ストラップの美学・続編

この記事は2分で読めます

*********************************
ブログランキングに参加しています!是非ご協力くださいm(_ _)m
↓↓↓

*********************************

皆さまのおかげで現在ランキング第2位でございます(^^)
ご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
引き続き、ご協力の程どうぞよろしくお願いします☆

さて、只今新居のリビングをDIYで「カーペット→フローリング化」しようと目論んでいるPerinco@割と凝り性です、おはよーございます(^^)

おそらく道具にもこだわってしまいそうで・・・結局業者に頼んだ方が安くてキレイに仕上がったのでは(━_━)ゝ??となるに違いありませんが・・・・その作り上げる過程を楽しみたい派なので、恐らく自ら行うことになるでしょう。。

一つ問題があるとすれば、教室開業準備の合間に行うので、時間が足りるのか!?ということくらいです・・

って、一番重要な問題じゃん!

・・書いていて、そんなことしている時間がないことに今気づいた大バカ者ですo(T◇T o)

支障を来さないような方法を考えてみます(;^ω^)

・・と、いつも通りのくだらない前置きが大分長くなりましたが、昨日のストラップの美学のコメント欄に「立って弾いてみたら弾けなかった」という書き込みがあり、これは意外と皆さん感じているのでは?と思いましたので共有させていただこうと思います。

ちなみに過去記事でもこのことに触れたことがありますので、是非あわせてご参照下さい。

コチラ

で、読んでいただくとわかると思いますが、立って弾くのはまた別の技術だと割り切って下さい。

ですので、運指を練習したり、曲を練習するのは座って行っていて問題ありませんが、覚えた内容を必ず立っても再現できるように、時間を割く必要があります。

さて、今回はその「立って弾く練習」をする際の、効果的な方法を一つ提案させていただきます。

昨日の記事で書いた通り、

ストラップは短く調節した方が、長く調節するよりも演奏性が高いのですが、この原則を活用します。

何をするかと言いますと、ストラップを出来るだけ短く調節することで、座って弾く時との違和感を最小限に押さえ込むということです。

座って弾く時というのは、猫背になりギターを抱え込むようなスタイルになっているため、顔と楽器の距離が近く、指板も確認しやすいということと、左手首にかかる負担も最小限で済むというメリットを享受しています。

これが立った状態だと、ギターを抱え込むというよりも、ギターがぶら下がる状態になりますので、指板の確認もしづらく、ネックの位置も下がることで左手首を不自然に曲げなければ演奏できなくなってしまい、演奏性が著しく低下するだけでなく、手首に大きな負荷がかかってしまいます(最悪の場合、腱鞘炎になる可能性もありますのでお気をつけ下さい・・)。

これを解決するには、座り時に近い状況を作ることが重要です。

つまり、

顔とネックの距離が近い

左手首にかかる負荷が少ない

という状況です。

で、この二つは、ストラップを短くするだけで簡単に解決してしまうのです!

なので、最初は出来るだけ短めにして立ち弾きに慣れていくようにしましょう♪

ただし、短くし過ぎると「弾きやすい」ですが、「カッコイイ」とは思えないかもしれません
※ジャズ系なら逆に短いの方がカッコ良かったりしますが・・

極端に言えば・・また昨日の写真にご登場いただきますが・・

田端義夫

の状態になるということです(^^;
※田端義夫さんファンの皆様、すいません・・好きだからこそでございますm(_ _)m

ですので、短い状態で慣れて来たら少しずつ長くしていき、「弾きやすい
」と「カッコイイ」の妥協点を見つけ、「自分らしい長さ」に落ち着くようにして下さいね(^^)

ということで、今回はこんなところで☆
それでは、また次回をお楽しみに(^^)v

P.S.

今回のように、書き込みを記事として取り上げさせていただくことがあります。
ですので、他の人も救うと思ってご意見、ご感想、ご質問などバシバシ書き込んでいただければ幸いです(^^)
よろしくお願いしますm(_ _)m

いつもありがとうございます!先に感謝を伝えるタイプです(笑)

↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2011 12.31

    大晦日

  1. 私にはギターの師匠が大勢いらっしゃいます。
    リアル師匠。書籍師匠。ネット師匠。素人師匠。
    どの方も勝手に師匠と思わせて頂いてるだけで、師匠の皆さんは私を弟子だと思ってないでしょうけど(笑)
    某書籍師匠の教えは「座って弾く時もストラップを使え」です。
    曰わく、ストラップによってぶら下がったギターを弾く癖がつく。そしてストラップ無しのギターを安定させようとする意識を弾くことに集中させられる。
    とのことです。
    けど、座って、ギターを手に取ってすぐ弾くというスピード動作に、ストラップを首に回すという動作が追加され、面倒くさくて面倒くさくて、座った場合はストラップ無しで弾き始めちゃいますけど(^^ゞ
    因みに素人師匠は、うちの息子です(笑)
    「どう?弾けてる?」に「まだまだだね!全然!」と
    決して褒めてくれない、一番辛辣な師匠です(笑)

