ギターの座学

演奏前の○○について

更新日:

現在、ギター教室の内装に足りない頭を使って思案中のPerinco@想像力のないこと山の如し・・(動かないという意味で)です、こんばんは!

皆さんが「あっ」と驚くようなシャレオツな教室にしようと考えているのですが、なかなか普段使わない頭が動いてくれずに困っています(^^;

親戚にそういうのが得意なアーティストがいるので、この調子だと丸投げになるのでは!?・・という気もしますが、なんせ自分の城ですから、足らない頭をフル稼働させてみます!


ちなみに現在のテーマは「ジブリ風」です!

・・・なんじゃそりゃ(苦笑)

さて、今日の本題ですが、

演奏前の食事について書いてみようと思います。

みなさん、演奏前(スタジオやライブ)のお食事はどーされてます?

コレ、結構重要な視点なんです。


演奏直前に食事をしてしまうと、まず集中できなくなります!

もちろん食べる量にもよりますが、満腹な状態で演奏に入ると頭がボーっとしてしまい、指も思うように動かなくなってしまいます。

その理由は、お腹に食べ物が入っていると、身体はまず食べ物を消化しようとして、血液が胃に集まるため、脳の方はお休み状態に近くなってしまうからなんです(^^;

例えば集中力を要するスポーツ選手も試合の2~3時間は食事をとらないといいますし、楽器でも同じなんですね♪


ということで、特にライブ前は3時間前に食事を済ませるよう心がけてみて下さいね!

ちなみに、私はステージドリンクをビールにしてしまい、食事を3時間前に済ませた意味がまるでない・・なんてことがよくあります。。。
これは悪い例なので、真似しないように!!!!

以上、また次回をお楽しみに☆

あなたのワンクリックが私を救います・・
↓↓↓

-ギターの座学

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.