音感の鍛え方5 〜スケール練習の意義〜

この記事は2分で読めます

*******************************
読む前に押してくれるアナタが大好きですっ!!!

↓↓↓

ブログを最初から閲覧される方はこちらからどうぞ!→1回目の記事
ギター教室関連記事はこちらから → ギター教室
ギター教室の先行募集情報はこちらから → 先行募集案内

ギター教室の先行募集情報ガラケー版 → 先行募集案内(携帯版)
*******************************

現在、先行募集でギター教室に来てくれている皆さんにレッスンを行いつつ、遠方の皆さん向けの教材作りに奮闘しているわけですが、確実に上達してもらおうと思うと、教材はほとんど動画になることが判明しました・・・・・・・・・・。

モチベーションを維持することが上達を加速させる上でとても重要な要素になると私は思うのですが、文章だと読者のペースで進めることが出来てしまい、モチベーションの状態も読者に依存するものになってしまいます。

以前にもお話ししましたが、人間のモチベーションや集中力というのは、そんなに長く続くものではありません。

つまり、ある一定の期間で終了する・・という「先が見える状態」でないと、なかなかやる気が保てないですし、そもそも「まっ、今日はこのくらいでやめとこう・・」なんて感じで、注意力散漫になってしまうこともあるかもしれません。

そうなると、こちらで進行ペースと終了までの期間をコントロールする必要が出てきます・・・つまり、私のペースで進行できる「動画」以外、選択肢がないというわけです。

そんなこんなで、動画を作り始めているのですが、膨大な量の動画を作るというのはなかなかシンドイ作業です(^▽^;
そして、好きでやっているものの、カメラの前でしゃべるという行為は、非日常的でなかなかパワーを使うものですね・・(汗)

ということで、膨大な作業を乗り越えて生まれる作品は、かなりの自信作となりそうです!

ご興味のある方は、期待して待っていて下さいね♪

そして、本教材で、初めて動いている私を見ることが出来ます☆
そして、生声まで聴くことが出来ますっ☆

・・・どーでもいいとか言わないで(T▽T)

・・・さて、前置きが長くなりましたが・・、
今日は「音感の鍛え方」の続きを少しだけお話ししてみようと思います。

前回、チューニングを耳で行う練習を解説しましたが、いかがでしたでしょうか?出来ましたか?

ちなみに、この耳だけチューニング、今は出来なくって全然OKです!!
音感が鍛えられていけば、将来的には必ず出来るようになりますので♪

つきましては、今日は音感の鍛え方を一つご紹介いたします。

それは・・

スケール練習

です。

「スケール練習」と「音感」・・・・どう繋がるかピンと来ないですかね?

でも、実はとっても密接に関わっているんです。

なぜだと思いますか??

ということで、今日は中途半端ですが、問いかけだけして終わります(苦笑)← この後、用事があるだけ(T T)

次回正解を発表しますので、もし分かった方はコメント欄に「理由」を書いていただけたら嬉しいです♪


それでは、また次回!

ヘルプミー・・・(^▽^;
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2013 06.25

    耳コピの極意2

  2. 2014 08.18

    大更新!

  3. 2015 04.12

    ペンタなお話

  1. 待ってました!
    スケール練習と、音感の関係。。
    私は運指を練習メインにしていて、音を感じる
    練習をおろそかにしているかもしれません。
    しかし。
    運指していて、、発する音で「んっ???」ずれてるな…?とか感じるのは、
    音感が出来てきたのかな???
    とか思ったりもします。
    次回、楽しみ&勉強にします。。

  2. 耳でチューニング
    できるようになったら
    便利ですよね!
    少しずつ鍛えていきたいと思います(σ*´∀`)
    昨日、修理屋さんでエレキ直したんですけど
    それから練習が楽しくてッ…
    これから少しでも 毎日
    ギターを触れるようにしたいです(^q^)
    質問なんですけど
    エレキはピック無しで弾いても問題ないですか?

    • るーみ
    • 2013年 1月28日

    こんばbbはです。
    前回は、色々と教えていただき、ありがとうございました。
    また、後程、エフェクターに関して、ご相談させてください。
    今回の「スケールと音感」ですが、
    前回の5弦Aを基準に他の弦を耳でチューニングするっていうのが、
    私はてっきり、6弦ルートのCメジャースケールで相対音感から、他の6、1~4弦をチューニングするものと思っていたので、前回時点で、スケールによるチューニングをしていました。。。
    (実際にしてみたら、ずれずれでしたけど。)
    これは、いつかできるようにはなりたいですねー。
    耳コピができると、色々便利そうですからねー。

  3. わたしは、黒電話と使う、古いひとなので、
    音叉&ハーモニクスが欠かせません。
    面白いことに、音叉を毎日、口にくわえていると、
    Aだけは覚えるのです。
    そうなると音叉すら要らなくなります。
    おかげで、6弦同時表示チューナーという、
    すごい製品を買いません。
    たまに、単音の機械のチューナーを使いますが、
    音叉と変わりません。
    だから、どうしたという、ことを言われれえば、
    ごめんなさい、というしかありません。
    ちなみに、著しく疲労していたり、緊張したり、
    泥酔したりした場合、狂います。
    元が狂っているので、どうしようもありません。

