音感の鍛え方3 〜相対音感を知るっ!〜

この記事は2分で読めます

*******************************
クリックのご協力いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

↓↓↓

ブログを最初から閲覧される方はこちらからどうぞ!→1回目の記事
ギター教室関連記事はこちらから →
ギター教室
ギター教室の先行募集情報はこちらから → 先行募集案内
本日最終日!
ギター教室の先行募集情報ガラケー版 → 先行募集案内(携帯版)
*******************************

雪でコケました・・・・・・Perinco@とんだ誕生日です、こんばんは!

さてさて、今日は私の3○歳の誕生日でもあり、またギター教室の先行割引募集の最終日でございます♪

おかげさまで多くの方からお申し込みをいただき、本当に感謝感謝でございます!
いらっしゃる皆様のご期待に添えるよう、誠心誠意レッスンをさせていただきますので、期待値MAXでいらっしゃって下さいね☆

ということで、まだ迷われている首都圏にお住まいのそこのアナタ!
一度遊びに来ちゃったらいいじゃないっ!と声を大にして伝えたいわけです(^^)

ギター教室の先行募集情報PC/スマホ版 → 先行募集案内
ギター教室の先行募集情報ガラケー版 → 先行募集案内(携帯版)

※尚、私にメールを送って数時間以内に返信がない場合、私からのメールが迷惑メールフォルダ行きになっている可能性があります・・。あまりに返信がない場合は、お手数ですが「届かないぜ~(T▽T)」とご一報をいただければ幸いですm(_ _)mお問い合わせフォーム

さて、今日は「音感の鍛え方」の続きを少し進めてみようと思います(^^)

ということで、前回までの記事をご覧になっていない方はまずコチラからご覧になって下さいね☆

音感の鍛え方1

音感の鍛え方2

前回は「絶対音感」のメリット/デメリットをお話ししましたので、今回は「相対音感」について説明してみようと思います。

相対音感を簡単且つ乱暴に説明すると、

音を高低差を判断できる能力

です。

例えば、カラオケなんかで歌を歌う際、伴奏を聴いてある程度正しい音程で歌えるとすれば、

カラオケの伴奏から相対的に歌のメロディーの位置を導き出している

ということになり、立派な相対音感と言えます。

そして、上の例でもお分かりいただけるとおり、この能力は多かれ少なかれ誰しもが持っているものなのです。

例え音痴であったとしても、音の高い低いは判断できている人が多いと思いませんか?

これが出来ないというレベルというのは「外している」どころの騒ぎじゃありませんから・・(^^;

ただし、この能力には個人差が存在します。

カラオケですぐにハモリをつけられる人などは「相対音感の能力が先天的に高い」と言えるでしょう。

カラオケで「音痴」と言われる人は先天的にこの能力が低い・・と言えるでしょう。

ですが、この能力は後天的に鍛えられると言われておりますので、ご安心下さい!!

ですから、「ウサギとかめ」ではないですが、先天的な資質がある方もアグラをかいていると、あっという間に追い抜かれちゃうかもしれませんよっΣ(´Д`lll);

ちなみに、相対音感を鍛えるとどんなメリットがあるのか?という話ですが、

・自分が鳴らしている音が何の音か把握できるようになる

・コードやスケールの理解が加速する

・チョーキングなどの音程系テクニックの精度が上がる

・頭の中で鳴っている音と指板上にある音が一致するようになる

少なくてもこれだけの効果を生みます。

どうですか?

これは鍛えないわけにはいかないですよね(笑)?

さて、ここで質問です。

相対音感の鍛え方にはどんな方法があると思いますか?

ちょっと考えてみて下さいね♪

ということで、次回は実践的な音感の鍛え方について解説していこうと思います!
それでは、次回もお楽しみに☆

おかげさまで初めて1位を獲得できました!!!
本当に本当にありがとうございました!!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 誕生日おめでとうございます!
    相対音感めっちゃ
    必要ですね(^w^)
    鍛える方法ですか(゜ロ゜;
    なんだろう…

  2. >koさん
    ありがとうございます!
    いや~、30代に入ってからのスピード感がハンパじゃなくって焦っております(^^;
    相対音感、とっても重要なんですよ♪
    特に「理解の加速」が一番の恩恵だと思います(^^)
    「鍛える方法」を少し考えてみて下さいね☆

  3. スケールを弾く、大切さを再確認した次第です。
    (>_<)
    ドレミファソラシド…。
    あっ!
    ギター弾きは、
    CDEFGAB… か。。

  4. >瑠璃葉さん
    そうですね、スケールをギターで弾く練習をするのは、相対音感を磨くためとも言えますね(^^)
    ちなみに私も口で言うときは、ドレミファ・・と言っております♪

  5. 遅くなりましたが
    お誕生日おめでとうございました☆

  6. >苺射夢さん
    ありがとうございます☆
    いくつになっても祝われると嬉しいものですね(^^)

  7. 先生、こんばんは。
    時間は、相対性理論や超弦理論でも、
    『時間は、過去から現在、未来へとただただ、絶対的なものとして流れていくことは否定されています』
    成人式の頃、
    「これから、年を重ねるごとに、時間はどんどん速く進むよ」
    と、いわれました。なにいってんだ、と思ってましたが、その通りでした。
    でも、昔を青春だったなあとは思いません。
    アホなのでしょうが、挑戦やある種の無謀さは、
    必要だと思います。
    まあ、いい年をして、人様に迷惑をかけるような
    無謀さは、厳に慎まなければなりませんが。
    いい年をして、唯ちゃんが好きだなんて、企業秘密ですよ。

  8. >Tuning Forkさん
    年を重ねるごとにスピード感が増している気がしますよね・・(^^;すごく実感しております。。
    私もいくつになってもチャレンジ精神を持ち続けていたいな・・と思っております♪
    「変化」を恐れる人生にしないよう、今は「やりたいこと」を出来るだけ優先的に選択するように心がけております(^^)
    ちなみに、その企業秘密はもはや秘密ではないのでは!?と思う今日この頃です(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。