コードストロークのコツ

この記事は2分で読めます

****************************
ブログランキングに参加しています!どうか・・どうか清き一票を!
↓↓↓


****************************

あ~、またやっちった~(泣)

・・・・・・・・・・・本当によく風邪をひく身体です。。
喉が痛くてタマリマセン。

しかも、明日は日光に行ってやろうと画策していただけにショックです・・・。※熱さえ出なければ強行してやろうと思っていますが(汗)

さて、また良いご質問をいただきましたので、今日はそれを取り上げてみようと思います(^^)

***内容***

例えばCは6弦を鳴らしちゃいけないから
5弦からピッキングしないといけないですよね?

C以外のコードでも、6・5弦は鳴らさず4弦から鳴らす場合、これが出来ないのです(T_T)

5弦や6弦に当たってしまう(:_;)

Cならば親指で6弦ミュートも出来なくは無いでしょうが
5弦ミュートとかは出来ないし(>_<)

この部分に気をつけたらいい、こういう事を意識したらいい
などがありましたら宜しくお願いします(T_T)

***

いかがでしょうか?

要するに、オープンコードの際に弾く必要のない弦をピッキングしてしまうということなのですが、同じ悩みをお持ちの方も多いと思います(^^)

さて、それではさっそくお答えします。

『ピッキング技術が向上すれば、余計な弦を弾かない正確さが身に付きます』

というのが一つの答えです。

今は実感出来ないかもしれませんが、ある時から無意識に弾きたいところだけを正確に弾けるようになります。

ですが、この答えだけだと身も蓋もないので(苦笑)、ちょっとしたテクニックをお伝えいたします(^^)ご安心下さい!

今日は久々に動画を作成いたしましたのでご覧下さい♪

いかがでしたでしょうか?

尚、動画にも書きましたが、オープンコードの「D」の時だけはこの技術が使えません。
※その他の4弦ルートコードの場合は、4弦を押さえている指で5弦に軽く触れてミュートすれば、仮に5弦をピッキングしてしまっても問題ないわけです(^^)この場合でも、ピッキング精度を最低限6弦に当たらない程度まで高めておく必要はありますが・・。

ですので、これはピッキング技術を純粋に上げていくしかありません。。恐怖の「D」の場合に備えて・・。

※ストロークについては過去記事で動画解説していますのでご参照下さい→ストロークのコツ

でも、その他のコードにほとんど応用できる技術ですし、コード以外のシーンでも私の場合無意識に多様している技術ですので、試してみても損はないかと思います♪
※単音でカッティングする時など結構使っています(^^)

ということで、今後も何か分からないことがありましたらコメント欄で共有していただければ、このように記事になる可能性があります。

ふるってご参加下さいませ(苦笑)

それでは、また次回をお楽しみに(^^)v

関連記事一覧:ストロークのコツ オープンコード コードチェンジのコツ セーハを制覇!!

今日の私のランキングは一体何位!?


メルマガ登録はコチラ
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 今回もわかりやすい記事ありがとうございました!

  2. >たかき.com(`・ω・´)シャキーンさん
    そう言っていただけて良かったです☆
    また次も楽しみにしていて下さいね~♪

  3. 余計な音を鳴らさないのって右手ほんとに難しいですよね…
    カッティングとかうまくなりたいなーと思います
    全く関係ない質問ですが…( ・д・)/
    「落陽」って弾けます?

  4. >水星人さん
    カッティングは歯切れの良さ命ですから、右手と左手の両方でミュートできるようにならなる必要があります(^^)最初は難しいんですが、慣れれば身体が自然に動くようになりますよ☆
    他にもカッティングを教えてほしいという要望が多いので、近々記事にしますね♪
    ちなみに「落陽」は拓郎さんですよね?
    弾いたことはないですが、コード進行はとってもシンプルなのでコード譜を見れば初見で弾けますよ。
    練習されているんですか?

  5. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    両手でミュートですか( ̄□ ̄;)
    慣れるまでじっくり練習します!!
    えっと、ライブ映像で、両サイドでものすごいギターソロを弾いてる方々がいて
    それがものすごくかっこいいんです!!
    あれ弾きたいなーと…
    Perincoさん弾けたら解説でもと都合のぃぃ事をたくらんで聞いてみました!!

