ハウリングとは金輪際お別れよっ!

この記事は2分で読めます

さてさて、昨日のコメントにもいただきましたが、私の教室開校に伴い、遠方の方やレッスンに行くのは時間的に難しいという方向けのコンテンツを制作することを決意したPerinco@無邪気に何でもチャレンジ君です、こんばんは!

どんな形でのお届けとなるか、、まだ何とも言えませんが、せっかく私が作るからには、

どんな教材よりも解りやすく

どんな教材よりも根本的な理解ができ

どんな教材よりも面白く

そして、何よりも挫折なくアナタの理想にリーチできる

ものにして行く予定です(^^)

ですので、遠方ご在住で藤沢までは行けないぜ~!ヒドイわヒドイわ!というそこのアナタは是非楽しみにしていて下さいね☆
→んなヤツァいないぜ?というリアルなツッコミはしたらいけないと思います。


さて、今日の本題!

皆さん、アンプから出るハウリング(ピ~という不快なサウンド)対策ってされていますか?

ハウリングが発生しているギターでは、どんなに良い演奏であっても観客からの評価は著しく低いものになってしまうのです。

だって、演奏に混ざって「ピ~!」っていう音が鳴っているんですもの(T T)
演奏よりも不快なそのサウンドに意識が向いてしまい、結果、「今日のギターの音、最悪だったよね~」と言われてしまうわけです。。

もちろんエフェクターを使ったり、EQ(イコライザー)を勉強して余計な帯域をカットすることで、人工的にハウリングを抑えることはできるのですが、お金がかかってしまいますし、そもそもサウンド面を犠牲にしてしまうということも考えられます。

ということで、今日はハウリングを防ぐ極意をお伝えしようと思います!

それは、、、

アンプを背にした時、どこに立つか・・という視点を持つこと!

です。

もちろん、アンプからの距離を大きくとることでハウリングは制御できますが、狭いステージやスタジオの場合、それもままなりません。

ということで秘技、「斜めに立ったらいーじゃない!」を伝授いたします(苦笑)

方法はいたって簡単。


右利きの人はアンプを背にして右方向の位置に立って弾く

左利きの人はアンプを背にして左方向の位置に立って弾く

要はピックアップを出来るだけアンプの方に向けないということがハウリングを抑える鉄則なわけなので、ピックアップがアンプを向かない様に位置するということです。

アンプから鳴った音をピックアップが拾い、そこで拾った音がアンプから再度再生され・・・・をループすることでハウリングが発生しますので、このループをカットしてしまいましょう!ということです(^^)

ということで、簡単だけど効果的ですので、是非お試しあれ!!

それでは、また次回をお楽しみに(^^)/

あなたのワンクリックは世界を救うことはできなくても、個人的に私を救うことになります。
それでも良かったら・・いや、良くなくてもクリックにご協力下さいm(_ _)m
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2013 05.19

    歌心。

  2. 2014 08.18

    大更新!

  1. 進研ゼミみたいにしてほしいです!
    そういや俺はそこまで歪ませないのかハウリングって気になることは無かったです
    クリーンブースターとアンプの歪だけで今はでなんとかなるんで
    でもそのうち買い足すだろうと悟ってます(笑)
    ジャズマスターが欲しいのでクランチを極めたいです!

  2. >日坂 佑さん
    進研ゼミみたいにですか(笑)
    どんな感じか、昨今の進研ゼミがわからないので、研究してみます♪
    そうですね、あまり歪ませない人ならハウリングは無縁かもしれないですね♪
    ただ、クリーンでもハコモノのギターだったりすると低域が「ボー」ってハウるんです(^^;
    その際はEQで低域を少し削れば解決しますが・・
    恐らく次に必要になってくるのはPlateタイプの入っているリバーヴあたりがいいんじゃないですか?
    クランチにバッチシ合うと思いますよ!!

  3. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    リバーブですか!
    いいですね、今度見てきます!!
    なんとか通信教育的なものにしていただければ幸いです(笑)
    ジャズマスターは若干箱っぽそうですね、
    気をつけないといけないかもしれません!

  4. >日坂 佑さん
    例えばリバーブの場合「Room」というほとんどリバーブがわからないくらいのかけ方でも、バンドサウンドに混ざりやすくなるなどの効果をもたらします!
    とっても奥が深いんですよ(^^)
    私はリバーブだけでご飯2杯はいけます(笑)・・もとい、2時間は話せますよ♪
    通信講座ですね!
    順序だって毎月進めていくのは良いかもしれませんね☆
    良いアイデアありがとうございます(^^)

  5. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    通信講座の付録に二時間分のリバーブの話つけてください(笑)
    プレートタイプのリバーブをとりあえず見てみます!
    ディレイをうっすらかけるのとは違うんですよね?

  6. >日坂 佑さん
    (笑)
    プレートタイプのリバーブは単体で売っていないので、プレートタイプを含むものを選択されて下さい。
    オススメはtc electronicのHall of Fame Reverbあたりが手頃でしょう。
    そして、通信講座の付録としてこのマニアックな話をつけましょうか(苦笑)
    ちなみにDelayをうっすらかけるのもありですが、Plate Reverbの金属質なサウンドがクランチ系の歪みには合うのでオススメです。
    もしくは超ショートディレイをかけるとスラップバックという効果を生み、これもクランチサウンドには相性が良いですよ(^^)

  7. >ギター初心者お助け人@Perincoさんへ
    ありがとうございます、奥が深いですね、頑張ります!(色んな意味で)

  8. >日坂 佑さん
    いえいえ(^^)
    重要なのは「楽しむこと」ですよ~♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。