録音のススメ

番外編〜レコーディング基礎知識3〜

更新日:

~その3~

内訳は、、


PC ・・・ 所有しているものと仮定します(笑)

 

Audio Interface ・・・ 始めは音の好みも判断出来ないと思うので、2万くらいの安価帯に抑えたものと仮定

 

ヘッドフォン ・・・ 所有しているものを代用するorレコーディング用を奮発して購入(数千円~2,3万円まで)

 

モニタースピーカー ・・・ とりあえずヘッドホンだけで運用orペアで1万円程度の安価なものを購入

 

マイク ・・・ 最初はスタジオに入って備品を使用orとりあえず数千円のダイナミックマイクを購入

 

DAWソフト ・・・ Audio Interfaceに付属してくるLE版(ライト版)を使用or Macユーザーなら最初からインストールされている「GrageBand」というソフトを使用するのも一つの手(これはAppleが出しているLogicというDAWソフトのライト版のようなもの) >

 

 

といった感じでしょうか。

 

大抵のAudio Interfaceには簡易版のDAWソフトがバンドルされてきますので、まずはこれで試してみると良いかもしれません。

 

制限は多々ありますが、初心者の内はそこまで問題になる制限もないと思いますし、このLE版は大抵製品版に割引料金でアップグレードが可能ですので、まずはLE版から始めることをオススメします。

※製品版のDAWソフトは510万円くらいします。

 

 

ねっ、こう考えると意外と低予算で実現しそうでしょ??(笑)

 

 

もしハマるようであれば、良いコンデンサーマイク(レコーディング用)やらモニタースピーカーやら電源ケーブルやらに手を出していくと、レコスタクオリティーの音源が個人でも実現します。

 

ただ、かなりディープな世界なのでハマるといくらあっても足らなくなって破産します・・なので、ほどほどのところで抑えて下さいね!

※フェラーリが買えるくらいの金額になります。。

 

ということで、ご興味のある方は是非チャレンジしてみてくださいね!

 

以上、見事に「ギターの処方箋」のタイトルに合わない内容の記事となりました(笑)・・しかも長いし。。。

 

 

それでは、今日はここまで。

また次回をお楽しみに!

P.S.
ご意見ご質問などいつもどおりコメント欄にいただけると小躍りして喜びます♪
そして、当『ギターの処方箋』を皆さんのブログや周囲の方にご紹介いただければ更に喜びますm(_ _)m


是非一つクリックのご協力をm(_ _)m
↓↓↓

愛を持ってクリックを・・・(笑)
↓↓↓

-録音のススメ

Copyright© ギターの処方箋 , 2018 All Rights Reserved.