ギターの座学

このギタリストは必聴なり!

更新日:

今日はギター教室作りのアイデアを得るためにIKEAに行ってきました(^^)

IKEAに行ったことがある方ならわかっていただけると思うのですが、商品がいちいちオシャレで、気付けばカートにポンポン入れてレジにならんでしまう始末なのです。。だって、お安いんですもの・・・・・・・・

ということで、Perinco@いつ使うかわからない「電動ドライバー+ドリルセット」を勇み足で購入した男です、こんばんは(ToT)

この電動ドライバーを使って、私の気のゆるみをしめる必要がありそうです。。

さて、前回オススメCDについて書いたのですが、コメントでJAZZ系も知りたいというご意見がありましたので、いっちょやってみることにします(笑)

それでは、さっそくいってみましょう(^o^)/

ジャズ・ギタリストなら、まずはこの人は絶対外せないでしょう。

ジャズ・ギターの開祖、Charlie Christian(チャーリー・クリスチャン)!

チャーリー・クリスチャン

彼以前のJAZZギターというのは、コードバッキングが基本だったのですが、エレキギターでソロを弾くなどの当時では革新的な演奏を始めたわけです。

1937年にギブソン社初のエレキギター「ES-150」を彼が手に入れたとき、真のジャズ・ギターの歴史が始まったと言えるでしょう(^^)

ES-150
ES-150

そんな彼も表舞台での活躍はわずか3年で、25歳という若さで他界・・ジミヘンにしてもそうですが、やはり天才は早死になのか!!?

After Hours/Ojc
¥993
Amazon.co.jp

次は、こちら。

ジャンゴ・プレイズ・スタンダーズ / 不滅のジャンゴ・ラインハルト スタンダード編/BMGメディアジャパン
¥1,835
Amazon.co.jp

Amazonに画像がなかったので、見つけてきました・・コチラです。

ジャンゴ

以前、記事にも書きましたが、不自由な指で卓越した演奏をする男「Django Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)」です!

※過去記事はコチラ

ジプシー・スウィングの始祖である彼の演奏が楽しめる一枚で、スタンダード・ナンバーをジャンゴ流にエキゾチックかつダイナミックにプレイしています(^^)


次はコチラ。

Incredible Jazz Guitar/Ojc
¥1,731
Amazon.co.jp

ジャズ・ギター史的な影響力の大きさを時代順に見ると、最初が前述のチャーリー・クリスチャン、次がウエス・モンゴメリーと言えるでしょう。
ですが、ジャズ界を超えた知名度や影響力からいったら、ウエスが20世紀を代表するジャズ・ギタリストだと思われます。


ウエスと言えば「親指弾き(サムピッキング)」。
そして「オクターブ奏法」ですね(^^)v

ちなみに、このアルバムでダウンビート誌新人賞を受賞し、一躍トップギタリストに上り詰めたのです♪

本日の最後はコチラ。

Virtuoso/Ojc
¥999
Amazon.co.jp

Joe Pass(ジョー・パス)の「Virtuoso」です。

ジャズ・ギターを始めると先輩に「絶対、買え!」と言われるくらいスタンダードな一枚(笑)

全編ギター一本のみのソロギターなのですが、

「えっ、一人じゃなくね?」と疑いたくなるくらいスゴイ。。

メロディ、コード、ベースラインを躍動的なスウィング感とともに弾きこなすプレイスタイルは当時のジャズ・ギター界を騒然とさせたわけですが、今聴いても超新鮮です!

超絶的なテクニックですが、ソロの内容などはオーソドックスなので、「ジャズ・ギターの教科書」などと言われ、ギタリスト必聴の一枚であることは間違いないでしょう。

span>

どーいうことかと言うと・・こーいうことです↓

以上、ジャズ・ギターの必聴CDでした!
是非、聴いてみて下さいね(^^)/

P.S
ジャズ好きなもので、マニアックに熱が入ってしまいました(汗)・・興味のない方にはちょっと申し訳ないなという気もするのですが、モノは試しということで是非聴いてみて下さいね!得るものは大きいですよ♪

それでは、また次回!!

こちらは必押でお願いしますm(_ _)m

↓↓↓

-ギターの座学

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.