  2. >瑠璃葉さん
    師匠がたくさんいらっしゃるのは良いことですね(^^)私もリアル師匠以外にも、勝手に尊敬してマネさせていただいた師匠がたくさんいました♪
    なんというか、上達には「正しい道」というものがなく、いろいろな人から吸収して、「人とは違う自分らしい成長」が出来たら良いのだと思います。
    例えば、書籍師匠のおっしゃっているストラップをつけた状態で座り弾き・・というものも、私なら「その習慣は良いけれど、やる気になった時にはストラップなど気にせず、すぐに弾く方がよっぽど重要」と言うかもしれません(^^;
    なぜならば、慣れていれば身体が勝手にギターのバランスをとり、そこにエネルギーはとられないからです。※無意識に自転車に乗れるのと似ていますね(^^)
    ただ、この場合どちらも実は正しく、「初心者なら出来るだけストラップをつけた方が応用が効く様になり、慣れて来たら別にどちらでも構わない」なのだと思います。
    ※ちなみに私がずっと師事していた師匠は、座り時のレッスンでストラップをほとんどしていなかった私に、するように指導したことはありませんでした・・(苦笑)立って弾く練習をする時間を作れといつも言っていましたが・・
    書籍だとそのニュアンスまで解説することが出来ませんので、こういった教本状の媒体でありながら「意思疎通」が可能なネット媒体に魅力を感じて更新している次第です(^^)
    でも一番良いのは「辛辣な息子さん師匠」かもしれませんね(^^)v

  3. >ギター初心者お助け人@Perincoさん。
    そうなんです。
    いろいろ試して、自分に適している、
    役に立っている方法を取り入れています。
    perinco師匠のネットアドバイスは、
    自分の中でけっこう取り入れてますよ!
    息子師匠には正直なところ
    「くっそ~! お前にギターなんか、
    弾けね~だろ~! ヘッヘ~!!」
    という、親なのに大人げないモチベーション
    の材料にしてます(笑)

  4. >瑠璃葉さん
    一番ご自身に合った方法を取り入れられるというのは良いですよね(^^)
    また、私のアドバイスを参考にしていただけているとのこと、とっても嬉しいです♪
    これからもお役に立てるような内容を出来る限りお届けしてまいりますね!!
    息子師匠への気持ち、なんだか分かる様な気がします(笑)
    ある意味、良いモチベーションかもしれませんね(^^)

  5. テスト、終わってから立って弾く練習しよう(*^O^*)!

  6. >熱血ギタリスト!!さん
    是非チャレンジしてみて下さい(^^)
    あれっ!?弾けていたフレーズが上手く弾けない(焦)となるかもしれません(苦笑)
    もちろん慣れてきますので問題ないですよ~

  7. Wikipediaより
    1960年代後半、音楽番組の収録で一緒になった「ザ・ゴールデン・カップス」のルイズルイス加部が、休憩時間に田端がトイレに行った隙を見計らい、田端のエレキギターを勝手に拝借しディストーションをかけてレッド・ツェッペリンの「コミュニケーション・ブレイクダウン」を大音量で弾いた。スタジオに戻った田端はその様子に大激怒し、ギターを取り上げるとそのまま帰ってしまった。(「ベースマガジン」1992年2月号 ルイズルイス加部インタビューより)

  8. 田端義夫さんのギターについては、深く考えたことは、ありませんでした。
    何か見たことがないギターだなというくらいで…。
    調べている方がいらっしゃいました。
    http://yasu1209.blogspot.jp/2009/11/vitsi.html
    1952年製! すごいヴィンテージだわ。
    ナショナルというギターメーカーは知りませんでした。
    かしまし娘もGibsonですか!
    玉川カルテットも捨てがたい。
    Gibson ES-175、ES-335ですって。
    こちらも、すっごいヴィンテージでしょうかっ。

  9. 思えば、
    雅楽や三味線とポップスの融合。
    原点は、漫談にあった!
    それにしても、当時のGibsonなんて、とんでもない高価な品だったはず。やっぱりプロなんですね!

  10. 連続投稿ごめんなさい。
    https://www.google.co.jp/search?q=national+guitar&hl=ja&safe=off&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=j1Z3UOqKFK_FmQXw_IA4&sqi=2&ved=0CDIQsAQ&biw=1295&bih=842
    national guitar 。すごいんですけど、デザインが….。買うか….。

  11. >Tuning Forkさん
    スゴイ逸話ですね・・(^^;
    あの田端さんの大切にしているギターにディストーションかけてツェッペリン。。
    若さがなせる業でしょうか(苦笑)

  12. >Tuning Forkさん
    ナショナルと言えば「ドブロギター」の前進みたいなイメージがあります(^^)
    あの当時はGibson(今でこそヴィンテージ)が当たり前に使われていました(良い時代ですね・・)
    時代的に言うとチャック・ベリーがES-335をかき鳴らしていた頃でしょうか(^^)

  13. >Tuning Forkさん
    本当、日本の場合、漫談が原点かもしれません。スゴイ独特ですよね♪
    そうですね、エレキギターは高嶺の花(高値の花かもですね・・苦笑)だったと思います。
    プロフェッショナルの道具として、投資されたんでしょうね(^^)

  14. >Tuning Forkさん
    今見ても「新しい」感じがしますよね(^^;
    ドブロは一本欲しいと思っています☆

  15. Dear Guitar no Shohosen representative,
    Hello,Guitar shosinsha otasukenin@Perinco San.
    In my comment, thank you for a reply.
    Oh!
    Chuck Berry!
    Back to the Future!
    なお、ここからは、日本語でお伝えします。
    唯が、National Guitarを「かわいいから」と買っていたら、
    わたしは、TALBOはもちろんのこと、Gibson les paulを
    買わずに、National Guitarを買っていたことでしょう。
    では、失礼いたします。ありがとうございました。
    Respectfully,
    Tuning Fork
    From Tokyo Japan.

