ギターの座学

ギタリストとオーケストラ

更新日:

皆さん元気に通勤、通学をしていますか!?
そんな私もこの記事がアップされる頃には満員電車に揺られていることでしょう。。
※この記事を書いているのは11日の23:30頃です。

ということで、今日も元気に電車移動のPerinco@乗車率120%です、おはようございます!


さて、今日は朝からどーでも良いネタを書きます(苦笑)

YouTubeを見まくっていたら、オーケストラと共演しているエレキギタリストって意外といらっしゃるのね・・って思ったのでシェアしたくなっただけです。。

エレキギターとオーケストラという全く違う音楽性が合体するとこんな感じというのをお楽しみ下さい!

この際、アリかナシかは置いておいて・・(苦笑)

Yngwie Malmsteen

まぁ、この人の場合はクラシカルなスタイルなので、「やりそう」なイメージがありますよね(^^;

実際やった時は、「やっぱりね~」と思ったものです(苦笑)

Steve Vai

当時、「へ~、意外~っ」て感じで驚いた記憶があります。

まぁ、内容は「Vaiワールド」全快って感じですね(^^;

ここに参加しているオーケストラの方々は、独特なフレーズの数々に戸惑われたんじゃないでしょうか(苦笑)

※ちなみにこの動画のギターサウンドは昨日の記事で説明した「ボリュームツマミ」でうまくニュアンスを出している良い例なので是非確認してみて下さいね!

~ここからはちょっとバンド寄りなアレンジの方々です。


david gilmour

バンドにオーケストラでアレンジを加えているので、違和感が全くありませんよね。

Deep Purple

Deep Purpleごと参加してしまっています(^^)

KISS

意外ですよね・・(笑)

それにしても、オーケストラの皆様まで「あのメイク」を施されているのが笑えます(^^)

以上!

ということで、朝からどうでも良いネタでした!

それでは、今日も一日、皆さん頑張りましょう!!!

朝っぱらからお手数をおかけいたしますが・・
↓↓↓

お昼になってからでも構いませんので・・
↓↓↓

Sponsored Link

-ギターの座学

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.