Gibson Flying V伝説

この記事は2分で読めます

*******************************
いつもクリックしていただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

ギターの処方箋プレゼンツ教材 → ギターの処方箋-種-
ブログを最初から閲覧される方はこちらからどうぞ!→1回目の記事
ギター教室関連記事はこちらから →
ギター教室
Perincoさんのギター教室 → ギターの処方箋TAKAMURA
*******************************

ここのところ日曜大工ならぬ平日大工に勤しんでいる私ですが、ホームセンターのスタッフさんのお顔を大体覚えてしまいました・・(^^;どんだけ行ってんだろ。。


さて、先日の5大エレクトリック・ギターの回で、「フライングVって意外と歴史があるのね~」という話がありましたので、今日はフライングVの歴史を紐解いてみようと思います。


フライングVは1958年に同じく変形ギターの草分け的存在である「エクスプローラー」と同時に発売されます。

これはレスポール以来保守的だったソリッドボディギターの形状に斬新さを求めた結果なのですが、少し形状が奇抜すぎたようで(笑)市場に受け入れられず、なんと早くも翌年に生産終了してしまいます・・。

もちろんエクスプローラーも同時に生産を終えてしまいます・・・・・(T▽T)

ちなみに、エクスプローラーはこちら。

エクスプローラー


そんなこんなで日の目を見なかったフライングVですが、60年代後半から70年代初め頃にかけて、この奇抜で攻撃的なルックスに目をつけたロック系ミュージシャンからの支持を集めるようになっていくのです!


その中の一人で、非常に有名なのが彼ですよね。

シェンカー

泣く子も黙る、神こと「マイケル・シェンカー」です♪

このVの羽を股に挟んで演奏するこの姿に憧れた人は多いでしょう(^^)
私もこの姿を拝見すると未だにVが欲しくなってしまいます・・。


そんなこんなでようやく脚光を浴びたフライングVはエクスプローラーと共に1980年代に本家Gibsonから復刻されます!!


そこからは皆さんご存知のとおり、国内外問わず多くのギタリストに愛されながら現在に至っております。


ということで、奇跡の復活を果たしたフライングV。
これはもはや伝説と言えるでしょう!


ちなみに、見た目の派手さが取り沙汰されるフライングVですが、サウンド面についてあまり言及されることがないので、ちょっと触れてみようと思います。


実は、見た目の派手さとは打って変わって、「甘いサウンド」なんです!

これはマホガニー材を使っていることからなのですが、太く甘いサウンドで、それこそジャズにも向いていたりします・・
ジャズでVを使っていたら驚かれる
とは思いますが(こんな風に→Σ(=ω= ;))、サウンド面では向いているので、アリなんですよね・・(^^;


と、このようにメタルからジャズ/ブルースまで、意外と使えるジャンルが幅広いんです♪

そんなオールラウンダーなフライングV、是非一度試してみて下さいね!
新たな魅力に出会えるかもしれませんよ(^^)


それでは、今回はここまで!
また次回をお楽しみに~☆


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2012 05.27

    野外・・・

  2. 2013 02.18

    あるべき姿

  1. マイケル・シェンカーを好きになって、フェルナンデスからでてた、マイケル・シェンカー・モデルを即買いしました。
    その後、ツアーに出る為に色違いのフェルナンデスのケーラーのコピー付き二台を購入しました。
    今は、白のフライングVを持ってます。
    これが、ボディもネックも太くて弾きづらいです(笑)
    でもフライングVは良いですよね。
    お陰でワウワウ(ジェン)は左足でしかコントロール出来ません(笑)

  2. >マサオッシーさん
    本当にお好きなんですね(^^)
    確かに独特の魅力がありますよね♪
    そして、左足ワウになりますよね(笑)

  3. ストラトが非常に小さく見えるのですが、こんな物なのでしょうか・・・。
    それと、アームにガタと言いますか、少し遊びがあるのですが、これが普通なのでしょうか?
    分からない事ばかりです・・・。
    今回、購入したストラトは普通の指板ですが、スキャロップ加工された物と普通のだと、ペリンコ様はどちらがお好きでしょう?
    ギターを拭くヤツが欲しいのですが、ペリンコ様愛用の品は御座いますでしょうか。
    質問攻めになってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

  4. >YNOさん
    レスポールからの持ち替えでしたら、ストラトは薄く軽いので、そう感じてもおかしくないですよ(^^)
    あと、アームには遊びがあっていいんです。
    そういうものです♪
    私はスキャロップドより通常の指板の方が好きです。確かに軽く弾けるのですが、私は通常の指板でも難を感じたことがないので、あえてスキャロップドは選ばないでしょう(^^)
    軽いスキャロップド加工は所有していますが、そんなに恩恵を感じたことはありません(汗)
    ギターを拭くヤツ=ギタークロスなわけですが、私はマイクロファイバークロスが好きです♪
    汚れがよく落ちますよ☆
    以上、ご参考まで。

  5. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    ご丁寧にありがとうございます。
    参考にさせて頂きます!

