未分類

野外・・・

更新日:

半袖の似合う季節の到来です!

さっそく本日も半袖短パンでサイクリングをしてきたPerinco@虚弱体質のくせに意外とスポーツ好きです、本日二度目のこんにちは!

昨日近所の映画館にジョニー・デップの最新作「ダーク・シャドウ」を観に行ってまいりました。

作品についてはネタばれになってしまうので・・言及しないとして(苦笑)、、、

私が行った映画館は大型ショッピングモールに入っていまして、演奏などのイベントが行える屋外ステージも設けられています。
昨日はこのステージでライブが行われていたんです♪

演奏自体のクオリティーも高かったのですが、それ以上に青空の下で演奏者と観客が一体になっていて、「野外ライブならではの良さ」を感じました。

ちなみに皆さん、

野外でライブをしたことありますか?

もししたことがないなら、是非行ってみることをオススメします!

「最高の開放感」

が味わえちゃいます(^^)

そして、

ハートが鍛えられます!

なんせ大勢の目に晒されますし、路上の場合、下手すると全く立ち止まってももらえませんので、とってもハートが強くなります(苦笑)

私も10代で路上デビュー?しましたが、最初は誰も立ち止まってくれず、心が折れそうになったものですが、続けることで人垣ができるまでになり、その時は、最高に嬉しかったのを覚えています。

継続は力なりですね(^^)

・・・ですが!

人垣をくぐり抜けてきた警官に手で大きく「×」を出され、演奏を中止させられてしまうことも多くなりましたが。。。
※人が大勢立ち止まるとこんなことになりますので、お気をつけ下さい(^^;

ということで、いろいろな意味で「力がつきます」ので、まだ路上デビューしたことがない人は是非チャレンジしてみてくださいね(^^)

また、路上ライブや公園などでの野外ステージライブは、ライブハウスなどの屋内ライブに比べて、圧倒的な開放感があります。

見上げればどこまでも続く青空。

夜ならば星空。

そこに自分が奏でるBGMが響き渡る・・最高です。

・・う~ん、ちょっとクサイ表現になってしまいましたが、一度挑戦してみれば私の言っていることがわかりますよ!

ちなみに、バンドでも路上ライブができます♪

私の場合、弾き語りスタイルではありませんので、バンドで路上ライブを行っていました。

電池駆動のアンプを用意するか、「発電機」をレンタルすれば良いのです!

crate


有名どころだとコレでしょう(Crateという製品です)

 

私の時代はこんな素敵なモノがありませんでしたので、問答無用で「デカい発電機」+「デカいアンプ」でしたが・・・(苦笑)

自家発電機


自家発電機・・・・

 

 

ということで、この夏は恥ずかしがらずに「野外デビュー」しちゃってくださいね!!!!!

それでは、また次回お楽しみに☆

P.S
野外は楽器が汚れやすいので、終わった後はしっかり拭いて上げてくださいね(^^)

是非一つクリックのご協力をm(_ _)m
↓↓↓

こちらもお一つお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

メルマガ配信中!

「週刊ギターの処方箋」無料ですので是非お一つどうぞ!
そろそろ次号発行いたします(^^)
↓↓↓
メルマガ『ギターの処方箋』

・オススメ記事一覧はコチラ
・オススメ教材はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
・厳選!オススメギターグッズはコチラ

Sponsored Link

-未分類

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.