ギターの座学

一度で二度おいしい♪

更新日:

この極寒の中、わざわざ更に寒い雪山に行き、寒波で雪が吹き荒れる中を猛スピードで滑走してきたPerinco@物好きです、こんばんは!

いやぁ~、今年の寒波を完全になめていました・・・・。
これから雪山に行かれる皆さんは完全防備で臨んで下さいね☆


さて、今日は練習の時(スノボではないですよ。。もちろんギターの話です)、あわせて行うと効率的なものについてお話ししようと思います。

よく質問されるのですが、

「自宅練習では弾けるんですが、リハスタやライブでうまく弾けないんです。。緊張し過ぎなんですかね。。」

というものがあります。


この理由はもちろん「緊張」という要素もあるとは思います。

しかし、それよりも大きい理由に「立って弾くことに慣れていない」ということがあるんじゃないかと思うんです。

結構盲点ですよね。

皆さんが練習する時って、おそらく座っていると思います。
もちろん私も家では座って弾いています。

でも、実際バンド練習やライブでは立って演奏することになりますよね?

だから、いざ立って演奏すると、「あれ、、家では弾けてたんだけど。。」ってなるわけですね。

座って弾くのと立って弾くのとでは左手手首の余裕さや、右手の肘の感覚などが全然違ってきます。

それだけではなく、座って抱え込んでいるときは良く見える指板も立って弾くとあまり見えなくなってしまいます(ライブ中に指板ばかり見ていたらカッコ悪いですし・・)

では、一体どうやって解決するの??という話ですが、、、、


立って練習して下さいm(_ _)m


・・・すいません、これ以外の方法はないでしょう。。


例えば全ての練習を「座り」「立ち」で行ってみましょう。
そして、同じクオリティーになるよう意識しましょう。

これだけで充分です。

意外と見逃しがちなポイントですので、是非日頃の練習に取り入れてみて下さいね♪

一回の練習で二度おいしくなるはずですよ☆


それでは、今日はここまで!
次はまた動画をアップしちゃうかもです☆

では(^^)



追伸. スノーボードをやる人はギタリストの命「手首」をケガすることが多いです。手首骨折防止用の器具が売っていますので、是非装着してから滑りましょう!

ご協力をば一つm(_ _)m
↓↓↓
人気ブログランキングへ
お手間をとらせますが、、こちらもクリックをば一つ。。
↓↓↓

メルマガ配信始めました!

「週刊ギターの処方箋」無料につき是非ご購読をm(_ _)m
↓↓↓
メルマガ『ギターの処方箋』

  • この記事を書いた人

admin

-ギターの座学

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.