マニアックなブリッジミュートのお話

この記事は2分で読めます

*******************************
感謝感謝でございますm(_ _)m
↓↓↓

ブログを最初から閲覧される方はこちらからどうぞ!→1回目の記事
ギター教室関連記事はこちらから → ギター教室
ギター教室の先行募集情報はこちらから → 先行募集案内

ギター教室の先行募集情報ガラケー版 → 先行募集案内(携帯版)
*******************************

やっと教材用動画の撮影が終わりホッとしているPerinco@実はこの後の編集作業の方が大変なことを密かに知っている男です、こんばんは(^^;/

さてさて、今日はブリッジミュートについて少しお話ししてみようと思います。

ブリッジミュートと言うのは、コレです。

↓↓

ブリッジミュート自体はこの動画や以下の過去記事で学んでいただくとして、
今日はちょっと違った角度からお話しを進めてみようと思います。

参考記事:ブリッジミュート① ブリッジミュート②

まずは、ブリッジミュートで5弦0fと4弦2fのパワーコードを弾いてみて下さい。

次に右手はブリッジミュートを弾き続けながらオクターブ上にずらして、5弦12fと4弦14fにしてみて下さい。

なんかミュートのかかり方が異なりませんか??

ということで、今日は「鳴らすポジションによってブリッジミュートのかかり方は変わる」というお話です。

おそらく、前者では音が長く残り、後者ではすぐに音が切れてしまったかと思います。
※「んなこたない」と言う人は無意識にコントロール出来ている人です。

要するに何が言いたいのかと言いますと、全てのポジションで同じようにミュートしていると、ポジションごとに得られる効果が変わってしまうということなのです。

尚、これは低音になればなるほど弦の振動が大きく、高音になればなるほど小さくなるために起こる現象です。

ちなみに、以下の曲のように低音弦でブリッジミュートをかけることが比較的多いと思います。

ですので、低音弦でのミュートには慣れている方が多いと思います。

ところが、高音(弦でもポジションでも)になると、試したこともない方が多いんじゃないでしょうか??

実際は、ブリッジミュートをハイポジションでのソロにまぜながら使うことなど日常茶飯事です(笑)

ですので、ローポジションだけでなく、ハイポジションでもキレイに鳴らせるようになる必要があるのです。
では、一体どうすればローポジションのようなキレイなブリッジミュートを鳴らせるのでしょうか?

答えは前述の「振動の大きさ」理解することにあります。

大きな振動と違って小さな振動はすぐに抑えられてしまいます。

ですので、こう覚えましょう。

ローポジション = 手の位置を深めにし、強めに抑える

ハイポジション = 手の位置を浅めにし、弱めに抑える

簡単に言えば、弦に触れている手の位置を、よりブリッジ側にすればミュートが浅くかかりますし、弦側にずらせばミュートが深くかかるということです。
※「ずらす」と言ってもほんの数ミリの世界ですが・・

この関係性は、ポジションによって、また弦によっても変わってきますので、しっかりどのポジションでも効果的なブリッジミュートがかけられるように練習しておきましょう!

いざというとき、焦らずにすみますよ♪
※「いざというとき」 = アドリブソロでハイポジでミュートをかけたものの、音が鳴らない等の悲しいシーン(苦笑)

ということで、マニアックなブリッジミュートのお話でした!
それでは、また次回をお楽しみに☆

どのポジションをクリックしていただいても効果絶大です!
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マニアックなブリッジミュート。
    さっそくギターで実践してみました。
    いつもためになります。
    ところで、ブリッジミュートとは全然関係
    ありませんが、
    解放弦を弾いた時のビブラートって、
    基本的にありえないテクなのでしょうか?
    それとも、上級者にはなにかやり方が
    あるのでしょうか?
    私の頭及び経験では、不可能なんですが…。

  2. >瑠璃葉さん
    解放弦でのビブラートには二つ方法があります。
    一つは、「アーム」を使う方法で、よくCharさんがやっているやつですね(^^)
    彼の場合、解放弦じゃなくってもアームビブラートを多様していますが・・。
    もう一つの方法は、ネックビブラートと言って、ネックには全くもって良くないのですが、ボディを片方の手で固定して、ネックを強引に(微妙に)曲げて揺らす方法です。
    たまに見かけますが、精神衛生上よろしくはありません・・(苦笑)

  3. >ギター初心者お助け人@Perincoさん。
    やはり、アーム使用ですか。
    ですよね~。。
    じゃないと無理ですもんね。
    ネックビブラート!  駆使するには
    身体鍛えないと無理そうです(笑)

  4. >瑠璃葉さん
    ネックビブラートは身体の前にギターを鍛えないといけない気もします・・(^^;

  5. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    ネックビブラートやったことあります(汗)
    ネックを曲げて遊んでいたら、なんか鳴りました。
    最近つくづく思うのは、昭和歌謡って良いですね(;´д`)
    歌謡曲は意外と80年代後半から始まったバンドブームの頃のロックともてはやされていた物より、コード進行が複雑だったり、ギターもハードだったりしますね・・・。
    それも曲によりますが、歌謡曲は奥が深いですね。
    結局はバンドブームも歌謡曲ですね。

  6. >YNOさん
    日本は良い意味でいろんな音楽を雑食に取り込んで進化してきていますから、独特な魅力がありますよね(^^)
    昭和歌謡はその過渡期で、よりオリジナリティがあったように思います。
    確かにギターソロもハードでしたよね・・(^^;
    ネックビブラート、やりましたか(笑)
    ネックを折らない程度にしておいて下さいね(苦笑)

  7. 今更ながら、どういう練習をすればよいのでしょう・・・・・・。
    弾くを諦め、聴くに変わりそうです・・・。
    自分で稼いでギターを買えば、また少しは新しい風が吹くのか・・・。
    因みに、今使っているボロギターは弦が切れるまで弦は変えていません(;´д`)
    ローズウッドの指板の場合、水分を吸収しやすいので、メンテナンスが必要なのでしょうか?
    perincoさんはメイプルとローズウッドではどちらが好みでしょうか。
    つくづく地元に良い教室があれば・・・。

  8. >YNOさん
    そうですね、どういう練習が良いか・・は具体的に話すとめっちゃ長くなってしまうので要点だけまとめると、
    ・基礎練習
    ・レベルに合った選曲
    ・段階的なテクニック習得
    ・自分よりレベルの高い人とのコミュニケーション
    これらをバランスよく行うことが重要です。
    最後のコミュニケーションは私でよければ活用していただいてかまいません(^^)
    また、具体的な練習については教材をもう少しで販売する予定なので、もし良かったら参考になさって下さい♪
    P.S.私の教室が近くにあったらお役に立てたと思うのですが・・残念です(ToT)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。