ギターの練習

ギター練習の心得15 〜ハンマリングオンとプリングオフ〜

更新日:

明日は友人の結婚式。

演奏やら司会やらやらされることになり、超てんてこ舞いなのにブログを書いてしまうワタクシです♪


試験前に掃除をしたくなる症候群・・


さて、そろそろ「コード」がくるかと思いきや、「ハンマリングオン&プリングオフ」をまず説明しておこうと思っている
Perinco@天邪鬼です、こんばんは。


なんせこの技術はギターを弾く上でかかせないものだからです。

 

エレキでもアコギでもこれをマスターしないとスムーズなフレージングができませんので、自信がないという方は今回マスターしちゃってくださいね!

 

ということで、またもや動画を作成してみましたので、さっそくご覧下さい。

 

 

いかがでしたか?

 

ハンマリングオンとは名前の通り、「弦をハンマリング(叩く)」もの。

 

プリングオフとは名前の通り、「弦をプリング(引っ掛けて離す)もの。

 

これが理解できていないと、ただ指を乗せて離すだけになってしまい、小さい音しか鳴りません。。


本来のハンマリング、プリングはピッキングしたのに等しい音量がなるものなので、しっかり見につけてくださいね!

 

ちなみにこのテクニックは以前エフェクター紹介でアップした下記動画でバリバリ使っています。

最後あたりでラリー・カールトン先生の「Room 335の有名なフレーズを弾いているのですが、これは正に最初の1音以外の2音はハンマリングとプリングで鳴らしているわけですね

 

そして、一番最後に適当に弾いたフレーズなんかもそうです。

 

・・というか、全般的に使っていますが・・。

 

ちなみにハンマリングとプリングを速く繰り返すと「トリル」というテクニックになりますので、こちらも是非挑戦してみてくださいね(^^)

 

 

それでは、今日はこんなところで!

また次回お楽しみに!

 

P.S.
ご意見ご質問などいつもどおりコメント欄にいただけると小躍りして喜びますです。
そして、当『ギターの処方箋』を皆さんのブログや周囲の方にご紹介いただければ幸いですm(_ _)m

 

目指せ!3位!・・謙虚な私に1クリックをば(^^;
↓↓↓

目指せ!・・・10位!・・それくらいが丁度いい!
↓↓↓

-ギターの練習

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.