ギター上達脳覚醒計画第3弾!〜緊張を攻略せよ〜

この記事は3分で読めます



**************************************
いつも本当に助かっておりますっ!
↓↓↓


無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者でも安心して上達出来る教材ならコチラ ⇒ ギターの処方箋-種-
ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
**************************************

皆さんは人前で話をしたり、何かを披露するのが得意ですか?

私はと言いますと、割と得意な方ですが・・あんまり好きではありません(苦笑)
なぜ好きではないかと言いますと、始めてしまえば何とか出来るのですが、直前まで心臓がバックバクするからです・・(汗)

でも、緊張をある程度コントロール出来るようになっていますので、今ではステージから降りると「楽しかった〜」って思えるようになっています。

ということで、今日はどうやって緊張をコントロールしていけば良いのかについてお話ししてみようと思います。

さて、これを読んでいるということは、あなたは既にギターを演奏しているか・・少なからずギターに興味がある人なのだと思います。

そして、ギターを演奏するということは、多かれ少なかれステージに立ってライブを行う可能性があるということでもあります。

ということで、まだステージに立ったことがないという方も、今後のために今回の話は頭の片隅に置いておいて下さいね!
あっ、もちろん人前で演奏すること以外にも役立つ内容ですよっ♪

さて、よく言われる話ですが、緊張には「良い緊張」「悪い緊張」があります。

ちなみに、最高の演奏が出来たときというのは、「良い緊張」を保てた時なのです。

ということは、緊張というのは悪い側面だけではないということです。
ですので、緊張を全て悪い者にせず、緊張を味方につけることが重要なのです。

では、「良い緊張」と「悪い緊張」では何がどう違うのでしょうか?

まず、悪い緊張の例ですが、誰でも経験したことのある「上がってしまう」状態です。

「あ〜、俺の出番が来ちゃうよ〜・・ヽ(□ ̄ヽ))…((ノ ̄□)ノヘルプミ〜(涙)」って(笑)

緊張している時の人間の体内に生じるエネルギーはとっても強力ですから、ストレスレベルもピークに達してしまうことさえあります。

でも、ここで考えてみて下さい。

それだけ強力なエネルギーなのですから、プラスに働かせることが出来れば頼もしい存在になるのでは!?と思いませんか?

そう、このエネルギーを逆手にとって上手く使い熟せるようになると、最高の集中力を生むことが出来るのです!

では、どうすれば「上がっている」状態から「集中力」に変換出来るのでしょうか。

答えは二つ。

まず一つ目の答えは・・・、

開き直る!

です(笑)

「上がってはいけない・・」と思うからよけい不安感に陥ってしまい、更に上がってしまうのです。
ですから、逆に「思いっきり上がってやれ!」と考え方を逆転させてステージに臨めば良いんです。

すると、案外ライブ自体を楽しめちゃったりするものです。
だって、「上がってしまって良い」と決めているわけですから、上がってしまっても「当たり前」と思えますから(苦笑)

要するに「予想の心境の乱れ」にパニックを起こして上がってしまっているので、意図的に「予想の心境の乱れ」にしてしまえば良いという理屈です。

そして、不思議なことに、開き直ることで本当に心の余裕が生まれます。

ですから、私も大勢の前で行うセミナーやライブでは「なんとかなるだろー」と開き直って臨んでいます。そして、大概は本当に何とかなります(笑)

上がっても良いということにしているので、意外と状況を俯瞰でき、本来の力を発揮出来てしまうわけです。そして、結果的に「楽しかった〜」となるわけです♪

さて、続きましてもう一つの答えを。

「段階的リラクゼーション法」ってご存知ですか?

これは米国の生理学者E.ジェイコブソン氏が考案したものなのですが、簡単に言うと「パブロフの犬」に代表される条件反射を利用したものです。

多くの人は体の筋肉に力を入れて緊張を強めてから、ゆっくりと力を抜いていくと気持ち良さを感じるものです。
例えば、思いっきり伸びをしてから力を緩める動作なんかがそれに当たります。

で、上がってしまうという状況は、筋肉も緊張して固くなっている状況ですので、この状態と同じと言えます。

そこで、その状態に脱力した際の「気もち良い♪」という情報を意図的に加えることによって、実際の緊張時にも脱力することで「気もち良い♪」を条件反射として引き出すことができるようにしようというわけです。

緊張時の反応を逆に「気持ちいい♪」に変えてしまえるなんて、ちょっとワクワクしませんか?

