ギター練習の心得15 〜ハンマリングオンとプリングオフ〜

この記事は2分で読めます

明日は友人の結婚式。

演奏やら司会やらやらされることになり、超てんてこ舞いなのにブログを書いてしまうワタクシです♪


試験前に掃除をしたくなる症候群・・


さて、そろそろ「コード」がくるかと思いきや、「ハンマリングオン&プリングオフ」をまず説明しておこうと思っている
Perinco@天邪鬼です、こんばんは。


なんせこの技術はギターを弾く上でかかせないものだからです。

 

エレキでもアコギでもこれをマスターしないとスムーズなフレージングができませんので、自信がないという方は今回マスターしちゃってくださいね!

 

ということで、またもや動画を作成してみましたので、さっそくご覧下さい。

 

 

いかがでしたか?

 

ハンマリングオンとは名前の通り、「弦をハンマリング(叩く)」もの。

 

プリングオフとは名前の通り、「弦をプリング(引っ掛けて離す)もの。

 

これが理解できていないと、ただ指を乗せて離すだけになってしまい、小さい音しか鳴りません。。


本来のハンマリング、プリングはピッキングしたのに等しい音量がなるものなので、しっかり見につけてくださいね!

 

ちなみにこのテクニックは以前エフェクター紹介でアップした下記動画でバリバリ使っています。

最後あたりでラリー・カールトン先生の「Room 335の有名なフレーズを弾いているのですが、これは正に最初の1音以外の2音はハンマリングとプリングで鳴らしているわけですね

 

そして、一番最後に適当に弾いたフレーズなんかもそうです。

 

・・というか、全般的に使っていますが・・。

 

ちなみにハンマリングとプリングを速く繰り返すと「トリル」というテクニックになりますので、こちらも是非挑戦してみてくださいね(^^)

 

 

それでは、今日はこんなところで!

また次回お楽しみに!

 

P.S.
ご意見ご質問などいつもどおりコメント欄にいただけると小躍りして喜びますです。
そして、当『ギターの処方箋』を皆さんのブログや周囲の方にご紹介いただければ幸いですm(_ _)m

 

目指せ!3位!・・謙虚な私に1クリックをば(^^;
↓↓↓

目指せ!・・・10位!・・それくらいが丁度いい!
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 10.27

    唯一の才能

  1. とても参考になります\(^o^)/
    質問なのですが
    プリングオフする時に指で引っ掻くようになるとどうしても遅くなってしまうのですが、早くプリングオフをするコツを教えてください

  2. ブログで紹介しました!!
    http://ameblo.jp/hisakamysound/entry11181815608.html

  3. >きるあさん
    コメントありがとうございます!
    引っ掻くというより「指板に押し付けて引っ掛ける」という感覚が正確かもしれませんね♪
    あとはゆっくりでも正確に出来るように練習して下さいね。
    いくら早くて正確でなければカッコ悪いので(苦笑)
    あとは慣れで速く弾けるようになります☆

  4. >Hisaka@StratoCasterさん
    ありがとうございます!!!!!!
    拝見させていただきました☆
    今後ともどうぞ宜しくお願いします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。