リズム感を良くするために!

この記事は2分で読めます

いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
オススメ記事一覧 ⇒ ブログオススメ記事一覧
無料メール講座 ⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者に必要なすべてを、じっくり丁寧に解説! ⇒ ギターの処方箋-種-

究極の音作りバイブル「Sound Making Bible」 ⇒ Sound Making Bible

***

 

今日は、地道だけど確実なリズム強化法をご紹介しようと思っているのですが、皆さまはリズム強化法として取り組んでいることって何かありますか?

 


ということで、さっそく私が意識しているリズム強化法をご紹介いたします。

 


それは・・・、


とにかくゆっくりなテンポで練習することです。

 

 

経験がある方もいらっしゃると思いますが、速いテンポに「なんとなく」合わせるのは、実は意外と簡単です。


ところが、ゆっくりなテンポに合わせるのって、案外難しいんです。


これはやってみるとよく分かりますよ^^

 

 

で、もしアナタが、メトロノームに合わせて演奏することができているのに、バンドメンバーや周りのミュージシャンから、

 

「なんかリズム悪くない?」


なんて言われることがあるようでしたら、是非この方法を試してほしいのですが、

 

こういった症状は、速いテンポだと「なんとなく」合わせられてしまうため、実際は合っていないのに合っているような気になってしまっていることが原因なんです。


結果「リズムにのれていない」状況が生まれるわけですね。

 

なので、せっかくメトロームを使っても、速いテンポに設定して練習するだけでは効果が半減してしまうわけです^^;

 

 

で、こういった状況を解消するのが今回の練習方法なのでして、


とにかく、ゆっくりに鳴らしたメトロノームに合わせてピッタリと演奏出来るように練習してみて下さい。

 

ゆっくりのテンポでピッタリと確実にメトロームと合うようになるということは、テンポを上げた時にもドンピシャでリズムをキープをできますし、この練習を続けていくと、次第に演奏にノリが出て来ていることに気づけると思います。

 

 

尚、最初の内は特にやってほしいことがあるんですが、

この練習を日常的に録音して、聴くようにしてみて下さい。


注)録音してみないと変化に気づけませんので、出来るだけ録音して聴くようにしましょう!

 

 

まとめますと・・、

 

まずはかなりゆっくりなテンポをメトロノームで鳴らします。


そして、基礎練パターンや習得中の楽曲などを練習しましょう。


これだけです。

 

 

最初は誤摩化しのきかないテンポに焦ると思いますが、モノにしてさえしまえば確実にリズム感が増します。

 

そして、これが出来るようになると、早いテンポで演奏しても、その「ノリ」が保てるようになります。

 

 

この頃になると、バンドメンバーから、


「一緒に演奏していて気持ちいい!」

・・なんて言われるようになるわけです^^

 

 

 

ということで、その日を夢見ながら、「ゆっくりテンポ」で練習することを心がけましょう(笑)

 

それでは、今日はこのへんで。

また次回をお楽しみに〜

 

いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m

↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・厳選!オススメギターグッズはコチラ
初心者110番【ギターの処方箋 FB】

Facebookページも宣伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。