カッティングって一体なんなのさっ!

この記事は2分で読めます

*******************************
このクリックが皆さんの日課になってくれることを引き続き祈っております。
↓↓↓

ブログを最初から閲覧される方はこちらからどうぞ!→1回目の記事
ギター教室関連記事はこちらから → ギター教室
ギター教室の先行募集情報はこちらから → 先行募集案内

ギター教室の先行募集情報ガラケー版 → 先行募集案内(携帯版)
*******************************

三連休の初日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私はレッスンに教材作りにと楽しく過ごしております(^o^)/

そんな中、夕方以降少し時間が出来たので、空き時間を利用して練習用動画を作成してみました!

ところが、作り始めたら少しの空き時間ではすまなくなってしまい、こんな時間になってしまい、とっても焦りましたっ∑( ̄[] ̄;)
・・そして、現在進行形で焦っています・・・(じゃあ、なんでブログ更新してるのさ~というツッコミを自分にくわえております。。)

ということで、いきなりですが今日はカッティング講座です!!

しかも、コードカッティングではなく単音カッティングとよばれるヤツです。

ちなみに、カッティングとは、

ギターの伴奏の一奏法で、左手のON/OFF(力の入/切)切り替えにより、リズミカルに音を刻むもの

です。

このカッティングはギター演奏でことあるごとに現れ、とっても渋い演出を施します。

マスターすると演奏の幅がグッと広がるのです(^^)

ちなみに、カッティングの名曲と言えばこれじゃないでしょうか?
歌メロ部分の伴奏はほぼ全てコードカッティングです。

また、2:58~からのカッティングソロはとっても勉強になりますよ☆
さすがChar様(^^;

ねっ、カッコイイでしょ??

ということで、解説動画を作成しましたので是非ご覧くださいね~!

ちなみに、動画では右手について解説していませんが、手首の動き(返し方)がキモになるということを覚えておいて下さい。

かなり小刻みに刻むので最初は戸惑うかもしれません・・。
・・ですが、何度も動画を真似しながらチャレンジしてもらえれば、感覚がつかめるようになると思いますよ(^^)
※もちろんCharさんの動画の方がお手本になりますが・・(苦笑)

いかがでしたでしょうか?

難しそうですか・・?

もちろん今すぐには出来なくてOKですので、是非一度チャレンジしてみて下さいね!!
案外すぐに出来ちゃうかも?しれませんよ!

では、今日はここまで♪
皆さん、素敵な三連休をお過ごしくださいね~☆

本当に励みになっておりますっ!
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2013 03.01

    湖上の煙

  1. コメント失礼します^^
    今回の記事も素敵なテーマですね!
    記事を拝見して、私がいままで悩んでいた奏法が
    カッティングだったことを知りました^^;
    動画を参考に頑張って練習したいと思います。
    ありがとうございました^^

  2. お久しぶりです(*^^*)
    今回はカッティングですね
    中々参考になりました
    ところでご報告なんですが
    私、バンド内で
    ギターからドラムに転職しました(>_<)
    でもこれからもギターはやり続けますし
    このブログも見続けます!

  3. 私が適当にやっているのが「カッティング」と言えるかどうかは別にして、この手法によって奏でられる音。 好きです。
    カッティングでいろんなフレーズこなせるように…、、
    早くなりたい(笑)

  4. それと、
    「カッティング」と「ブラッシング」の区別が、今ひとつわからない…。
    悩める初心者(笑)

  5. >日頼るい/k1492kさん
    ありがとうございます!!
    カッティングが出来るようになると、伴奏の幅が大きく広がりますので是非習得して下さいね(^^)
    わからないことがありましたら、お気軽にご質問くださいね☆

  6. >結(○ω●)弦さん
    ご無沙汰しております(^^)
    ドラムに転職ですか!リズム感が鍛えられそうですね(^^)ギターにも絶対活きますよ♪
    是非、今後ともよろしくお願いします(^o^)/

  7. >瑠璃葉さん
    カッティングいいですよね(^^)
    一度習得してしまえば、どんなフレーズでもカッティングで表現できるようになりますよ☆
    頑張って下さいね!

  8. >瑠璃葉さん
    ブラッシングとは譜面で書くと「x x x」となっている部分の奏法のことです(^^)
    つまり、ミュート音の「ジャリジャリ(表現が難しいですが・・)」の部分のことで、ブッラシングと実音の組み合わせを総称して「カッティング」と言います♪

  9. http://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&field-keywords=PPC-TSG%2Fmid&index=mi&search-type=ss
    ソフトとかミディアムがあるようです。知りませんでした。
    Charさんって、SMAPの中居さんに、ちょっと似てますね。
    Charさんの、ムスタングは、いい色ですね。
    あずにゃんのもいいですが。
    「ムスタング」で画像ググると、Charさんより、あずにゃんが先に出る。
    嬉しいような、悲しいような。

  10. >Tuning Forkさん
    大正琴のピックっておにぎりピックなんですね(^^;
    Charさんが中居くんに似ている・・言われてみれば確かに!・・両方のファンに怒られそうな気もしますが(苦笑)
    確かに「ムスタング」でググるとあずにゃんが先に出ますね・・時代ですね♪

  11. >ギター初心者お助け人@Perincoさん。
    なるほど~~~。。 (目から鱗)
    よく、わかりました。。
    カッティングとは、音を出してすぐ弦を離し、
    音を止め、
    ブラッシングとはそれとは別の作業で、
    他の弦は、弦を強くは押さえず軽くミュートしてシャカシャカ音だけ出すって理解で
    いいのですか?

  12. >瑠璃葉さん
    その通りです!!
    ブラッシングは左手ミュートでチャカチャカすることです。
    もちろんカッティング時の実音以外のチャカチャカ音のこともブラッシングと言いますので、カッティングとは「ブラッシング+実音の組み合わせ」ということが出来ます(^^)

  13. 大分前にアドバイスもらって以来、カッティングが得意になりました!ありがとうございます( ・∇・)
    単音カッティングも最近修得できまし

  14. >拓人くん gtさん
    おっ、いいですね(^^)
    しかも、単音カッティングは結構難易度が高いので、素晴らしいです☆

  15. いやあ、カッティングの見事な切れ味。
    早回しかと思っちゃいます。
    いい音してますねー、さすが大御所。
    それにしても、リズム隊も、ものすごいのですが。
    中居さんも、びっくりでしょう。
    大正琴ピック
    ここは、Gibson とか Fender を使ってもらいたいです。一目置かれると思います。
    「変わったものをお使いですね」
    で終わっちゃう気もします。

  16. >Tuning Forkさん
    このバンドは皆さんヤバイですよん・・(^^;
    グルーブ感に焦ります。。
    たぶん大正琴にGibson/Fenderのピックを使っていても、ほぼ気づかれないような気がします・・・サウンドが違うかもしれませんが(苦笑)

  17. このリズム感は、日本人ではない、というのが、わかります。
    なんでしょうか、このリズム隊の感性は…
    何か越えられないものを感じます。
    ビデオですから、見れば一発で、日本人ではないことは、わかりますが、そういう問題ではなくて……。
    シャネルズだったり、付け鼻だったら、どうしよう。

  18. >Tuning Forkさん
    あの体系を再現するのは難しいと思われます・・(苦笑)
    超えられない壁ですよね(^^;
    まぁ、張り合っても仕方ありませんが♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

挫折知らずのギター教室

詳細はこちらからどうぞ

当ブログから誕生したギター教室です。県外、遠方から通われている生徒さんも多数いらっしゃいます。

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。