全・全・半・全・全・全・半

この記事は3分で読めます

*******************************
皆様のおかげで今の私があります・・m(_ _)m
↓↓↓

ブログを最初から閲覧される方はこちらからどうぞ!→1回目の記事
ギター教室関連記事はこちらから → ギター教室
ギター教室の先行募集情報はこちらから → 先行募集案内

ギター教室の先行募集情報ガラケー版 → 先行募集案内(携帯版)
*******************************

今日は『コードを導き出すのに必要な法則』についてお話をしてみようと思います(^^)

・・・あっ、いつもの冒頭の小ネタがないっ∑( ̄□ ̄;)

・・・・・急に本題に入るということは、ちょっと忙しいのサイン・・ということでPerinco@ドリカム好きがお送りしております(汗)

さて、コードの基になる音のことを「Root(ルート)」と言う・・という話を以前しましたが(※詳細はコチラ→ルートについて,ルートについて2)、今日は魔法の図を見なくてもルートを探せるようになってもらおうと思います(^^)v

まず、ギターでコードを押さえる場合、基となるルート音が5弦/6弦のような低音弦にくることが多いということを理解しておいて下さい。

例えば、オープンコードのCを思い浮かべてみて下さい。
5弦3fがルート・・つまりC(ド)ですよね。

C

また、魔のコード『F』なら、ルートは6弦1fですね。

F

このように、コードを決定づけるルート音は低音弦にくることが多いので、5弦、6弦に何の音があるのかを把握するということは、ひっじょ~~~~に重要だということです(笑)

ただ、闇雲に覚えようと思うと、テストの丸暗記と同じで辛い作業になってしまうと思います・・。

ですので、導き方を理解しておきましょう。

まずは鍵盤を思い浮かべて下さい。

ピアノ

左から白鍵(白い鍵盤)を弾けば、CDEFGAB(ドレミファソラシド)となるのですが、音によってちょっと条件が変わることに気づきますでしょうか?

まず、CとDの間には黒鍵(黒い鍵盤)があります。
そして、DとEの間にも黒鍵がありますよね?

でも、ここで問題が発生しますΣ(゚口゚;

なんとEとFの間には黒鍵がないんです・・・・What!?

鍵盤の場合、白鍵、黒鍵関係なく左から順に弾いていくと、全て「半音」と呼ばれる間隔になり、CとDの間は「半音+半音」の間隔で・・これを全音と言います。

でも、EとFの間隔は「半音」しかないんです。

そして、同様にBとC・・つまりシとドの間隔も「半音」しかないんです。

これらのことから、Cメジャースケールと言う「CDEFGAB(ドレミファソラシド)」は、

全・全・半・全・全・全・半


という間隔で成り立っているということが分かります。

で、なぜこれを学んでもらっているかと言いますと、これを知っておくとギターの指板上で理解が深まるようになるからです♪

ギターの場合、フレット一つが「半音」になっています。

要するに、白鍵、黒鍵関係なく、オール半音なわけです。

ですので、ピアノのように白鍵だけ弾いていれば音階になる・・といった分かりやすさが皆無です(苦笑)
※こういったことから、音楽的な理屈は鍵盤楽器で学んだ方が解りやすいと言われるのです。

だからこそ、この法則を理解して、どの音がどこにあるのかを導き出す必要があるわけです。

例えば、5弦の3fはCですが、この法則さえ知っていれば、5弦上でCDEFGABを導き出せますよね?
※半音+半音が全音だから、Cから2つ隣りのフレットがDだと分かり、更に二つ横がEで、すぐ半音隣りがFなのです!

また、6弦の解放弦はEなのですが、この法則を使えば、6弦上にEFGABCDを導き出せますよね?

で、これが出来るとコードネームを見ただけで、ルートがどこなのか分かるようになるというわけです。

例えば、「Cm」と書いてあったしたら、5弦3fもしくは6弦8fから始めるコードなんだろう・・と分かるということです!

あとは、Cmの「m」の部分のフォームさえ知っていればコードを押さえられてしまうというわけです(^^)

・・・・・・・・ついてこれてます?
※実は小中高の音楽の授業で習っているハズなんですよ(^^)

ということで、今日はこの「全・全・半・全・全・全・半」を何となくでも理解してもらえたら幸いでございますm(_ _)m

それでは、今回はここまで!
また次回をお楽しみに~☆

いつも本当に感謝しております☆
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 06.25

    それが大事!