ということで、ステージに上がる前に緊張でガチガチになってきたら、思いっきり筋肉に力を入れた後、ゆっくりと脱力することで、リラックス状態を条件反射で引き出しちゃいましょう!
注)もちろん普段から訓練しておくことが重要です。

以上、緊張しそうなシーンを目前にしている場合は、まず「開き直る」ようにし、それでも緊張が収まらないようでしたら、「段階的リラクゼーション法」を使うなど、シーンによって使い分けてみてはいかがでしょうか??

それでは、緊張を攻略して来年もたくさんライブを経験して下さいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

さぁ、緊張せずにポチっと・・□_ρ゙(^‥^=)~
 ↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・オススメ教材はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
・厳選!オススメギターグッズはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 丸田
    • 2013年 12月18日

    やる事をやった大前提ですが本番前は直前は全く違う事をしてたりします(笑)

    みんなからはそれ弾くんだって聴かれる度に

    「全然関係ないよ〜」って言って笑わせました(笑)

      • perinco
      • 2013年 12月18日

      >丸田さん

      そういうリラックス法もありだね〜(^^)
      そして、それだけ余裕があればバッチシだね!

    • LTマーヴェリック
    • 2013年 12月18日

    確かに 最初は緊張します。  でも あの スポットライトをあびると
    もう すっかり 無我の境地に入り、俺はスターだ!!!っと 思ってしまいます。   もう一度 あの スポットライトの中に戻りたいです。

      • perinco
      • 2013年 12月18日

      >LTマーヴェリックさん

      確かにスポットライトは気持ちいいですよね!!
      是非、またスポットライトの中に戻って下さいね!!

    • 鉄馬乗り・たかふみ
    • 2013年 12月20日

    酒パワーで本番を乗り切る方も多いみたいですね(^^;;
    ダーツの試合でもよくある光景です(笑)
    でも、酒パワーに頼っては、緊張に打ち克ったとは言えないんですよね…
    ある程度の緊張というのは、最高のパフォーマンスを引き出すとも聞いたことがあります。
    やはり、鍛錬を積んで緊張に打ち克つのがいいのでしょうね^_^

      • perinco
      • 2013年 12月20日

      >鉄馬乗り・たかふみさん

      私も昔はよくステージドリンクをお酒にして緊張をほぐしていたものですが、残念なことに演奏にマイナスに働くんですよね・・(苦笑)

      やっぱり緊張を適度にして、前向きなパワーに変えていく方が良さそうです♪

    • RC30
    • 2013年 12月20日

    色んな事に当てはまりますが、結局 開き直りは大事ですね。
    ボクは日常でもかなり有ります(^^;;

      • perinco
      • 2013年 12月20日

      >RC30さん

      私も日常的に緊張することが多いので、開き直りを大切にしております(苦笑)

        • YNO
        • 2013年 12月22日

        私も人前では緊張するほうなので、開き直れるように努力しています(^^;

        今、いまいち弾き方が分からない曲があります。

        動画のリンクが貼れないので・・・

        申し訳無いのですが、YouTubeにクリエイション タバコロードで検索すると、一番先に出てくる動画があるのですが、曲の始めの方のバッキングでクチャクチャ言っているのがあるのですが、これはどう弾いているのか分からず仕舞いでした(ToT)

        エフェクターなのかなとも思いましたが・・(汗)

          • perinco
          • 2013年 12月24日

          >YNOさん

          遅い返答になってしまい申し訳ありません(^^;
          教室のイベント等でドタバタしておりました。。

          さてさて、このサウンドですが「ワウ」です。
          ペダル状のエフェクターですが、踏み込むと「ワウワウ」します(笑)

          このエフェクターは他のエフェクターと違い、使いこなす技術が必要になるのが特徴です。

    • NT
    • 2013年 12月24日

    もっと早くこの記事を見ればよかったのにと後悔してます(T T) 今日ライブで、本番前に今までにないくらいあがってしまいまさかのイントロのリフを忘れてしまい散々なライブになってしまいました、、  もう少しリラックスして適度な緊張感でLIVEができるようになりたいです(;_;) 

      • perinco
      • 2013年 12月25日

      >NTさん

      緊張をコントロール出来るようになるには場数をこなすこともポイントになるので、逆に良い経験だったと思うようにしましょう(^^)
      そう言う私も過去同じような経験がかなりあります・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。