ギターの練習

ギター練習の心得22 〜右手ストローク編〜

更新日:

昨日は近所の米軍基地に花見をしに行ってきました。

普段は一般には開放しない米軍基地ですが、昨日はCherry Blossom Festival」ということで開放していました。

様々な出店が出店していたり、ダンスやバンドなどのイベントがあって楽しいは楽しいのですが、雨は降るわ、春とは思えぬ寒さだわでほんの少しの滞在で帰ってくることに・・・ビール一杯で身体が冷えきってしまい、挫折しました。。

ということで、来週リベンジを画策しているPerinco@寒くない花見を近年未経験です、こんにちは!!

一応写真でのお裾分け(笑)
空の色が寒そうですよね。。

SAKURA

 

 

さて、今日は「みんなの質問にお答えしましょう!」記事です(^^)

 

そこで取り上げるのは右手のテクニック「ストローク」についてです。

 

ストロークとは何かという話ですが、

コードを押さえて、複数の弦を同時に弾くこと

です。

イメージとしては、アコギ弾きがジャカジャカ弾いているあの感じでしょうか。

 

この一見簡単そうに見えるストロークですが、やってみると意外と難しいんです(^^;

 

 

「あれ??手首ってどうすればいいんだ!?」

「腕はどうやって動かしたらいいの!?」

 

 

って感じに悩まれる人もいることでしょう。

 

 

そこで、今回はストロークのコツ動画を作ってみました!

この動画では、ストロークのコツだけではなく、同じ右手のテクニックである「カッティング」についても触れています。

カッティングは少し上級テクニックになるので今は覚える必要はありませんが、「右手の使い方」の違いを確認しておいてくださいね♪

カッティングで音程がなく「チャカチャカ」なっている部分が、前回説明した「X(ブラッシング)」です(^^)ついでに確認しておいて下さいね!

ちなみに、この動画の終盤でThe Beatles「Let It Be」を説明しています。

今まで説明してきたコードと今回のストロークをマスターすれば演奏できますので、是非チャレンジしてみてくださいね!!

参考記事:ギター練習の心得 ~コード編~ ギター練習の心得18 ~コード編/セーハ~

 

いかがでしたでしょうか?

是非、じっくりゆっくりマスターしていって下さいね☆

コードチェンジに関しては、メチャクチャゆっくりなテンポで練習するようにして下さいね!

スピードよりも“正確さ”の方がよっぽど重要なのですから!

 

 

それでは、今回はここまで!
また次回もお楽しみに(^^)

P.S. いつも通り、ご意見ご質問をいただけると喜びまくります♪

 

ストロークしながらクリック!(意味不明。。)
↓↓↓

カッティングしながらクリック!(意味不明再び。。)
↓↓↓

-ギターの練習

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.