  16. わたしには、エア師匠がいます。
    エア妹もいましたが、さすがに、ヤバイので、今はいません。
    さて、ストラップですが、とあることで楽器屋さんに、クレームつけたら、ごめんなさいと、送ってくれたもので。
    結構、いいやつなんですが、ものすごく長い。
    一番短くしても、ピッキングできないくらい長い。
    175cmの私でもダメ。これ、どう見てもアメリカ人向け。むー。

  17. >Tuning Forkさん
    やっぱりチャック・ベリーと言えば・・「Back to the Future」ですよね(笑)
    一本目のギターがNational Guitarだったら渋過ぎですよね(^^;
    そして、よく知っていたなと・・また良く手に入ったなとダブルで驚きます(苦笑)
    best regards,
    Perinco
    From Kanagawa Japan.

  18. >Tuning Forkさん
    エア師匠ってスゴイですよね・・つまり「実在しない」ということでしょうか(苦笑)
    エア妹は怪しい香りがしますね・・(^^;
    ちなみに、私も以前使っていたストラップがアメリカサイズだったのか、一番短くしても左手がヤバいくらい変な角度になっていました..
    それにしても、ピッキングできないくらいってかなり長いですね(T T)

  19. こんにちは。
    わお。National Guitarの現行製品…
    http://www.nationalguitars.com/home.html
    ド、ドブロですね….
    高そうですね。
    でもしっかり、ボディーやネック、ヘッドは、
    しっかり、田端義夫さんのギターと同じですね。
    ここまできたら、アンプは何をお使いなのか気になります。
    結構、太いシールドとかも。
    シールドはストラップを通してらっしゃいますし、
    あまり、関心はなかったのですが、
    大御所には違いないので、ちょっと、昔の映像を
    YouTubeで見てみようと思います。
    玉川カルテットも….。
    どうして、漫談の方は、フルアコなのかしら。
    いざとなったら、アンプなしでもやるよって、ことかしら。
    では、失礼します。

  20. >Tuning Forkさん
    こんにちは(^^)
    National Guitarの現行品群、イカしてますね!!ドブロはカッコ良すぎです・・欲しい(苦笑)
    私も田端義夫さんの演奏は大分前に聴いたっきりでしたので、YouTubeで探してみようと思います♪
    漫談がフルアコの理由・・何かありそうですね(笑)

  21. http://blog.livedoor.jp/m_shike/archives/51088390.html
    強烈に面白いです。
    ホント、興味の無い方には申し訳ありません。
    でも、やっぱり、なんであれ、ギターを持ってプロであるというのは、すごいことなんだなと、思いました。

  22. >Tuning Forkさん
    確かに(^^)
    メンバーの一人が丸い眼鏡をかけている・・笑わせていただきました☆

  23. 先生、本当、おつきあいをいただきまして、申し訳ありません。
    ありがとうございます。
    これが、最後です。
    おそらく、わけのわからない話をしているなと、
    思われている方もいらっしゃると思いまして、動画リンクを貼ります。
    玉川カルテット&玉川勝太郎
    https://www.youtube.com/watch?v=Vak4qaWg0rs&feature=g-hist
    玉川カルテット
    https://www.youtube.com/watch?v=C8zhCXZsjpo&feature=g-hist
    シールドが床に落ちていない。ワイヤレス?昔からあったのか?
    Fenderらしきアンプが見えるが、アンプの前にマイクがない。
    しかも、アンプは1台しかない。
    しかし、弾いている音がする。不思議た。
    大利根月夜 田端義夫
    https://www.youtube.com/watch?v=VUMKEYHObpQ&feature=g-hist
    ふるさとの燈台 田端義夫
    https://www.youtube.com/watch?v=tc6B7eHPNn4&feature=related
    田端先生は、シールドが床に落ちている。
    やっぱりシールドは極太。
    ネック落ちしている。(いやこれが、田端先生流)
    ありがとうございました。

  24. >Tuning Forkさん
    玉川カルテットの335は良い音鳴ってますね(^^)
    ラリー・カールトンのようです♪
    恐らくこの時代もワイアレスはあったと思うので、それだと思います。
    それにしてもアンプはどこに隠しているのでしょうか・・たしかに漫談にアンプのイメージはないですからね(苦笑)
    田端先生はやっぱり良いですね~。
    時代は古くても良い音楽や音というのは共感できるものです☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。