)

ということで、早ければ本日、遅くても明日には受講募集を開始させていただくことになりますので、楽しみにしていて下さいね♪

尚、システムの都合上、人数限定となる可能性が強いので、興味のある方は早めにご登録いただければ幸いですm(_ _)m

さてさて、ここで気になるのが受講料ですが・・・・・、

なっ、なんと・・・・・、

全て無料です(^^)v

やっぱり「初心者と挫折経験者を一人でも多く救う!」という初志を貫きたいので、ここは無料で公開してしまおうと思います!

でも、無料とは言え、もちろん濃ゆ~い内容の講座になっていますので、期待してもらって良いですよ☆

最後に講座のタイトルをば。

ギター上達マインド養成講座

です。

それでは、間もなく発表となりますので、楽しみに待っていて下さいね♪

期待も込めてクリックにご協力いただけたら幸いですm(_ _)m

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 教授 おはようございます。
    素晴らしいです。
    こういうマインドコントロールなら、
    喜んで受けます。
    濃唯内容の講座とのことですので、
    期待しております。

  2. 期待してブログチェックし続けます。
    最近、練習サボってばっかりで、
    ヘタレなおっさんになってます。。(自戒)

  3. >yui-hrasawa-high-techさん
    ありがとうございます♪
    マインドコントロール(笑)
    機材オタクの私は、よく楽器屋のスタッフさんに衝動買いをコントロールされております・・(T0T)
    仕事で行ったはずが、買って帰ってきてしまうという・・orz
    楽しみにしていて下さいね!

  4. >瑠璃葉さん
    ありがとうございます(^^)
    サボりがちな方向けの講座なので(苦笑)、楽しみにしていて下さいね♪

  5. そんなことまでしていただくなんて!
    すごすぎです!
    僕も楽しみに待っています(^^)

  6. >koさん
    楽しみに待っていて下さい(^^)
    koさんを含む生徒さんには、断片的に話してきたことがようなことも多く含まれているんだけど、集中的に学ぶことで理解も深まると思いますよ♪

  7. フロイドローズ来ました!!
    と言っても、工具が無いので取り付けは8月辺りになりそうです・・・汗
    ところで、このフロイドローズはESPの物のようですが、これって本物なのでしょうか・・・?

  8. メール講座登録してみたいです!
    現在、私はウクレレ、娘はバイオリン、
    息子は近い将来ギター(?)です♪♪

  9. >YNOさん
    フロイドローズというのは社名ですので、ESPのモノとなると「フロイドローズ・タイプ」となるのでしょうか・・。
    あまり聞いたことがないので、おそらくESPを通しているだけなのではないでしょうか??
    http://www.espguitars.co.jp/parts/floydrose/

  10. >C's Candleさん
    ありがとうございます♪
    ウクレレ、素敵ですね(^^)
    そして、ご家族で音楽されるなんて、カッコいいです!
    息子さん、ギター弾いてくれると良いですね(^^)

  11. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    定価、三万七千八百円、ドイツ製になります・・・。
    値段が値段なので恐らく本物と思われます・・・。
    そう願いたいです(^_^;))))))コソコソ…

  12. >YNOさん
    Fender USA の ストラトに、ご自分で、フロイドローズ
    お付けになるんですか。す、すごい。

  13. >yui-hrasawa-high-techさん
    それが、fender USAではなく、fender 「Japan」なんですよね・・・orz
    高校生なので、バイトしてJapanがやっとです・・・。
    ですが、気に入って使っています。
    早くつけたいのですが、工具を持っている知人に逢えるのが8月なので、3ヶ月も待たなければならない、もどかしさ・・・(汗)

  14. フロイド・ローズのお話があったので簡単なご説明です。
    フロイド・ローズのユニットはFloyd Rose社だけでなく、現在様々なメーカーから「ライセンス製品」として出ております。
    ライセンス料をFloyd Rose社に支払って生産しているはずです。
    ちなみにESPのフロイド・ローズは確かESP製ではなくSchaller製だった気がします。

  15. >鉄馬乗り・たかふみさん
    おぉ~~~!
    そういう仕組みなんですね♪
    ということであれば、Floyd Roseと書いてあれば、Floyd Rose社が認めた製品ではあるということですね(^^)
    詳しく解説していただき、ありがとうございました!!
    > YNOさん
    ということだそうです♪
    これで安心できますね!

  16. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    一部例外が無きにしも非ず…ですが、少なくともYNOさんのESPのユニットは間違いなくドイツSchaller製です。
    Schallerは信頼のブランドですのでまず安心でしょう。
    今Wikipediaで調べたら、やはり同じような(むしろもっと細かい)説明がありましたので間違いないです。

  17. >鉄馬乗り・たかふみさん
    詳しく教えて頂きありがとうございます。
    取りあえず、ユニットにフロイドローズの刻印があれば本物ということなのでしょうか・・・?

  18. >YNOさん
    刻印の有無が判断材料になるかは定かではございませんが、「Floyd Rose」と名を冠するものについては、前述の通りFloyd Rose社に特許使用料を支払った上で製作しているはずですので、そういった意味では本物といって差し支えないかと思います。
    それ以上のことについては自分も詳しくないのでコメントは差し控えますが、YNOさんのご購入されたSchaller製のフロイド・ローズは精度が高く、ライセンス製品のなかでも有名(だったはず)ですので、心配ないでしょう。

  19. >鉄馬乗り・たかふみさん
    コメントありがとうございます(^^)
    私もあの後いろいろ調べてみましたが、安心出来る品質のようですね!
    今回は私が勉強させていただいてしまいました(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。