  1. う~ん。難しいですね(汗)
    未だに何処にどの音があるのか全く分からないです・・・。
    コードに関してはFは出来るのですが、弦を弾く方の手が出来なくて・・・(泣)
    ピックで弦をはじかなきゃ音は出ない訳ですからね・・・。
    ボロボロの右用ギターで練習していましたが、やはり利き腕用のギターの方が弾きやすいのでしょうか?

  2. >YNOさん
    多分、利き手用のギターの方が断然弾きやすいと思います・・おそらく右利きの人が左手でお箸を使うような難しさだと思います。。
    それと、ちゃんとしたギターを使った方が上達は圧倒的に早いです。例えば、古くて安いギターだったりすると、チューニングも合いにくかったりして上達することが出来なかったりするものです。
    おそらく上達を感じられない原因にこれらのことがあるような気がします・・。
    是非、利き腕用の良いギターに出会って下さいね!!!
    あとは、今日の内容のように、音階の理解を少し進めていくと、指板上に音が見えるようになっていくはずですよ!
    頑張って下さいね!応援してます!

  3. すごく良くわかりました!
    既出の事実だけでおおよそのことが判断できるということを実感しました!
    いつもありがとうございます^^

  4. >Gt.T.Niwaさん
    参考になったみたいで何よりです(^^)
    こういう見方をすると結構いろんなことが導き出せちゃうんですよね♪

  5. このブログでハッとさせられました♪( ´▽`)凄く分かりやすかったです。水曜日お会い出来るのを楽しみにしてます(=゚ω゚)ノ

  6. >丸田剛充さん
    そう言っていただけるととっても嬉しいです(^^)
    ありがとうございます!
    こちらこそ水曜日にお会いできることを、心より楽しみにしております☆

  7. いきなり変な話で申し訳ありませんが、Perincoさんは、ねるねるねるねを食べたことはありますか?
    全くギター関係ないですね(;´д`)
    すみません。

  8. >YNOさん
    懐かしいですね(^^;
    私が子供時代に流行っていた記憶があります・・食べたことがありますが、どんな感じだったかは全く覚えておりません・・(苦笑)

  9. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    そうでしたか。
    80年代に魔女の格好をした女の人がCMをやっていたのを、ふと見なくなりYouTubeで見てこんな質問をしてしまいました。
    旨い! テーレッテレー
    ってヤツです(汗)

  10. >YNOさん
    私の小学校時代くらいに始まったCMですね(^^)
    練っておいしい、ねるねるね~るね♪

  11. 鍵盤と指板の関係。
    リアル師匠岡田氏(最近アメブロもやってます)
    から教わったとき、
    目からうろこが10枚くらい落ち、
    「なるほど~~、すげ~~~~」となりました。
    いや~、音楽っていいもんですね~!
      (淀川長治 調で)

  12. >瑠璃葉さん
    本当に音楽っていいもんですね~(^^)
    ※懐かしいですっ!
    ちなみに、日本の古い民謡はヨナ抜き音階という4度7度を抜いた音階で出来ているわけですが、要するに西洋音楽で言うところのペンタトニックスケールなんですよね♪
    そして、そのスケールをそのままm3度上げるとブルースでお馴染みの「ブルー・ノート」になるわけです。
    古今東西、気持ちいいと思う音が共通しているというのも、不思議ですし楽しいですよね(^^)

  13. >ギター初心者お助け人@Perincoさん。
    民謡とペンタの共通点、
    わかるような気がします。 (気だけ(笑))
    淡谷のりこさんが喜びそう!
    (またも、古い(爆))  

  14. >瑠璃葉さん
    淡谷のりこさん・・またもや懐かしいですね(苦笑)
    まどをあけ~れば~♫

    • らりっくま
    • 2013年 2月26日

    Perincoさんのおかげでなんとなく理解できました!ありがとうございました。

  15. >らりっくまさん
    良かったです!
    最初はとっつきにくいですよね(^^;
    私も最初の頃、苦労したものです・・(涙)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。