ブログ

こんな楽器屋には気をつけろ!

更新日:

いやはや、関東は本当に暖かくなってきましたよ♪

これぞ春!」ということで心も身体も軽くなっているPerinco@冬は基本的に頭が冬眠状態です、こんばんは!

春ということで、これからギターを始めてみよう!とか軽音楽部に入る!とか画策中の方も多いと思います。

そこで、今日は楽器や機材を購入する際、もしくは楽器を続けていく中で、どのような楽器店/スタッフから購入すべきかというお話をしてみようと思います。

少なからずストレスを感じたまま楽器/機材購入に至った経験がある方がいるのではないでしょうか?

ちなみに今回の話は私の主観が多分に含まれていますので予めご了承下さいm(_ _)m

☆Perincoの考えるこんな楽器屋には注意しよう!

 
・品揃えが悪い(何年前の楽器屋だよ~という品揃えの店も多い)


・相談しづらい雰囲気を醸し出している


・上から目線(「初心者なんだから俺の言うこと聞きな」的態度)


・強引に勧めてくる(捕まえたら放さない的態度)


・店頭にない製品の取り寄せを面倒がる


・スタッフの知識レベルが総じて低い(元気だけが取り柄的な・・)


・聞いたことにしか答えない(「それでしたら、こんなのもありますよ!」という提案が全くない)
ont>


・楽器の保管状態が悪い(試奏したらネックが反っていたなど)


初心者にはなかなか分かりづらい項目もあるかとは思いますが、少なからず「相談しづらい」とか「強引に売りつけようとする」などは素人でも分かると思いますので、少しでもそう感じたならばその楽器屋での購入は見合わせましょう。

楽器を続けていく上で、様々な疑問や悩みが出て来ると思います。

そういう時、基本的に購入した楽器屋に相談されると思いますので、「買うだけならどこでもいいだろ~」という考え方はやめた方が良いと思います。

適当なお店は修理等の対応も適当だったりします。

私も以前、修理に出して2週間以上連絡が来なかったため連絡したところ、

「あ~、メーカーに修理品出し忘れてました~(悪びれず)」

この時ばかりは少しキレてしまいました(苦笑)

ちなみに、なんでこんなことをクドクドと話しているかと言いますと、たまに初心者の方にギターを見せてもらったりすると「おいおい、ネック反ってるじゃん!」とか、「調整が全くされてないじゃ~ん!」とか、こういう適当な楽器屋の影が見えるからなんです(^^;

せっかくワクワクして始めたギターですから、そんなところで上達を遅らせてほしくはありません。

なので、こんなことを何となくでも頭に入れながら楽器屋さんに足を運んでみて下さいね!!

あっ、フォローするわけではないですが、本当に素晴らしい楽器屋さんも多数存在しますので、ビビリすぎる必要はないですからね♪

それでは、今日はこんなところで☆
また次回をお楽しみに(^^)/

是非ご協力を!
↓↓↓

こちらもご協力を!
↓↓↓

-ブログ

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.