  6. 私はギタリストではありませんが…ギターバンドは好きで聴いてます!
    勿論、マイケルシェンカーも大好きです!
    フライングV…オールラウンドに使える一品だったとは…
    そういえば…大昔のブルースギタリストでいましたね…愛用してた人…名前、ど忘れしちゃいましたが…(^_^;)
    大変興味深い内容で面白かったです!
    また、時々お邪魔させてもらいます(^o^)/

    • yui-hrasawa-high-tech
    • 2013年 4月26日

    こんばんは。ねこ平沢です。
    賛否両論、非難轟々を覚悟しまして、
    エレクトリックギターの音の与える影響順に、並べてみました。
    例えば、スピーカーケーブルを替えるより、アンプを替たほうがずっと、
    音の変化が、大きいという順番です。
    数値化をしたかったのと、エフェクターを入れたかったのですが、断念しました。
    あえていれるなら、2点に絞り、アンプ70:ギター30です。
    皆様は、いかがお考えでしょうか?
    アンプ > アンプのスピーカー > ギター > ギターPU > 弦 > シールド >
    パッチケーブル > コンデンサー > 配線材 > スピーカーケーブル > ……

  7. >エーリッヒ・ツァンさん
    そう言っていただけると嬉しいです(^^)
    もしや、Albert Kingではないですか??
    ブルースでVと言えば・・と思いまして♪

  8. >yui-hrasawa-high-techさん
    面白いですね^^
    私もアンプが一番音に影響を与えると思っています。
    プリアンプ>パワーアンプ>ギター>PU>コンデンサー>キャビ>シールド>・・・・
    私は、こんなイメージです(^^;

  9. クロスはギター用でなくても、何でも良いのでしょうか?
    よく、car用品で見かけますが・・・。

    • yui-hrasawa-high-tech
    • 2013年 4月26日

    7-9-11
    教授、こんばんは。
    ありがとうございます。勉強になります。
    最下位に、ストラップを入れようと思ったのですが、
    「そりゃあ、弾き心地がいいストラップは、音に影響するんだよ。」
    と言われれば、そうかとおもいますし。
    あ、唯ちゃんのシールは、俄然、やる気が湧いてくると思いますので、
    侮れないのですが。わたしだけ。

  10. >YNOさん
    それは考えたことがなかったですね・・。
    たぶん大丈夫でしょうけど、物による部分があるでしょうし、絶対とは言い切れないので、楽器用を購入しておくのが無難でしょう(^^;

  11. >yui-hrasawa-high-techさん
    確かに弾き心地の良いストラップは結構重要なポジションに位置づけられそうですね・・(笑)

  12. フロイドローズを取り付けようと考えておりましたが、ナットからヘッドにかけてのローズウッドのクリア塗装が綺麗で、剥がすには勿体無い気も致しまして・・・悩むところです・・(汗
    それでも、ロックナットや太いアームは見た目も魅力的ですね・・・・・・。

  13. >YNOさん
    う~ん、じっくり考えて決めた方がいいですよ(^^;
    後戻りの出来ない作業ですから・・

  14. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    もし、ペリンコさんだったら、自力でノーマルストラトに、フロイドローズ装着の勇気はありますでしょうか・・・?
    なんて、変な質問すみません
    僕はどうも、ノーマルの細いアームが好きでは無く・・・・、あのアームがいいッス。
    完全に見た目だけに惹かれています(*´д`*)

  15. >YNOさん
    今の私にはないですね(^^;
    でも、高校~大学時代くらいならやってもおかしくないですね・・・。
    そして、今の私は、あの細身のアームが大好物です(苦笑)これも歳を重ねると分かるようになると思いますよ♪

    • 8段がさねバーガー
    • 2013年 4月28日

    単車の話ですが、私は、族では全くありませんでしたが、集合マフラー、メッシュホース、ギア、添加剤などなど、手を加えましたが、結局、ノーマルが一番だと思いました。

  16. >8段がさねバーガーさん
    確かに(^^)
    私もギターをいろいろ改造してきた結果、概ねノーマルの方が良かった・・ということが多い気がします。
    参考になるご意見、ありがとうございます!

    • 8段がさねバーガー
    • 2013年 4月28日

    ギターの音量を大きくするほど、増幅するエフェクターはありますか?
    (軽く弾くと変わらない。ガって弾くと大きくなる)

  17. >8段がさねバーガーさん
    文章からだけではニュアンスが掴みきれずにおります・・(^^;
    ようするにタッチに繊細に反応してくれる・・ということでしょうか?
    この場合、ブティックペダルと呼ばれるような高級オーバードライブなどはかなりセンシティブに反応してくれるので、軽く弾く時はクリーン、強く弾くとバシッと歪んでくれます。
    または、コンプレッサーをうまく使えば、ある一定音量以上の音を持ち上げることは出来ます(^^)

    • 8段がさねバーガー
    • 2013年 4月29日

    言葉足らずでごめんなさい。
    『弱く弾いたときは、ギターのボリュームはそのまま、
    強く弾いた時は、弾いた強さに応じてギターのボリュームを大きく』
    というイメージです。
    さらに、強く弾いたときには、強さにお怖じて増幅。増幅幅やカーブも変えられるアンプのようなものです。
    宜しくお願いします

  18. >8段がさねバーガーさん
    う~ん、それはなさそうですね・・(^^;
    もしそういう演奏をしている音源があるであれば、聞いてみれば何を使っているか限定出来ると思いますが・・。
    お役に立てず申し訳ないです。。

    • 8段がさねバーガー
    • 2013年 4月30日

    ありがとうございます。
    無いとわかったことがありがたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。