    • るーみ
    • 2013年 1月28日

    前回のご相談で、ST-2を買うことにしましたけど、
    結局、BOSSのST-2とZOOMのG3の両方を買いそうな勢いです。
    元々、リズムマシンに興味があったため、G3を考えていたのでした。。。
    (本人も忘れていましたが)
    なので、おっしゃってた、マルチで空間系、ST-2で歪みを作ろうと思います。
    それとも、空間系もコンパクトにして、
    リズムマシンをそれだけように、別途購入した方がいいのですかねー。
    外でメトローム鳴らしながら弾いてますと、
    だんだんその音がきこえなくなってきて、
    リズムがぐちゃぐちゃになっちゃうんですよね。
    だから、アンプからリズム音をだしたいと思い、リズムマシンの購入を考えてます。
    エフェクター初心者なので、G3でも、私には十分すぎる気がするので、
    とりあえず、前述のような考えになりました。
    何か、別途いい方法があれば、教えてもらえればと思います。

  4. 純粋で、真面目な方が、私を除いて100%。
    ああ、一位から落ちたのは私のせい。
    玉川上水に、Gibsonと一緒に…..。
    で、Gibsonは、死んで、わたしは生きるという結末。
    まあ、よくあることさ。ホッピーでも呑むか。

    • oisoのyo
    • 2013年 1月28日

    iPadmini、16Gじゃ足りない予感が。
    クラウドサービスかなんか使って、しのいでください…
    そういえば知り合いがネットラジオをやっていて、Podcastにも公開してました。
    動画もいいけど音声のみもいいものです。
    電車の中でニヤニヤしながら聴きますので是非ご検討を!(笑)

  5. こんなん俺には弾けないぜ、俺はギターに向いてなかったんだ~。バキッ←ギターを折った音
    に、なりかけています・・・・。

  6. >瑠璃葉さん
    出している音に「ずれている」と違和感があるのは、音感が育って来ているということだと思います(^^)
    次回、楽しみにしていて下さいね☆

  7. >苺射夢さん
    すっごい気持ちわかります!!
    私もギターを調整に出して、戻って来た時はいつもよりも練習してしまいます(^^)
    ちなみに、エレキをピック無しで弾くギタリストは少数ですがいます。
    例えば、ジャズ系ならウエス・モンゴメリーが有名です。親指だけで弾く「サムピッキング」で演奏しています。
    ロック系ならジェフ・ベックも指で弾くことが多いですよ♪
    ですので、オリジナルのスタイルとして、ピックなしで弾くというのはアリだと思いますよ(^^)
    ただし、ピックでも弾けるようにした方が、カッティングなどの歯切れを出したい時には便利でしょう♪

  8. >るーみさん
    その考え方で良いと思いますよ(^^)
    歪みをコンパクトにして、空間系をマルチにする・・というのは、とっても理にかなっています。
    よく耳にする「ラック・エフェクター」もその発想です。
    アンプやコンパクトペダルで歪みを作って、アンプのセンドリターンにつないだラックで空間系を施すのですが、その場合、この「ラック・エフェクター」もマルチエフェクターです。
    フロアタイプかラックタイプかの違いはあれど、発想は同じですので、この方法は結構オススメです♪
    しかも、昨今のZOOMは結構音が良い・・という事実を最近知りました。
    ですので、この音で満足しなくなった時には、相当上達していると思いますよ!

  9. >Tuning Forkさん
    いえいえ、たぶん更新頻度が落ちているからかと思います(苦笑)最近教材作りに精を出し過ぎてまして・・(^^;
    気にせずホッピーを呑みましょう♪

  10. >oisoのyoさん
    iPad mini、本当にありがとう!!!!!!
    とっても重宝してるよ(^^)
    16Gでも今のところ足りているけど、足らなくなったらクラウド化していくよ♪
    音声のみもありかもね!
    そしたら、音声だけVerも作ったら良いかもね♪
    それは簡単だからやってみるよ~

  11. >YNOさん
    大丈夫です。
    順を追って正しく練習すれば、そうならずに済みますから☆
    近い将来、そういう独学者向け教材も出しますので、もしよかったらチャレンジしてみて下さいね(^^)そういう方向けに体系的に学べるように作っておりますので♪
    とにかく、楽しむことが重要ですから、楽しいと思えることを続けてみて下さいね!

  12. >るーみさん
    確かにその音感強化法もありですね(^^)
    Aを合わせた上で、Cメジャースケールの音感を頼りにチューニングをするということですよね?
    ちなみに、音感はある程度鍛えられる能力ですし、耳コピにとっても便利な能力ですので(特にコードを聞き取る能力が上がります)、是非鍛えてみて下さいね♪
    また次回を楽しみにしていて下さいね☆

  13. >Tuning Forkさん
    それはスゴイ能力ですね!
    私も音叉を口にくわえてみようか・・と本気で思ってしまいました・・。
    Aに対する絶対音感ですね(^^)
    ギタリストにとっては、その能力ほど便利なものはないですよね♪
    ただし、ライブ前に飲酒することのある私には向かないかもしれませんね(苦笑)

    • ソラニン
    • 2013年 1月30日

    ソラニンの解説楽しみに待ってます! 
    (以前、ツイッターで話した者です)

  14. >ソラニンさん
    コメントありがとうございます(^^)
    もう少し待っていて下さいね!
    すでに採譜は終わっていますので、あとは動画を撮影するだけです♪

  15. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    ありがとうございます!
    練習頑張ります!

  16. >( ´・ω  ・`)さん
    楽しみながら頑張って下さいね(^^)v

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。