ギターの座学

爪について

更新日:

お久しブリーフ!

・・いやはや、仕事やら友人の結婚式やら怒濤の数日間を過ごしており、ブログもコメント返信も、Twitterもmixiもほとんど手つかずだったPerinco@貧乏暇なしです、こんばんは☆

さて、今日はギタリストの「爪」についてお話ししてみようと思います。

皆さん、爪はどうしていますか?

深爪派?

それとも長く伸ばしてネイルを楽しんじゃっていますか(^^)?

ちなみに私の場合、

左手 = 超深爪

右手 = 長く伸ばす

です。

これは私なりに長年研究してここに行き着きました。

左手は押弦する際、いつも言っているように上から押さえるようにすることが良い音を出す条件なのですが、長く伸ばしているとネックに爪が当ってしまいこれが出来ない訳です。

しかも長い爪は関係ない弦に触れてしまったりと良いことがありません。

チョーキングの時などは隣の弦にひっかかってしまうことすらあります。。

そのため、「かなり深爪だね!!」と言われるくらいの深爪を日々保っております。

そして、次に右手ですが「かなり長め」にしてあります。

これは「指弾き」する時にピック代わりにするためです。

アコギやクラシックギターを指弾きする場合、指の肉だと張りのある音を得られません。

そのため、爪を使うのですが、爪はピックよりもサウンドコントロールがしやすく、ピックよりも良いサウンドを得られることが多いです(^^)

ということで、右手は人と比べてだいぶ長めにしてあります。

それこそネイルを楽しむ女性くらいの長さになっています(苦笑)

しかし、この右手にはデメリットがあります。

それは、私生活に支障を来すということです。。。

今でこそ慣れましたが、伸ばし始めの頃はいろんなものに引っ掛けて剥がしそうになってしまいました(痛そうなネタでスンマセン)。。

しかも、周りの人から「ねぇねぇ、なんで爪長いの??そういう趣味あるの?」とか「なんで右手だけ爪伸ばしてるの??」とか興味本意で言われます(泣)

そして、デメリットはこれだけに留まらず、、、

パソコンのキーボードを破壊します。。

私の仕事用PCは既に右手部分のキーは文字が爪によって全て剥げてしまい、「N」に至っては人差し指の爪により穴があきそうになっています(苦笑)

ということで、もし興味があるという方がいらっしゃいましたら、

あくまでも『自己責任』でお願いします(笑)

それでは、皆さん自分に最適な爪の長さを探してみて下さいね!!

今回はここまで☆
また次回をお楽しみに!!

マウスに穴をあける勢いで!
↓↓↓

爪の長いあなたも、短いあなたもクリッククリック(^^)
↓↓↓

-ギターの座学

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.