ギターの哲学

ギター初心者上達正攻法!

更新日:

今日も寒かったですね~。
ギターを弾くのがちょっと億劫になるこの季節、弾いていると意外とポカポカしてきますので、暖房代わりにギター練習はいかがでしょうか?

といいながらコタツで更新中のPerinco@in Kotatsuです、こんばんは☆

今日は上達に関してネタです!

先日、とある初心者の方とお話する機会があったのですが、その方がこう言うんです。

「どうやったら上手くなれますか?」

と・・


私「どんな練習しているの?」

彼「スコアを見ながら曲を一生懸命練習しているんです!」

私「どんな曲?」

彼「◯◯や◯◯とかです」

私「それだけじゃなかなか上達しないかもね。。」

〇〇の部分は若い人たちに人気があるアーティスト名でした。


なぜ上達しないかわかりますか??

・・・

・・・

・・・

………答えは、

アーティストの嗜好が偏っていて、基礎を学ぶことが出来ていなかったんです。

例えば、私たちの時代のギターヒーローには割とエレキギターのポイントを学べる演奏をする人が多かったのですが、現在は良い意味でも悪い意味でも『楽曲ありき』でギターに関して「わかりやすく学べる」ものが少なくなっているように感じます。

その彼が聴いている音楽もトータルで見れば「カッコイイ」けど「ギターを学ぶにはちょっと・・」という感じなんですね。

やはり最初は「基本」「基礎」が超重要ですので、例え「好み」じゃなくっても、食わず嫌いせずに「過去のマスターたち」から学んでほしいわけです。
ギターの基本は今も昔もほとんど変わりないですし、聴いたら「カッコいい!」と思えるギタリストにも必ず巡り会えるはずですし♪

そして、曲だけ練習していても「おかしなクセ」をつけてしまうだけなので、当ブログで教えているような「クロマチック」に代表される日々の基礎トレも行ってほしいわけですね。
これらを行っているだけでも相当上達しますから。

つまり、『正しい練習法』+『ギターの練習になる楽曲』の二つを取り入れた練習をしていれば、上達しないわけがないんです。

そして、最後にこのことも覚えておいてほしいのですが、

「ギターはある時から急に上達する」

ということです。

伸び悩んでいたとしても、ある日を境にググ~~~ッんと伸び始めるんです!

だから、シツコイようですが、「どうやったら上達するか?」の答えは、

楽しみながら、そして「正しい方法」で続けることです。

・・・こんなことを感じたワンシーンでした。

それでは、今日はここまで☆
また次回!!!!!


上達ボタンです(笑)
↓↓↓

こちらもその手のボタンかと思われます。。是非・・m(_ _)m
↓↓↓

-ギターの哲学

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.