  6. 凄いわかりやすいです!!!
    勉強になりました^^*
    ありがとうございますm(__)m

  7. >水星人さん
    そうですね、まずは右手ミュートから慣れていって、次に左手ミュート、そして最後に合体技!といった流れで練習されると良いと思います(^^)
    いつも言っているように、ギターはある時「抜けます」から、楽しみながら続けてくださいね☆
    落陽のライブ映像ですか!探してみますね(^^)
    拓郎さんのバックなら凄いギタリストで固めてそうですね!
    聴いてみてどんなスケールを使っているかなどの解説くらいならすぐに出来ると思いますよ☆

  8. >うきき(。ω゜)さん
    そう言ってもらえると嬉しいです(^^)
    参考になったようで本当に良かったです♪
    次回も楽しみにしていて下さいね!

  9. ばんわですヾ(^_^)
    そしてめちゃお久しぶりですf(^^;
    明日は日光行けそうですか(。・_・?)?
    オープンコードって全然意識して無くて
    めちゃくちゃ弾いてるかもf(^_^;

  10. >ギター初心者お助け人@Perincoさん
    ありがとうございます!!
    できればでぃぃので聴いてみてください(^O^)/

  11. 自分の場合は正しいのかは分かりませんがオープンCを鳴らすときは、5弦を押さえてる薬指を軽く当ててミュートしちゃってますが今のところ大きな違いは見当たりませんでした(笑)
    それにしても、アドリブが早速型にはまってきてうんざりです(´Д` )

  12. ミュートって大切だなと思います。
    リアル師匠は「あいてる指全部ミュートに
    使う…」  とか、行ってます(驚)
    最近、背中から肩にかけての
    謎の痛みが発生し、
    左手の握力がままなりません。
    おおざっぱな作業は出来ますが、
    左指の微妙な力加減まで影響してる、、
    トホホの状態です。

  13. 今回も解り易い解説ありがとうございます(≧∀≦)
    コードを構成している指そのものでミュートするとは
    目から鱗でした(☆_☆)
    今晩からやってみますっ( ^^)Y☆Y(^^ )
    そして、今まさにTHE BEATLESのこの曲を練習してるので、動画に取り上げられててビックリ!
    助かります~(´Д`)
    いつもありがとうございます(*^_^*)

  14. >アキラJBさん
    ご無沙汰しています!
    無事日光から帰ってきました(笑)
    今日は土砂降りでしたが・・(^^;
    オープンコードは最初覚えたときから普通は意識していませんよね♪
    しっかり鳴っていれば問題ないと思いますが☆

  15. >水星人さん
    了解いたしました!
    聴いてみますね(^^)

  16. >日坂 佑さん
    オープンCで薬指を6弦に軽く当てているなら正に今回の動画通りですね!
    素晴らしいです(^^)
    アドリブの最初の壁は「型から抜けだせない」ことです。これはどのタイミングでも起こりますし、未だに私もその型を崩しながら進化を続けています(苦笑)
    ジャズの大御所たちも同じことを言います。
    ですから、一生進化し続けると思って、地道に楽しみながら続けて下さいね!
    一年後には全く違う自分が誕生しているハズですよ☆

  17. >瑠璃葉さん
    リアル師匠のおっしゃる通りです。
    私も空いている指は全て無意識にミュートに使っています。
    どこで雑音が鳴っているのかを指が自動で理解するようになってくるものですよ☆
    お身体大丈夫ですか!?
    無理なさらずに完治してからギターを弾いて下さいね・・。
    無理して演奏できなくなってしまったら意味がありませんので。

  18. >ぱわぬさん
    いえいえ、お役に立てたみたいで良かったです♪
    ちなみに、前のコメントで瑠璃葉さんが書いていらっしゃいますが、こういった風に練習されていくと先々空いた指全部でミュートするくらいの感覚になっていきます。
    その感覚の一つが今回動画で解説した感じのミュート方法です(^^)
    つまり、その他にもミュート方法がいろいろあるということですので、また今後も折りをみてご紹介させていただきますね!
    しかも、ちょうどLet it beを練習されていたんですね(^^)ナイスタイミングでしたね☆

  19. 彼女は、1日でほぼ全てのコードを覚えました。
    (すぐ忘れるが、またすぐ思い出す)
    ほぼ1ヶ月で、ギターソロ弾きまくりです。
    絶対音感で、チューナー使いません。
    天才です。
    その才能が、ひとつでも欲しい。

  20. >Tuning Forkさん
    本当に天才ですね・・(^▽^;
    私もその才能を少しでも分けてほしいです(苦笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。