上達するための心構え

  • 2014年10月23日
  • 2014年10月24日
  • ブログ
  • 1View
  • 0件

****************************************
いつもご協力、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

ブログを一回目からご覧いただくならコチラ ⇒ 記念すべき第一回記事
オススメ記事一覧はコチラ ⇒ ブログオススメ記事一覧
無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座
初心者でも安心して上達出来る教材ならコチラ ⇒ ギターの処方箋-種-

究極の音作りDVD「Sound Making Bible」はコチラ ⇒ Sound Making Bible
****************************************

こんばんは!

相変わらずドタバタと教室運営に励んでおりますPerinco@今から来年のイベントを企画中です!

大規模イベントが終わって腑抜けてしまうかと思いきや、全くそんなこともなく、次なる夢に向かって爆走中です!
こんな感じで走り続けていると、あっという間に来年になっちゃうんだろーなー・・(汗)

さてさて、今日は久々にギターの上達に必要な心構えについて書いてみようと思います。

ご存知のとおり、私は小さいながらも一応ギター教室の経営者でございまして(笑)、ギターだけでなく、経営についても日々勉強しております。
そこで得た学びが、ギターの上達にも繋がりそうでしたので、本日はそれをシェアさせていただこうと思います^ ^

さっそくですが、起業するとまずブチ当たる問題の一つに、「基本的に誰も教えてくれない」というものがあります。

これは当たり前っちゃあ当たり前なのですが、全くのゼロから自分のビジネスを作り上げていくわけですから、これといった「やり方」や「進め方」が存在しないわけです。

ビジネススクールなどの機関を利用して学ぶという手段もあるわけですが、そこではあくまでも「誰かの成功例(ケーススタディー)」を教えてもらえるだけです。

実際、ケーススタディーを学ぶことは超有益なのですがその「誰かの成功例」は多くの場合、ただ真似したところで同じような結果を再現できるような類いのものではありません。

それらのケーススタディーを、自分の状況に合わせて、「使える形にカスタマイズ」する必要があるのです。

もちろん、学ぶの語源は「まね(真似)ぶ」と言われることからも、最初は大いに真似るべきだと思いますが、常に自分のシーンを想定しながら学習を進めなくては、「活きた知恵」にはならないのです。

ビジネスブログかっ!とツッコまれそうなので、そろそろギターの話に戻していきますね(苦笑)

まぁ、要するにこれはギターの上達にも同じことが言えるっちゅう話なのですが・・、

例えば、教則本で学ぶ場合やギター教室に通って習う場合も同じで、習ったことがどういうシーンで活きるのかを(または活かせるか)、常に考えながら学んでくださいねーって話です。

せっかく習ったことが、曲で活かせなかったり・・、習っている1曲でしか使えないなんてことにならないためにも、日頃、こういった意識で学習を進めてほしいわけです。

1 × 1 = 1じゃ勿体ないですから(笑)

せっかくなら

1 × ∞ にしたいじゃないですか^^

ということで、学ぶときは是非こういうスタンスで臨んでくださいね^ ^

 

さて、続きまして、上達には依存しない」という心構えも大切です。

例えば、教則本を購入するときって、「この本を手に入れれば上達できるはず!」って誰しもが思うと思います。
もちろん、私もそうでしたし、未だにビジネス系の書籍なんかを手に入れると、「これでうまくいくはず」なんて一瞬安易に考えてしまいます(汗)

でも、もし仮に「この本(教室に置き換えていただいてもOKです)が私を変えてくれる」って・・、つまり「誰かに変えてもらえる」って考えてしまうようなら、要注意です!

なぜなら、それは受け身的な依存思考だからです。

教則本や教室があなたを変えてくれるのではないんです。
それらはただのキッカケに過ぎず、「実際にやるのはあなた」なのです。

頑張って料理に例えてみますと・・(笑)、

どんなに良い食材(教材や教室)があったとしても、料理人(あなた)が食材に頼りっぱなしで努力しなければ、美味しい料理にならないことは容易に想像できますよね?

ですから、こういう思考にもし心当たりがあるようでしたら、この心構えを胸に刻んで、学習に取り組んでくださいね!

まぁ、私も含め、人は「楽して」とか「お手軽」とかに弱いですからねぇ・・、私も気をつけます^ ^;

ということで、ちょっと説教くさい内容になってしまいましたが、重要だと思いましたので、シェアさせていただきました!!

それでは、できるだけ更新間隔を空けないよう、能動的に努力いたしますので(笑)、次回も楽しみにしていてくださいね!

いつもクリックにご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
↓↓↓

Sponsored Link

・オススメ記事一覧はコチラ
・オススメ教材はコチラ
・ギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」のサイトはコチラ

・無料メール講座はコチラから!⇒ ギター上達マインド養成講座

・厳選!オススメギターグッズはコチラ

最新情報をチェックしよう!